釜無川

釜無川についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [釜無川] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

釜無川を含むブログ記事

ひこいちの歴史研究さん
Qchanpapaさん
  • 七賢のお酒は最近すごく酒質が上がっています
  • にお店の前でのママと対馬さんのツーショットをお見せします。 今回は早速蔵の紹介と北原対馬さんの紹介をいたします。蔵は山梨県の北斗市白州町のあります。この地はJR中央線の長浜駅から南西に2−3Km行った釜無川と尾白川の間に挟まれた場所にあり、甲斐駒ヶ岳からの伏流水が豊富に出る場所で、近くにはサントリーの白州蒸留所があります。ウイスキー蒸留所は近くに川があって冷気があふれていて豊富な水がある場所に作られます...
  • マイ日本酒探しQchanpapaさんのプロフィール
ブルーボタンサッカースクールさん
  • 選手コース試合会場地図
  • 4-4 http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E139.52.19.6N36.11.10.5&ZM=7&CI=R【八田河川敷G】南アルプス市下高砂地先釜無川右岸 http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E138.30.6.5N35.39.20.1&ZM=7&CI=R【広野人工芝】福島県双葉郡広野町中央台3-...
  • ブルーボタンサッカースクールブルーボタンサッカースクールさんのプロフィール
rikunoraさん
  • [自転車]東京→大阪(諏訪湖経由)自転車24時間“中仙道キャノンボール”達成!
  • 。 津久井湖経由の方が 3km程度距離が長い。実際、ここで5分程度の時間短縮になった。・大月、笹子トンネル、甲府をいい感じで通過。 腹が減る前に早めの補給、おにぎり2個を走りつつ食べる。 最初の休憩は釜無川河川緑地にて。 毎回、このあたりでトイレに行きたくなるので立ち寄っている公園だ。 今回もトイレ+ボトルに水を補給。・富士見峠への登り。 過去、ここではメカトラ、パンク、あるいはペースダウンしていたもの...
  • 小人さんの妄想rikunoraさんのプロフィール
おやじのつぼさん
  • 韮崎宿〜台ヶ原宿。その4。(「甲州街道」をゆく。第11日目。)
  • :41)やがて、桜並木となって国道に向かいます。  国道をトンネルで抜けると、「上円井」の集落となります。集落に入って交差点を左に曲がります。ここで「徳島堰」と分かれます。「徳島堰」はまっすぐ進み、「釜無川」の取水口になります。(12:46)左手に「徳島翁のおはかみち」と刻まれた石碑。浄妙寺の参道です。静かな家並み。 (12:54)右手になまこ壁の立派なおうち。明治天皇の小休所となった。中をのぞくとその...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
おやじのつぼさん
  • 韮崎宿〜台ヶ原宿。その2。(「甲州街道」をゆく。第11日目。)
  • の地で三十代も続く宮方家。「祖母石」の集落を振り返って望む。車も人も見当たらない静かな佇まい。村はずれにある神社。 「上祖母石」地区に入ってしばらく進むと、再び国道20号線と合流します。この先、旧道は釜無川を渡り対岸の折居へは向かっていましたが、現在はここから渡ることは出来ません。 (11:04)合流点近くの左側に「九頭竜大神」など石碑が並んでいます。九頭龍(九つの頭と龍の尾を持つ鬼)伝承、伝説にちなん...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
甲斐虎おやじさん
  • 第146回天然記念物指定甲斐犬愛護会主催展覧会のお知らせ
  • JUGEMテーマ:日記・一般 第146回甲斐犬愛護会主催展覧会のお知らせ 日時:平成29年10月29日(日)   (雨天決行) 場所:韮崎市釜無川(富士川)河川公園広場 見学は自由です。 今回も150頭前後の出陳犬が予想されます 和気あいあいの賑やかな雰囲気もありますが 出場される方々は 勝負の世界で バリバリに緊張されている方もおりますので...
  • 甲斐虎と共に ◇藤神犬舎◇甲斐虎おやじさんのプロフィール
おやじのつぼさん
  • 韮崎宿〜台ヶ原宿。その1。(「甲州街道」をゆく。第11日目。)
  • 見えるような空模様。甲州街道歩きでは久々の山々を眺めながらの旅になりますか。(10:26)右手には「十六石」碑。 武田信玄公が治水に力を入れたのは有名だが、まだ晴信といわれた天文十二・三年頃年々荒れる釜無川の水害から河原部村(現韮崎町)を守るため、今の一ッ谷に治水工事を行った。 その堤防の根固めに並べ据えた巨大な石が十六石で、その後徳川時代になって今の上宿から下宿まで人家が次第に集まり韮崎は宿場町として...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
T1957さん
  • 櫛形山林道、丸山林道を探検
  • んとなく下りが始まりました。そして、富士山のビュースポットが現れます。それも何箇所も。見晴らし平よりこっちの方が富士山よく見えるじゃん!今回は、写真にトンボや蜂など思わぬものが写っていました。笛吹川と釜無川が合流して富士川となるあたりさらに下って行くと、台風の大雨で沢から溢れた水が路面を流れ下ったような場所に出ました。路上に石や木片が散乱していて危険です。慎重に下ります。12:05@なんだこれは?と思っ...
  • Ride on a ちゃりT1957さんのプロフィール
ブルーボタンサッカースクールさん
  • 選手コース試合会場地図
  • 4-4 http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E139.52.19.6N36.11.10.5&ZM=7&CI=R【八田河川敷G】南アルプス市下高砂地先釜無川右岸 http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E138.30.6.5N35.39.20.1&ZM=7&CI=R【広野人工芝】福島県双葉郡広野町中央台3-...
  • ブルーボタンサッカースクールブルーボタンサッカースクールさんのプロフィール

釜無川を含むブログ村メンバー

  •  
峡北の鮎に魅せられて?さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

釜無川について