ヒスタミン

ヒスタミンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ヒスタミン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ヒスタミンを含むブログ記事

セルフメディケーションさん
  • アスミン
  • の薬のネーミング、適当につけてる説。どうも、管理人です。錠剤対応の鼻炎薬は非常にたくさんの方が愛用されています。でも、眠くなるんですよねー。このアスミンに含まれる有効成分のケトチフェンは、第二世代の抗ヒスタミン薬の成分として使われており、第一世代の抗ヒスタミン薬より副作用が少ないことが特徴です。でも、この表を見ていただくと分かるように、効果は強いが眠気も強いです。車の運転や昼間の仕事が忙しい方はちょっと気を...
  • 『セルフメディケーション税制』ー対象薬と対象外薬セルフメディケーションさんのプロフィール
ナチュロパシーさん
  • 【L-メチオニン】〜弱った肝臓はデトックスをして機能を取り戻す〜
  • にグルタチオンも免疫機能を上げる効果があります。逆に言うと、L-メチオニンが不足するとグルタチオンも生産も低くなるため、免疫力は低下していきます。? アレルギーにL-メチオニンはアレルギーの原因となるヒスタミンを抑える働きを持っているので、症状の改善に役立ちます。? 筋肉の成長L-メチオニンは、筋肉の成長やエネルギーの生産に必要なクレアチンを作る手助けをします。■アミノレプリートアミノ酸は体内で様々な働きを...
  • 「Naturopathy」ナチュロパシー 自然療法の情報サイトナチュロパシーさんのプロフィール
ぴのこっこさん
  • 顔面出血その後
  • 目の下にハゲハゲが出来ましたが出血は止まっています。次の写真は昨日の午後3時頃。お散歩から帰ってきてマッタリ中。よく観察したら、目の下の他に鼻の脇も掻いた跡がありました。動物病院は行かずに、引き続き抗ヒスタミン剤と抗生剤を暫く使用して様子見する事にしました。逆光気味に写したら、お耳の血管が透けて見えてる。ランキングに参加しています。1日1回、下の画像をクリックお願いします。↓にほんブログ村ADいいね!コメン...
  • 立ち耳マルチーズのロジと一緒ぴのこっこさんのプロフィール
めぐさん
  • 諭吉さんが逃げていく。
  • よー。今のところ鼻水が治まってるので良かった。 治療費明細。 ☆爪切り  500円☆軟膏  1,500円☆目薬   800円☆フード(1kg) 2,180円☆気管の薬(32日分)   700円☆抗ヒスタミン(32日分)   700円☆蛋白分解酵素剤(32日分) 560円☆循環器薬(32日分) 640円☆抗生剤(32日分) 1,900円 外税   758円合計    10,238円 ...
  • ちわわぽっくる。めぐさんのプロフィール
まりさん
  • ニノちゃんの受診日
  • 使うことになりました。皮膚の状態今年に入ってからかゆみ止めの薬を1日2回にしています。そのことを先生に伝えました。今の皮膚の状態は赤くなったり湿疹が出ていたりはしていないけれど、ステロイドを使うか、抗ヒスタミン剤を追加する方法も提案していただきましたが、今の薬をもう少し続けてみることにしました。ステロイドはきっと魔法みたいに良くなるんだろうけど、やっぱりいろんなことを考えると最後の最後に使うお薬であってほし...
  • キャバリアノエルとののんびり生活まりさんのプロフィール
光線治療院さん
  • 静岡県・スギ花粉「平年並み」
  • 学物質はともかく自然界の毒に成り得ない生物や食物が敵になるなど本来有ってはならない事がアトピー性皮膚炎と言う病気では、当たり前のように起こってしまうのです。抗体と抗原が結合した際に細胞から生理活性物質ヒスタミンが放出されますが、ヒスタミンは血液の流れを亢進させる作用があるため、抗体と抗原が結合する機会が益々多くなりヒスタミンは更に血液を亢進させる悪循環が継続されるのです。抗体抗原の結合とヒスタミンの放出が皮...
  • ひなたぼっこ光線治療院さんのプロフィール
amiさん
  • レイキと医学
  • こちらでは、ピーター!とか、アンナ!とか名前で呼ばれる!30分くらい待ち、インド系の女医さんに、呼ばれる。多分、ネットで調べた、ノミのアレルギーでは?と症状を見せ、あら〜!まぁ〜!第1にアレルギー用のヒスタミン剤の服用。それでダメだったら、、第2にステロイド入りの薬、、それでもダメだったら、第3に、もっと強い薬、、で、、、第4の処方箋もいる?と聞か、、いえいえ、いりません!笑そして、バレました!あなた、何年...
  • amiの札幌・Sydneyお楽しみ現代レイキ講座amiさんのプロフィール
ボナさんの北海道の釣り三昧IIさん
  • 葛根湯のんで作業を進める
  • りなどしてうつむいていると、鼻水が多くなりました。寒い風に当たったり、雪に降られたりするとやはり鼻水が多くなります、昔から寒い風にアレルギー現象を起こし、ひどいときには蕁麻疹もでたことがありました。抗ヒスタミン薬をのむと、眠くなりますので、車の運転がある時には、禁忌になります。ある時、うつむいて仕事する時、鼻水によく利いたのは葛根湯だったというのを患者さんから聞いたことがありましたので、のんでみました。葛根...
  • ボナさんの北海道の釣り三昧IIボナさんの北海道の釣り三昧IIさんのプロフィール
ひろた歯科通信さん
  • 2018年1月13日(土)『何が食べたいかは腸内細菌が決めている!』
  • するといった働きを行います。さらに腸神経系が5億ものニューロンを要するのは、食事とともに運ばれる恐れのあるバクテリアやウイルスを防ぐためとのこと。腸神経系は病原体の腸の通過を検知して、腸壁の免疫細胞がヒスタミンを含む炎症性物質を分泌させます。病原菌を排出するために下痢か嘔吐を選択するのも、脳ではなく腸神経系が決定することがわかっています。◆腸神経系は脳と同量のドーパミンを生成するさまざまなニューロンやグリア...
  • ひろた歯科通信ひろた歯科通信さんのプロフィール
ルディパパさん
  • フラストレーション
  • ない)。 ハリキリボーイの時に「ハヒハヒ」言いながら歩く時があるのですが、そういう時が1番要注意なのです。吠え散らかします。「ハヒハヒ」言ってる時に誰かとすれ違うと失笑が待っています。  ステロイドとヒスタミン1日1回投与で2日目。 ステロイドは喉が渇いて水をよく飲む、ヒスタミンは眠くなる、という副作用が多いらしいですが、ルディはまったく普段とかわりません。 ちなみにルディパパも薬で眠くなるということはあり...
  • ミニピンルディとパパ日記ルディパパさんのプロフィール

ヒスタミンを含むブログ村メンバー

  •  
おまめさん
  • 体質改善にむけて日々奮闘記おまめさんのプロフィール
  • アトピー体質に悩まされ、じんましん発症を機に本格的に体質改善を始めました。

にほんブログ村

>

キーワード

>

ヒスタミンについて