エル・グレコ

エル・グレコについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [エル・グレコ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

エル・グレコを含むブログ記事

はいからさん
  • 大好き妖精に再会
  • 立美術館若い頃から仕事でヨーロッパの有名美術館で日本語ガイド付きで様々な洋画を目にしたおかげで日本画よりも洋画のほうに魅力を感じます。それはたぶん、日本画の見方が分からないから。◆倉敷 の大原美術館でエル・グレコの「受胎告知」が読めたように洋画、とくに宗教画は説明がなくてもある程度自分なりの解釈ができます。数多くの外国を訪れたけれどロシアを訪問したことはなく、友人に誘われたこともあって久々の洋画鑑賞へ。一番気...
  • 知られざれし エジプトのTREE OF LIFEはいからさんのプロフィール
RYUKICHIさん
  • 2017/APR/21 「最後の町」
  • 朝に直接空港へ向かうことにした。マドリッド、トレド間は30分おきにバスがあり交通の便がよい。トレドはスペインの有名観光地で、とても綺麗なまちだ。スペインには何度も来ているが、本当によい町が多いと思う。エル・グレコの有名な絵、なんたら男爵の葬儀は正直今一つピンとこなかったが、町の南を流れる川の向こう側から眺める町の全景は素晴らしかった。展望台近くに一軒だけあるカフェの外のテーブルで町を眺めながらワインを飲んだ。...
  • GRAN TOURISTARYUKICHIさんのプロフィール
セミぺんしょなーまんさん
  • スペインの旅 (5)見たぞプラド美術館のベラスケス、古都トレドのエル・グレコ
  • 右から何人目のだれそれが、どうしたこうしたと、立て板に水、私は一人、立て板しか見ずでした。。。。ガイドさん曰く、世界3大名画の1つだそうです。・ベラスケス「ラス・メニーナス」プラド美術館 マドリード・エル・グレコ「オルガス伯爵の埋葬」サント・トメ教会 トレド・レンブラント「夜警」アムステルダム国立美術館 アムステルダム知らなかった。。。誰が決めたの?本日は、午後にはトレドでエル・グレコも見るよ、との説明があり...
  • ゼロから始める年金生活 ー気がつけば定年セミぺんしょなーまんさんのプロフィール
紫電改さん
  • エル・グレコの作品展
  • エル・グレコの作品展今回のスペイン旅行で行ったプラド美術館で観た。グレコは凄いです。キリストを見て書いた人はいません。だから今でも書けるはずです。でも、居ない。不思議!!↑よろしくです!!ビカビのもみの木だより ...
  • 自己満足ですが・・・・紫電改さんのプロフィール
ゆーせーさん
  • アステカ文明の遺跡、ティオティワカンとメキシコシティの伝説の宿
  • 象派絵画も合わせて飾られています。ここの展示の面白いのが絵画の裏側も見られること。こういった展示は初めてで新鮮でした。なかなか絵画の裏側は見れません。それ以外にも西洋絵画や東洋芸術の展示がありました。エル・グレコ、ティントレット、ルノワール、ドガ、ゴッホ、ミロ、ピカソ、ダリ等が展示されています。そして大好きなサン・ピエトロのピエタも!(レプリカだけど。。。)メキシコシティ面白いです!美しい世界の傑作ミュージア...
  • 広く浅くときどき深くゆーせーさんのプロフィール
紫電改さん
  • エル グレコ キリスト編
  • エル グレコ キリスト編スペインで観たエル グレコの絵。衝撃的でした。人生を変えたかも知れません。衝撃は不意にやってきますね。驚きますね!!↑よろしくです!!ビカビのもみの木だより  ← 家について語...
  • 自己満足ですが・・・・紫電改さんのプロフィール
レチェさん
  • 古都トレドにマドリードから小旅行
  • の首都であり、中世にはイスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が交錯した地。「町全体が博物館」と言われ、タホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に登録されています。ルネサンス期のスペインを代表するギリシア人画家エル・グレコが活躍した町としても有名です。エル・グレコ 1986年、トレド大聖堂など旧市街全域が古都トレドとしてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。現代化をまぬがれ、古代ローマから西ゴート王国、後ウマ...
  • あれもこれも欲しいレチェさんのプロフィール
こぐれんさん
  • ワシントンDC 〜ナショナルギャラリー National Gallery of Art(1)〜
  • じタイトルでアンジェリコとリッピという修道士の合作による円形作品にも注目だそうですお次は16世紀のイタリア、フランス、スペインラファエロの「アルバの聖母子」は必見だそうなティツィアーノの「神々の饗宴」エル・グレコの「ラオコーン」、ヘビに攻撃されるラオコーンと2人の息子の絵、ボクはあんまり好きじゃないけどガイドにはなかったけど、この絵気に入った、Giovanni Paolo Paniniって人のローマの絵15世...
  • プー太郎”こぐれん”のカリフォルニア生活記 続編こぐれんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

エル・グレコについて