装束

装束についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [装束] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

装束を含むブログ記事

ラノベ仙人さん
  • 精霊使いの剣舞 17巻の紹介/感想~サラディア・カーン捜索!
  • )>へと向かいます!砂漠へと向かったチーム・スカーレットは、そこで不可解な物に次々と遭遇していくのでした。サラディア・カーンを探したい!しかし様々な障害がカミト達を妨害します。シリーズ17巻!(大胆な装束のリンスレット、クレア、エリス、フィアナ!)<感想>どんどん『魔王』の謎の核心に近づいて行っている感じがして面白いです!同時に『精霊使いの剣舞ももうすぐ終わりかな?』と寂しい気分にもなりますが……。エ...
  • ラノベぐらし!ラノベ仙人さんのプロフィール
エミさん
  • 亡くなると仏様、でも母は違った。
  • い存在なのですが、死=仏様になったって感じました。 母の時は違いました。2年経った今でも、ここにいる感じ。 結婚式挙げていなかった母に、花嫁衣裳を着せてあがたかったって話しかけています。 葬儀の時の白装束(死に装束)の姿が、似合わなかった。 だから和紙で白無垢姿(花嫁衣/はなよめごろも)を作っています。 いつも力添えを頂いている元気にバリバリ働いている婚礼スタッフが、 旅立つ時は綿帽子に花嫁衣に生...
  • 花嫁着付師と和紙職人のブログエミさんのプロフィール
ジャーナルさん
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • 鎌倉御霊神社・面掛行列
  • りへ進みます。「星の井」は、鎌倉十井の一つで昼でも井戸の中に星の影が見えたことから星月夜の井とも言われており、虚空蔵菩薩堂の前にあり、行列はその星の井で折り返します。行列は、笛や太鼓の囃子連を先頭に白装束の一隊が続きます。お囃子に続いて、天狗の面を付けた猿田彦、獅子頭が続きます。その後に、ユニークなお面を付けた10人のお面「爺・鬼・異形・鼻長・烏天狗・翁・火吹男・福禄寿・おかめ・産婆」という順番で行列...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール
Rayさん
neelkamalさん
  • ムハッラム:イスラーム教の追悼の日
  • ハッラムとはイスラムの教祖ムハンマド(マホメッド)の後継者争いで命を落としたモハメッドの孫・三番目の導師とされるイマーム・フセインの追悼の日。追悼という意味から、フセインを正統後継者と仰ぐシーア派は黒装束に身を固めます。インドではシーア派の拠点都市、ラクノウーで大掛かりにムハッラム......
  • Blue Lotusneelkamalさんのプロフィール
ベラグリーンさん
  • ☆★ 気になる番組 美しい日本に出会う旅
  • 原が広がります。実はこれ、世界農業遺産にも認定されているんです。その秘密は、人間と牛の共同作業だったのです。名水の里・阿蘇は米どころでもあります。豊作を願い、神様に田んぼを見ていただく、おんだ祭り。白装束の女性たちがあぜ道を歩き、稲が空を舞います。神秘の祭りも絶景でした。以上 番組説明よりではではお付き合い有難うございましたペンション ルミナスオーベルジュ「森のアトリエ」 南阿蘇ルナ天文台阿蘇内牧温泉...
  • ベラブログベラグリーンさんのプロフィール
亭主の好きな赤烏帽子さん
  • ★智笑ポエム「彼岸花が咲いた」
  • 語があったんだ 花を打ち首にする曼珠沙華の赤い花叢に入って曼珠沙華の赤い花頸をことごとく棒で打ち落とす廊下の端に戦争が立ってゐた、なんて本当だったんだススメー、ススメー、声を嗄らして 赤トンボが飛ぶ白装束の人たちが列を組んであぜ道を村の鎮守の方に向かってゆくまぼろしの─── 空へ投げ上げよ、と云ふが曼珠沙華の花を空へその色を投げ上げよと云ふが空は花の色で真赤になる 倉石智證...
  • 智笑ポエム亭主の好きな赤烏帽子さんのプロフィール
りせさん
  • 伏見稲荷大社 神田と啼鳥庵
  • の「田植祭」では、生育した早苗を神田に植え付け豊かな稔りを祈念します。以下数枚は過去の写真です。田植えが始まると、「神楽女(かぐらめ」が「御田舞(おたまい)」を披露します。平安時代の「汗衫(かざみ)」装束で舞う姿はみやびな王朝絵巻でした。お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。★こちらを是非よろしく→   ブログ村→ --------------------------...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
ハンドクラフトLOVE心をくすぐる作家 キクチナオ子さん
  • 心に残る1冊の本、でも困ったことに…
  •  蛭田亜紗子著32歳で夫を亡くした麻緒は生きる気力を失い、自分も後を追おうと決意。首を吊るためのロープを買いに行った刺繍洋品店で、「終末の洋裁教室」の案内を見つける。エンディングドレス、つまりは「死に装束」を作るという趣旨にふと惹かれて参加すると・・・ 「エンディングドレス」とは「死に装束」のこと。「終末の洋裁教室」は、人生最後の時に着る服を作るための教室でした。 ただし、エンディングドレスを作る前...
  • 仙台で各種ハンドメイド資格が取れる「アトリエ風舞」ハンドクラフトLOVE心をくすぐる作家 キクチナオ子さんのプロフィール

装束を含むトラコミュ

歴史祭り
  • 歴史祭り
  • 鎧武者や平安装束で着飾った人々による祭礼やパレード、寸劇・模擬合戦等…それが歴史祭りです。そんな歴史再現劇をテーマに、様々な情報・意見の交換を図っていきましょう...
  • トラックバック数:149 TB参加メンバー数:25人カテゴリー:歴史ブログ
有職故実
  • 有職故実
  • 有職故実(ゆうそくこじつ)とは、古来からの先例に基づき、官職・儀式・装束などを研究すること。有識とは過去の先例に関する知識を指し、故実とは公私の行動の是非に関す...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:哲学・思想ブログ

装束を含むブログ村メンバー

  •  
エミさん
グリーンフィールドさん
petitcraneさん
  • エンディングドレスpetitcraneさんのプロフィール
  • エンデングドレス(死装束ドレス)のプチクレーンは、華やかなエンディングドレスで
  • Hello world!
京都神具製作所さん
くにのすけさん
  • くらげの月見くにのすけさんのプロフィール
  • 普段着用にと、古着や洋服地で着物や袴を作っております。仕事としている装束の写真も載せてます。

装束を含むアンケート&掲示板

  •