フランドル地方

フランドル地方についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フランドル地方] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フランドル地方を含むブログ記事

rum*さん
  • 今年で100年、リメンバランス・デー、ポピーに誓う平和
  • が戦死した友人を思って書いた詩が多くの人の胸をうち、その後、別の詩人がこの詩をモチーフに「ポピーを胸に飾りましょう」と詠ったからだそうです。それにポピーはとても生命力の強い植物で第一次世界で荒れ果てたフランドル地方に咲き乱れ真っ赤に染めたとか。カナダ人医師、ジョン・マックレ―の詩を紹介しましょう。数年前にもこのブログで紹介し、「日本語訳は自分でつけたので、ちょっとヘンかもしれませんが参考にしてください」と書きま...
  • rum*のどこまで変身できる、40代?rum*さんのプロフィール
YUKIさん
  • 11/11 Poppy Day , Remembrance Day
  • ジ5世が制定した記念日。 それが Remembrance Day 別名Poppy Day です。 なぜポピー(ひなげしの花)なのかというと、 第一次世界大戦最大の激戦地となったのが、フランス・フランドル地方。 ここでの戦いはかなり壮絶なもので、多くの兵士たちが命を落としました。 そして戦闘後に、戦場だったところに咲き乱れていたのが赤いポピーの花だったようです。 その風景をカナダ出身の軍医、John M...
  • YUKIの英国留学日記YUKIさんのプロフィール
愛されている妻さん
  • フランドル風牛肉煮込み
  • oさんがルーベンス展を見に行ったお話を読んだら→ルーベンス展>日本じゃフランダースの犬でお馴染み?ネロが恋い焦がれて最後、死の間際にやっと見ることが出来るあの絵の作者です。フランダースって、ベルギーのフランドル地方のって意味。そう。ルーベンスはベルギーの画家。そしてフランドル地方の牛肉の煮込みが食べたくなったワタシ。どうやら私の脳と胃は直結しているようで(爆)。アンガスビーフの厚切り肩ロース500g弱。たまねぎ...
  • 私と夫と猫の幸せ生活愛されている妻さんのプロフィール

フランドル地方を含むブログ村メンバー

  •  
ぼの@カリヨンさん
  • あなたの知らないカリヨンの世界ぼの@カリヨンさんのプロフィール
  • 世界遺産にして最大の鍵盤楽器。フランドル地方に淵源するカリヨンの歴史や魅力、演奏会情報など。

にほんブログ村

>

キーワード

>

フランドル地方について