羽虫

羽虫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [羽虫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

羽虫を含むブログ記事

かんちゃんさん
  • 神奈川県立図書館所蔵CD:クープラン クラヴサン作品全集5
  • は人によっては切り捨てることでしょう。私はあまり切り捨てはしませんが・・・・・時として、ハープのような音すら要求されるクープランの作品(例えば、この第5集でいえばクラヴサン曲集第2巻第6組曲の第8曲「羽虫」)は、演奏者にしっかりとした技術が要求されるうえで、遊び心がないと難しいものです。それを実現するには魂でどれだけ弾いているかが重要になります。どこまで自分がその遊び心に共感して弾けるのか。そこが問わ...
  • かんちゃん 音楽のある日常かんちゃんさんのプロフィール
ほーだーさん
  • 観葉植物を断捨離。自業自得なのですが流石に少し凹んでます
  • 長らく日が当たらなかった時から水のやりすぎなのか、 日照不足なのかで、 はたまた他の要因かで、 どうやら様子がおかしくなってしまいました。まず、夏になると、土の中から コバエとはちがう、 さらに小さい羽虫が湧きます。 日に当ててみたり、 色々薬も試しましたが、殲滅失敗 効果なし。いちいち虫を殺す行為が もう、きもちわるい。さらに、この冬からは 水不足でもやり過ぎでもないのに やたらと葉っぱが黄変して...
  • シンプルにする過程ほーだーさんのプロフィール
kiriさん
  • ポケモン列車3 (1/3 その5)
  • だね。可愛くリニューアルしたプレイルームでした。続く…本日は曇り⇒日が沈んだ後に雨。室内は寒かったのに外に出たらほんのり暖かい。外がガンガンに寒い時は室内に入ると暖かく感じるのにな。本日も細っそいガや羽虫が飛んでおりました。...
  • ねこちゃりDO!DO!DO!4plus6kiriさんのプロフィール
pelleasさん
  • 「ルドルフ2世の驚異の世界展」Bunkamuraザ・ミュージアム
  • カール5世と対照的に、旅行も殆どしなかったルドルフ2世が世界中から色々な物を収集してミクロコスモス的な展示室を作り上げたのは興味深いです。ルーラント・サーフェリーの「テーブルの上の花とバッタ、ネズミ、羽虫」ネズミと比較してバッタが大きいです・・。サーフェリーはルドルフ2世によってプラハに招かれ、リアリティある動植物の作品を多数残しました。バルトロメウス・スプランガーの「キリストの復活」「デンマークの天...
  • サーシャのひとり言pelleasさんのプロフィール
NHNさん
fishlightsさん
  • 冬の常連さん、決まった場所を巡回する律義者
  • 多いですが、この鳥は孤独を好みます。そして近所の公園に彼の縄張りがあります。ですから、彼の巡回パターンと自分の散歩(探鳥)ルートが見事に重なるわけです。ヒタキの仲間は枝から枝へふわりふわり飛び移って、羽虫などを主食とすることも多いのですが、冬は植物食のようです。↑川の護岸のツタに食べ物があると思ったらしい…頻繁に出会うので、「よ!元気?」てなもんですかね。3月ぐらいまではいるのかな?↑こちらはメス。函...
  • 旅ログ…discover JAPAN againfishlightsさんのプロフィール
cyuyodayさん
  • ハノイで買える日本米について
  • 困った時はこれでいい。コシヒカリだけど、ベトナムらしいぱっさり感あり。日本の大手が出資しているという点で安心感がすごい。?こしひかりUNIKMARTで購入。一緒に売っていた同じメーカーの韓国語の米には羽虫が数匹居たので、こちらを購入。価格:28,000ドン(140円)/kg会社:THAI DUONG(記載のHPアドレスは消えてる)味:まあまあ。香りは普通。硬さ:結構ぱっさり系総評:調べても全然会社情報...
  • ライチ日記in Vietnamcyuyodayさんのプロフィール
村田有季彦さん
  • 私たちは まだ なにも知らない・・・
  • リガネムシに寄生されると、彼らにとって危険な水に惹かれ、みずから川に飛び込み、おぼれ死ぬ。それをイワナが食べることで線虫は、宿主を魚へと替える。ある種のタンパク質をコオロギの脳に送り込むことで、線虫が羽虫の行動を制御している。わたしを主体、まわりを客体とするシステムは、世界を認知するために手に入れた仕組みだが、そこには、「あやうさ」も含まれている。私たちは、命を知らない。時間を知らない。空間を知らない...
  • 村田有季彦の引き寄せブログ村田有季彦さんのプロフィール
yamasemiさん
  • 正月三が日メジロの徹底的生態観察。 This is the ecology of Japanese White -eye in 3 days of new year 2018.
  • 限り、遥かにもっと幅広い採餌行動を行っている事が判っている。元旦1日で撮影したメジロの採餌行動を箇条書きにすると次のようになった。 ? 花の蜜・樹液:桜、椿など ? 木の実:赤、紫、黒色の木の実 ? 羽虫 :空中でフライングキャッチを行う(冬季に観察) ? 落ち葉の裏の虫:冬季落ち葉をひっくり返して採餌 ? 蜜柑・塾柿:住宅街で庭や軒先につるされた干し柿を狙うこれを見る限り図鑑や文献が充分生態に関して...
  • yamasemi web blogyamasemiさんのプロフィール
yamasemiさん