コルチゾール

コルチゾールについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [コルチゾール] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

コルチゾールを含むブログ記事

こたさん
  • 睡眠で認知症予防
  • 睡眠時間を精密に測定した結果、自覚していない睡眠不足が平均して約1時間あった、という結果を発表しています。そして、この睡眠不足を解消したところ、血糖値の低下、インスリン分泌能の改善などの糖代謝改善や、コルチゾール濃度の低下など、ストレス反応に関わる内分泌機能の改善があり、自覚していない睡眠不足が、からだに負担を与えている可能性を発見しました。別の研究では、睡眠時間が6時間以下の人は、7時間以上の人に比べ、癌の...
  • パワフルシニア・ドットコムこたさんのプロフィール
pari88さん
  • 唾液で簡単ストレスチェック/ドクター塩田剛太郎の健康法
  • げで非常に多くの情報が読み取れるようになってきている。最近は遺伝子検査も唾液を採用するようになってきているし、ストレス可視化の指標となる副腎皮質ホルモンの一種であり過剰なストレスを受けると分泌される「コルチゾール」や、ストレスを和らげ幸せな気分をもたらす「オキシトシン」も唾液中の含有量で測定できるようになった。▼今回は、運動前、運動後それぞれに十数名の唾液をサンプルとして採取して、ストレスがどのように変化して...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
秦野の整体師さん
  • 感謝の気持ちを忘れずに!
  • かの理論がそれを説明するのに役立つのだとか。たとえば、仕事のしめきりが迫っていたり、あるいは家族と口げんかをしてうんざりした気持ちになったりすると、神経系が非常に覚醒した状態に。この覚醒により、身体はコルチゾールのようなストレスホルモンを大量に分泌して、それがやがて高血圧や炎症といった健康問題を引き起こす可能性にもなりうるのです。私たちがありがたいと感じるときの「つくづく幸せだ」という感覚は、なんの問題もない...
  • 秦野カイロの日々整体(秦野市渋沢の整体)秦野の整体師さんのプロフィール
painfreeさん
  • 「ストレス対策」を分解する
  • です。先日は「”ストレス”と”ホルモン”」という記事を記しました。その中で、、・短期的なストレスの処理はできるが、長期的なストレスの処理は困難・ストレスホルモンの慢性的な分泌により効きが悪くなる・特にコルチゾールの効きが悪くなると自己免疫系に異常が起きるというところまで記したかと思います。今日はその続きを少しばかり。。先日の内容を加味した上で、「ストレス対策」を考えていく必要があります。つまり、「短期的なスト...
  • 「痛み」「疲労」のない「快適な人生」を送ろう!painfreeさんのプロフィール
pari88さん
  • 唾液で簡単ストレスチェック/ドクター塩田剛太郎の健康法
  • げで非常に多くの情報が読み取れるようになってきている。最近は遺伝子検査も唾液を採用するようになってきているし、ストレス可視化の指標となる副腎皮質ホルモンの一種であり過剰なストレスを受けると分泌される「コルチゾール」や、ストレスを和らげ幸せな気分をもたらす「オキシトシン」も唾液中の含有量で測定できるようになった。▼今回は、運動前、運動後それぞれに十数名の唾液をサンプルとして採取して、ストレスがどのように変化して...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
タムケンさん
  • 血液型別ダイエット / ★KAORI★
  • ということで、改めて調べ直してみましたヽ(´∀`●)【以下サイト引用】血液型によってホルモンや酵素などの分泌量が微妙に違ので血液型別で分けることが出来るそうです。例えばA型はストレスホルモンといわれるコルチゾールが出やすく、O型は興奮ホルモンのアドレナリンが出やすいなどなど。そんな根拠で漠然と血液型別ダイエットを信じています!私はO型 |*・ω・)ノO型の先祖は狩猟民族なので肉食逆に穀物系はNG(´д`|||...
  • アクアダンス・ライフ!田村憲一タムケンさんのプロフィール
ゆめのさくらさん
  • 泣き虫は病気にならない?!
  • 分の心とか体の状態に敏感で、 日頃のケアができてるとも言える。 どっちが良いとか悪いとかじゃないんだけど、 よく泣く人は、免疫力が上がり、 脳内ホルモンの「プロラクチン」や 副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」とかもでて、 涙と一緒にストレスも流される。 ついでに、脳内モルヒネ「エンドルフィン」に 似た物質も分泌され、 風邪も引きにくくなるって言われてる。 弱い人って、一見ダメなように見えて、...
  • すべての願いを叶える好転反応の法則ゆめのさくらさんのプロフィール
pari88さん
  • イライラが肌の乾燥招く/ドクター塩田剛太郎の健康法
  • あたる風が不快」「日焼けして肌が痛い」などの不快感は、脳が感じるストレスになる。 脳がストレスを感じると、ストレスをコントロールする視床下部が興奮する。さらに副腎皮質が刺激され、免疫や代謝に関係する「コルチゾール」(別名ストレスホルモン)の分泌が促される。 最新の研究では、このコルチゾールの過剰分泌が、肌に重要なうるおい因子「セラミド」を分解してしまうことが分かっている。セラミドが不足すると角層は十分に水分を...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
山下純子さん
  • 楽しいと頭が良くなる。
  • で、幸福物質とも言われます。ドーパミンが出るとモチベーションが上がり、集中力も上がります。学習意欲も高まり記憶力も上がります。早い話しが「頭が良くなる物質」です。 逆に、嫌々やると、ストレスホルモンのコルチゾールが出ます。コルチゾールの高値が続くと海馬が小さくなります。それは脳細胞の死滅を意味します。 人生はまず楽しむ事。お勉強も楽しむ事。それが脳をイキイキと保つ事にもなり、頭の良さ、云わば、記憶力を保ち高め...
  • - ライフメソッドアドバイザー 山下純子 Times -山下純子さんのプロフィール
painfreeさん
  • 「ストレス」と「ホルモン」
  • 、その対処をすることが出来ていないからではないかと言われています。「短期的なストレス」とはいわゆる「外敵」に襲われたときにかかるものだったと推測されます。この時、人間の身体の中では、、→アドレナリン、コルチゾール、ACTH、などのストレスホルモンが分泌される→アドレナリン、ACTH、が心拍数を上げて外敵からの攻撃に瞬時に反応できるようにする→コルチゾールが過度の炎症反応で身体が動かなくなるのを防ぐなどの反応が...
  • 「痛み」「疲労」のない「快適な人生」を送ろう!painfreeさんのプロフィール

コルチゾールを含むブログ村メンバー

  •  
NRXさん
とっくんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

コルチゾールについて