加藤楸邨

加藤楸邨についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [加藤楸邨] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

加藤楸邨を含むブログ記事

新サスケさん
  • 桜井博道・句集「海上」を読む
  • 川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、8番目の句集、桜井博道「海上」を読み了える。 先の10月29日の記事、川崎展宏・句集「葛の葉」に次ぐ。概要 原著は、1973年、牧羊社・刊。加藤楸邨・跋、431句、著者・後記、火村卓造「海上解説」を収める。 句は1950年以前〜1971年を、ほぼ年毎に年代順にまとめてある。 桜井博道(さくらい・はくどう、1931年〜1991年)は、1949年、加...
  • 風の庫新サスケさんのプロフィール
ちまさん
  • 猫もすなる読書
  • 俳人、加藤楸邨(かとうしゅうそん)はこんな句を詠んだ。 ?猫に生まれ 人間に生まれ 露に歩す“ 猫はたまたま猫に生まれただけ人はたまたま人に生まれただけその命はどれも葉の上を転がる露のように一瞬で儚いものにゃの...
  • *** My Dearests ***ちまさんのプロフィール
貢蕉の瞑想さん
  • 猫の子は,春の季語!?
  • のつぶやきです。猫の子は,春の季語!?2018-10-31 08:27:56 |日記猫の子は,春の季語!?平成30年10月31日(水) 昨夜遅く読んだ本の中に・・・。百代の過客しんがりに猫の子もという加藤楸邨の句を見つける。 勿論、「百代の過客」は、芭蕉の奥の細道の書き出しの、「月日は百代の過客にして、行かふ年もまた旅人なり。」をひいている。 流れゆく長い長い時の連なりの一番尻尾に,生まれたての子猫が‥。...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
新サスケさん
  • 川崎展宏・句集「葛の葉」を読む
  • 瀬直人・句集「帰路」に次ぐ。概要 原著は、1973年、杉発行所・刊。自序句1句、301句(1955年〜1972年)、自跋、あとがきを収める。 川崎展宏(かわさき・てんこう、1927年〜2009年)は、加藤楸邨「寒雷」に参加。1970年、森澄雄「杉」創刊に参加。1980年、同人誌「貂」創刊、代表となる。感想 自跋で「俳句は遊びだと思っている」と述べて、人間探求派の「寒雷」と決別した。 高浜虚子の花鳥諷詠を再...
  • 風の庫新サスケさんのプロフィール
Hiroさん
  • 命に軽重はあるか*10/25
  • 路上のこと…やはり、交通事故だろうか? 小さな「蟷螂」とはいえ…その命の終わる瞬間を想像すると、厳粛な気持ちになる。〈蟷螂の 斧を納めし屍かな〉【俳人の一句】〈かまきりの畳みきれざる翅吹かる〉 加藤楸邨◆たしかに…「かまきり」の「翅」は「畳みきれざる」印象がある…。◆その「翅」が、風に「吹か」れているところを捉えた写生句だけれど…「かまきり」の独特のプロポーションまでが想起させられる句。? Diar...
  • Hike de 俳句Hiroさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

加藤楸邨について