高野秀行

高野秀行についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [高野秀行] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

高野秀行を含むブログ記事

Holeout角さん
  • 366 芦辺拓 「奇譚を売る店」
  • が好きな書店員と出版社営業が集まり、最も売り出したい本をコンペティションで決定する賞。文庫本の掘り起こしを目的としており、出版から1年以上経った文庫本が選考対象とされる(引用Wiki)。同賞は第1回に高野秀行「ワセダ三畳青春期」(=傑作だ♪)、第4回は立川談四楼「ファイティング寿限無」を大賞にするという、かなり「思い切った選定」が長らく気になっていた。出版1年以上、すなわち「落ち着いてから改めて」、という...
  • 人生は短く、読むべき本は多いHoleout角さんのプロフィール
ポラ丸さん
  • 2018.10.6 「あまねき旋律」
  • ットコースターのように上がったり下がったりとても険しいらしい。そんな場所に暮らすナガの人たちの生活を紹介してくれた素晴らしいドキュメンタリーだ。ーーーーーーーーーーーーーーーー「後記: 雑感あれこれ」高野秀行「西南シルクロードは密林に消える」この映画を見た多くの人たちはナガの人々の存在には驚かれたのではないか。私は冒険小説家の高野さんが好きでこの「西南シルクロード」でナガの人たち会っていたのだった。この小...
  • ポラ丸の映画日記ポラ丸さんのプロフィール
オカザキッチンさん
  • 角幡唯介/【recipe】ブリのみぞれ煮
  • 決まったということでおめでとうございます。極夜行 [単行本]角幡 唯介文藝春秋2018-02-09この00年代を生きる僕にとって、世界の変なところを旅して紀行モノを書き切る冒険小説家ってのは、圧倒的に高野秀行さんじゃないかと思うわけですが、そこに新星のように現れたのが角幡唯介さんなんじゃないかと思います。僕は彼の講演を見に行ったことあるくらい好きで、この技術と情報が旅をコントロールする現代社会にあって、「...
  • 東京オカザキッチンオカザキッチンさんのプロフィール
アジアしあわせ特急さん
  • 【旅ラジオ#022】スローボートの船旅は優雅?ラオスのファイサーイ出発。パークベン一泊。ルアンパバーン到着。
  • 人見知り系バックパッカーの旅ブログ『アジアしあわせ特急』・スローボート・「ゆったり優雅な船旅」のイメージ・ラオスの通貨は「キープ」・座席は車のシートを?・狭い、暑い、揺れる・『巨流アマゾンを遡れ』・高野秀行≒椎名誠?・パークベンに一泊・船旅2日目・席は早いもの順・ルアンパバーン到着・スローボートは優雅だったのか?ラジオトーク番組の収録や配信には、Radiotalkというアプリ(無料)を使っています。この...
  • 人見知り系バックパッカーの『アジアしあわせ特急』アジアしあわせ特急さんのプロフィール
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
hata2772さん
  • おだやかな冬の日の通勤ランと探検の本。
  • 、焙煎と読書の日。 焙煎機がストーブ替わりになって仕事部屋が暖かい。 焙煎後、機械を冷ます間にカップテストをしながら読書タイム。ただいま読み掛けの本の頁を開きましょう。 「地図のない場所で眠りたい」 高野秀行、角幡唯介/著(講談社) お二人は早稲田大学探検部の先輩後輩の間柄で、お二人とも探検家でありノンフィクション作家。同じ探検家でも、出掛ける場所やスタイルはまったく異なるお二人が語る冒険論、そして作家論...
  • こぐこぐ - 自転車その他のブログhata2772さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

高野秀行について