仲哀天皇

仲哀天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [仲哀天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

仲哀天皇を含むブログ記事

abenoさん
  • 縁結びには大宮八幡宮と安井金毘羅宮の神社に行くとよい
  • たことがわかりました。東京のほぼ中央に位置するため、「東京のへそ」と呼ばれており、神秘の場所として有名です。縁結び・安産・子育て御祭神としてお祀りされているのは「八幡三神」といわれている「応神天皇」「仲哀天皇」「神功皇后」の三柱です。仲哀天皇と神功皇后は応神天皇のご両親です親子三神が祀られているので、大宮八幡宮は縁結び、安産、子育ての御利益があるとして遠くからも多くの前年善女が参拝に訪れています。境内全体...
  • アラフィフ主婦の徒然ブログabenoさんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 神功皇后(その2 仲哀天皇の最期?)
  • 神功皇后(その2 仲哀天皇の最期?)2017年11月28日 |古代日本国成立の物語(第二部) 仲哀天皇の崩御の場面を書紀の記述で確認したが、古事記ではここまでの状況をどのように記しているであろうか。天皇が熊襲を討とうと筑紫の香...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
桜吹雪さん
  • 屋久島へ・・3
  • みくまのうし建御名方神たけみなかた田心姫命たごりひめ多度神たど田中神たなか玉埼神たまさき玉造温泉神たまつくりゆ玉祖命たまのや玉依比売命たまよりひめ帯中津日子命たらしなかつひこ足仲彦尊足産日神たるむすび仲哀天皇ちゅうあい道俣神ちまた街神長慶天皇ちょうけい撞賢木厳之御魂天疎向津媛命つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ月読命つきよみ月夜見尊土御門天皇つちみかど都都古和気神つつこわけ角杙神つぬぐい抓津姫命つ...
  • ニコンD200 元極妻母と必撮父の人生写し絵ブログ桜吹雪さんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
昭和原人さん
  • 毎月25日は、文殊菩薩、天神、赤山大明神、気比大明神、法然上人の縁日です。
  • 神宮氣比神宮(けひじんぐう、気比神宮)は、福井県敦賀市曙町にある神社。式内社(名神大社)、越前国一宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。地元では親しみをこめて「けいさん」と呼ばれています。仲哀天皇ほか六座を祀り、「越前一の宮」「北陸道の総鎮守」とも称される古社です。佐渡ヶ島から漂着したムロで建立したと伝わる大鳥居は、木造としては、「広島・厳島神社」「奈良・春日大社」と並ぶ「日本三大木造大鳥居」...
  • 終活日記「夢幻」昭和原人さんのプロフィール
古代日本国成立の物語さん
  • 仲哀天皇(その3 神の啓示)
  • 仲哀天皇(その3 神の啓示)2017年11月24日 |古代日本国成立の物語(第二部) 仲哀8年9月、天皇は橿日宮において熊襲討伐の会議を行った。そのとき皇后に神が憑いてこう言った。「熊襲は荒れて痩せたところで...
  • 古代日本国成立の物語古代日本国成立の物語さんのプロフィール
桜吹雪さん
  • 屋久島へ・・2
  • みくまのうし建御名方神たけみなかた田心姫命たごりひめ多度神たど田中神たなか玉埼神たまさき玉造温泉神たまつくりゆ玉祖命たまのや玉依比売命たまよりひめ帯中津日子命たらしなかつひこ足仲彦尊足産日神たるむすび仲哀天皇ちゅうあい道俣神ちまた街神長慶天皇ちょうけい撞賢木厳之御魂天疎向津媛命つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ月読命つきよみ月夜見尊土御門天皇つちみかど都都古和気神つつこわけ角杙神つぬぐい抓津姫命つ...
  • ニコンD200 元極妻母と必撮父の人生写し絵ブログ桜吹雪さんのプロフィール
昭和原人さん
  • 毎月24日は、地蔵の縁日、愛宕の縁日、祇園大明神、広田大明神の縁日です。
  • はコバノミツバツツジの群落があり、総数2万株に及ぶ。このツツジ群落は兵庫県指定天然記念物である。廣田神社が勝運(昇運)の神といわれるのには「日本書記」に記されています。それによると、熊襲との戦いで夫君仲哀天皇を失い、運勢的に最低調にあった神功皇后は廣田大御神の守護を得てからは連戦連勝で運勢も急上昇だったらしく、源頼朝の平氏討伐祈願、蒙古襲来の度にも御神威を発揮されたことから国難の守り、国家鎮護の大神として...
  • 終活日記「夢幻」昭和原人さんのプロフィール
《河童》の旅メモさん
  • ちょこっと大阪「晒業の盛んだった町」
  • eblog今回の「ちょこっと大阪」の目的は、この村社・柴島神社境内にある「狛犬」を見に来たことだ。昭和の匂いも残るトタン壁の集合住宅の間を通り抜けたどり着いた。この神社はwikipediaによると「 仲哀天皇が熊襲追討のため長門国の穴門(あなと 山口県豊浦郡)へ船旅する途中、この地に逗留して日和待をしたが、村人たちが新鮮な野菜を献上したところ、大変喜び、自らの木造を刻み、残したのが起源と伝えられる」とある...
  • 《河童》の旅メモ《河童》の旅メモさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

仲哀天皇について