エル・グレコ

エル・グレコについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [エル・グレコ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

エル・グレコを含むブログ記事

tullyさん
  • <探訪記>バルセロナ蝋人形館?(バルセロナ)
  • 直上だが、人選がワクワクする。パネルには「Enrique VIII」。そうかスペインではエンリケか。(あともう1組、チャールズ皇太子とカミラもいたが、写真がブレていたため割愛。。)フェリペ2世(左)とエル・グレコ(右)。奥にはフェリペの依頼によって描かれた「キリストの御名の礼拝」がある。この絵は現在エル・エスコリアル修道院にある。ダンテ!彼もよく見かけるな。ドン・キホーテ!風車もありますね。作者のセルバンテス...
  • 世界史の旅 −みやげが語る世界史−tullyさんのプロフィール
メイン北最上段さん
  • 芸工大聴講生日記後期その1(2018)
  • は山形ビエンナーレのプログラムディレクター、 大学主任学芸員でもあります。 わかりにくい現代美術の見方をとても分かりやすく 解説してくれます。第1回は『光』の表現に着目しての、洞窟版画から 火焔土器、エル・グレコ、フェルメール、 モネ、マネ、ルノワール、ゴッホ、シャガールを経て 現代美術のバーネットニューマン、マークロスコといった 初めて聞く画家まで大スクリーンで作品を見ながら鑑賞。バーネット・ニューマン(1...
  • With my Montedioメイン北最上段さんのプロフィール
heburinさん
ioheさん
  • トレドのんびり。
  • 達のトップ大司教がいる。目で見る清書、中央祭壇にはぎっしりとキリストの物語が彫り込まれている。 聖職者達がミサの前にお着替えをする聖具室には、衣装を剥ぎ取られるキリストの絵、聖衣剥奪のシーンだ。作者はエル・グレコ、ギリシャで育ちベニス、ローマを経て37才でスペインの宮廷画家を志すも叶わず、トレドにて宗教画を描きつづけた。1577年にトレドに着いてすぐに取り掛かった作品は赤が美しい、その赤はベニスでの師匠ティッ...
  • 添乗員森田世界の旅ioheさんのプロフィール
juilletさん
  • ■2018新年 スペイン周遊旅行
  • る街トレド】■2018新年 スペイン周遊旅行34 【スペイン・カトリックの総本山 カテドラル】■2018新年 スペイン周遊旅行35 【見ごたえ満載のカテドラル】■2018新年 スペイン周遊旅行36 【エル・グレコの傑作が展示されているサント・トメ教会】■2018新年 スペイン周遊旅行37 【恒例の現地スーパーに行ってみた】■2018新年 スペイン周遊旅行38 【スペイン最後の夜はバスで街に出て現地のお店でDi...
  • *AtelierJuillet*砂田ちなつのフラワーライフjuilletさんのプロフィール
ioheさん
  • マドリッド、芸術鑑賞。
  • ャ)王国、人口4652万人。スペインは17州50の県で構成され、アンダルシア州には8つの県があるがマドリッドはマドリッド県のみ、市の人口は325万人。スペインのど真ん中に都が建設されたのは1561年、エル・グレコや天正の少年使節と会っているフェリッッペ2世のその時代、標高は655mと欧州で最も高い首都でメセタ台地の上に拓かれた。目抜き通りのグランビアは現在改造中、両サイドの遊歩道を広げ車のレーンを少なくするの...
  • 添乗員森田世界の旅ioheさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

エル・グレコについて