フランドル地方

フランドル地方についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [フランドル地方] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

フランドル地方を含むブログ記事

NFFJAPONさん
  • エクスアンプロヴァンスで気軽にタルティーヌランチ
  • グ村ジャンル:ウェブログTweet«パリでアヴァロン地方の郷土料理 |トップ |このブログの人気記事アルザスでフォアグラを食す北フランス、リールで気軽にムール貝リール、ワインよりもビールのフランドル地方リール、フランドル地方の郷土料理を味わうフランスのファミレスでお腹一杯満足ランチ最近の画像[もっと見る]エクスアンプロヴァンスで気軽にタルティーヌランチ16秒前エクスアンプロヴァンスで気軽にタルティー...
  • NFFJAPON メルシー!フランスの風景NFFJAPONさんのプロフィール
ブランド・デザインの中小企業診断士 山口達也さん
  • パセオ・デル・アルテでプラド美術館へ
  • リッドのプラド美術館のレポートです。プラド美術館は世界でも指折りの美術館です。1819年に王立美術館として開館し、スペイン王家のコレクションが展示されています。12世紀から19世紀にかけてのスペインやフランドル地方やイタリア、欧州各地の絵画が展示されています。特にスペイン画家の巨匠、エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤの3人の作品をたくさん見られます。プラド美術館の正面にはベラスケスの像があります。建物正面は修復中で...
  • 中小企業診断士がブランド・デザインを解説!ブランド・デザインの中小企業診断士 山口達也さんのプロフィール
所長Hさん
  • 世界遺産
  • みると17か所のうちの8個所は見学済みですが、すべて回るのは結構大変です。“その筋”の専門家によると、もっとたくさんの構成資産がある世界遺産は、他にもあるらしい。例えば、ベルギー・フランスにまたがる「フランドル地方の鐘楼群」では、50個所以上もあるとか。アジアでは、中国の世界遺産の一つである「マカオ歴史地区」は30か所もの構成遺産があるとか。世界遺産巡りをテーマに旅行したことはないのですが、これからは面白いかも...
  • 東京の特許事務所 創英の所長Hの「ほんやら日記」所長Hさんのプロフィール
安部雅延のグローバルワークスブログさん
  • 創造的芸術脳から学ぶイノベーションを促す思考回路とは
  • る描く技術ではなく、観る者に感動をもたらす作品が評価され、たとえば同じ時代を生きたダヴィンチとミケランジェロには興味深い違いものがあります。好奇心の固まりだったダヴィンチは、あらゆることに興味を持ち、フランドル地方で発達した油絵を導入してみたり、人体解剖や軍の兵器を設計したり、今でいう技術オタクでした。  ミケランジェロは粗野でダヴィンチのような知的探求は、それほどしていませんが(といってもヴァチカンのサンピエ...
  • 安部雅延のグローバルワークス安部雅延のグローバルワークスブログさんのプロフィール
tabikichiさん
  • 【歌劇場★ドレスデン旅行記】全てが徒歩圏内。ゼンパーオーパーのオペラと美術館と、有名どころを観光
  • 気が両立していて、油彩では見たことのない感じ。画材と描き方が想像つかないところが何とももやもやするのですが、ともかく素敵な絵でした。この画家の絵が当時の貴族たちに人気だったというのも納得できるところ。フランドル地方の画家たちによる静物画。そして恒例の生ガキも無事ゲット。映り込みが激しくて、変な角度で、さらに部分でしか撮れませんでした。冷たいチョコレートドリンク美術館をたっぷり堪能したら、近くにあるチョコレートシ...
  • 超個人的☆ヨーロッパ旅行のHow Totabikichiさんのプロフィール
ufitさん
  • 『世界一おもしろい 世界史の授業』
  • バルな自由貿易明:元の反動として農本主義とそれなりに変化していることが分かるのもいい。ヨーロッパではまず、英仏百年戦争で英国は大陸側の領土を失って敗戦したように見られるが、実際は戦争目的のひとつだったフランドル地方の毛織物加工業者が戦争を避けるためにロンドンに移住したことで、経済的に勝利したので戦争の目的がなくなった趣旨のことが書かれていることに少し驚く。一方で「勝利」に浮かれたフランスが経済的に停滞したのもコ...
  • 雨読夜話ufitさんのプロフィール

フランドル地方を含むブログ村メンバー

  •  
ぼの@カリヨンさん
  • あなたの知らないカリヨンの世界ぼの@カリヨンさんのプロフィール
  • 世界遺産にして最大の鍵盤楽器。フランドル地方に淵源するカリヨンの歴史や魅力、演奏会情報など。

にほんブログ村

>

キーワード

>

フランドル地方について