アナフラニール

アナフラニールについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アナフラニール] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アナフラニールを含むブログ記事

鬱になって-鬱患者から伝えたい事さん
  • デプロメールの離脱症状
  • 、震え、ソワソワ感 などがあります。また離脱症状は、SSRI(パキシル、ジェイゾロフト、ルボックス/デプロメール、レクサプロなど)SNRI(トレドミン、サインバルタなど)三環系抗うつ剤(トフラニール、アナフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサンなど)で認められ、その他の抗うつ剤ではあまり認められません。ちなみに「離脱症状」という用語は専門的にはあまり使われません。医学的には「中断症候群」「SSRI中断...
  • 鬱になって-鬱患者から伝えたい事鬱になって-鬱患者から伝えたい事さんのプロフィール
鬱になって-鬱患者から伝えたい事さん
  • デプロメール の副作用
  • しまうことで生じます。抗うつ剤に認められる代表的な副作用です。よく起こる症状が口渇や便秘ですが、他にも尿閉、顔面紅潮、めまい、悪心、眠気なども起こることがあります。抗コリン作用は三環系(トフラニール、アナフラニール、トリプタノールなど)でよく認められます。四環系(ルジオミール、テトラミドなど)も三環系と比べると少ないものの、抗コリン作用はまずまず生じます。SSRIは三環系と比べるとだいぶ軽くなっていますが、全く...
  • 鬱になって-鬱患者から伝えたい事鬱になって-鬱患者から伝えたい事さんのプロフィール
locomotionさん
  • うつ病治療に使われる抗うつ剤の種類について
  • もあったようです。なぜ、副作用が強いのか!?それは、現在主流で使用されている抗うつ剤に比べ体の様々な場所へ作用してしまうためです。しかし、薬から得る効果は高いので現在でも使用されています。トフラニールアナフラニールトリプタノールノリトレンアモキサンそして、強い副作用を改良して1970年頃発売された薬が四環系抗うつ薬です。これは、三環系の副作用を改良することが目的だったため副作用を軽くすることには成功しましたが、...
  • 桜もちのつれづれlocomotionさんのプロフィール
真実(まみ)さん
  • 精神科診察日
  • ありました。 なるべく地上に出ないで地下をテクテク。 夏は日焼けしないし、冬は歩きやすくて暖かいので、地下を歩くのは大好きです。 今日は待ち時間がほとんどなく、すぐに診察してもらえました。 今、アナフラニールを少しずつ減らし、エビリファイを少しずつ増やしています。 特に副作用もなく、今のところ順調です。 きちんとお薬を飲んでODしたりもしないので、先生もきちんとお薬を出してくれます。 今回もきちんと...
  • 真実の少しだけ前向きな鬱日記真実(まみ)さんのプロフィール
鬱になって-鬱患者から伝えたい事さん
  • ルジオミールの副作用各論
  • 働きをブロックしてしまうことで生じる、抗うつ剤の代表的な副作用です。口渇(口の渇き)や便秘が有名ですが、他にも尿閉、顔面紅潮、めまい、悪心、眠気、眼痛なども起こることがあります。抗コリン作用は三環系(アナフラニール、トフラニール、トリプタノール、アモキサンなど)で多く認められ、四環系(ルジオミール、テトラミドなど)でもまずまず認められます。ルジオミールにおいても多くはないものの、ある程度の頻度で発生します。三環...
  • 鬱になって-鬱患者から伝えたい事鬱になって-鬱患者から伝えたい事さんのプロフィール
鬱になって-鬱患者から伝えたい事さん
  • ルジオミール  -他剤との比較-
  • の抗うつ剤と比べてどんな特徴があるのでしょうか。四環系抗うつ剤であるルジオミールは、三環系抗うつ剤と比べると副作用が少なくなっていますが、眠気や体重増加はやや目立ちます。三環系抗うつ剤:トフラニール、アナフラニール、トリプタノール、アモキサンなどSSRI、SNRI、NaSSAいった新規抗うつ剤と比べても副作用はそこまで多くはありませんが、四環系抗うつ剤は抗うつ効果が弱いのが難点です。SSRI:ルボックス、デプロ...
  • 鬱になって-鬱患者から伝えたい事鬱になって-鬱患者から伝えたい事さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

アナフラニールについて