アナフラニール

アナフラニールについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アナフラニール] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アナフラニールを含むブログ記事

ほうふつさん
  • 多分僕は寛解しない
  • かと考えてます。寛解、しない。少なくとも今の医学では、恐らくそうなのでしょう。画期的な新薬でも出れば別ですが。まあでも、それでも生きていかないといけないからね。今まで10年間、ドグマチール、パキシル、アナフラニール、ジェイゾロフト、リフレックス、サインバルタなどの抗うつ剤、そして双極の診断を受けてからはジプレキサ、セロクエル、リーマス、デパケンと服用を続けてきましたが、ひょっとしたら、僕の適薬適量を探す旅は、ひ...
  • 双極バラエティほうふつさんのプロフィール
真実(まみ)さん
  • 精神科診察日
  • リブなんて一枚も持っていないです。今はかわいい系なんだな〜。診察はどんな毎日を過ごしていたかを先生にお話して、あとは世間話みたいな感じ。私のたわいもない話から、先生はいろんなアドバイスをしてくれます。アナフラニールが増量になってコーラックを飲むようになったとお話したら、コーラックよりも安心安全なお薬を処方してくれました。このお薬、本当にいいんです。お腹が痛くなったりもしないし、腸にも優しい感じ。このお薬は先生の...
  • 真実の少しだけ前向きな鬱日記真実(まみ)さんのプロフィール
ゆかちん♪さん
  • 気になっていること
  • があるとされているので、睡眠薬や抗うつ薬の処方も考えられます。このうち一部の抗うつ薬はうつを和らげてくれたとしても起立性調節障害を悪化させる可能性があるので注意してください。イミドール、トフラニール、アナフラニールなどの三環系抗うつ薬には循環抑制といって低血圧を引き起こしやすい特徴があります。パニック障害や強迫性障害の治療に用いられるSSRI(パロキセチン、デプロメールなど)は三環系抗うつ薬よりはリスクが低いで...
  • 起立性調節障害 baby stepで行こう♪ゆかちん♪さんのプロフィール
yakuzaiさん
  • オーラップと芍薬甘草湯は併用禁忌?
  • des de pointes」といった文言のみ記載されており、わかりにくいものもある。以下、重大な副作用に「QT延長」「心室頻拍」と記載されている薬剤を挙げる。医薬品名アカルディアスペノンアタラックスアナフラニールアベロックスアミサリンアリセプトイフェクサーSRイミドールウインタミンエリスロシンオルケディアガスターカルグートクラビットクラリシッドグラマリールサチュロサムスカサンリズムシベノールシンレスタールジェ...
  • くすりの勉強 -薬剤師のブログ-yakuzaiさんのプロフィール
鬱になって-鬱患者から伝えたい事さん
  • トリプタノール 他の抗うつ剤との比較
  • といった四環系抗うつ剤、デジレルなどがこれに入ります。これらは眠気が強く、睡眠剤として使うこともあります。これに次いで眠気が強いのがトリプタノールをはじめとした三環系抗うつ剤です。他にはトフラニール、アナフラニール、ノリトレン、アモキサンなどがあります。三環系は、昔の抗うつ剤なので作りも荒く、「効果も強いけど、副作用も強い薬」です。そのため、眠気も多いのです。「鎮静系抗うつ剤以下、SSRI/SNRI以上」という...
  • 鬱になって-鬱患者から伝えたい事鬱になって-鬱患者から伝えたい事さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

アナフラニールについて