サイモンとガーファンクル

サイモンとガーファンクルについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [サイモンとガーファンクル] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

サイモンとガーファンクルを含むブログ記事

はんきちさん
  • 茫洋とした気持ちにさせ寂しさなんか忘れさせてくれる曲
  • 名が良いのかよと言えばなかなか難しいけれど、"Finding a novelist"ぐらいが、どんでん返しとも繋がっていてよい。原題のThe Only Living Boy In New Yorkは、サイモンとガーファンクルによる同じ題名の曲から採られていて、だからその音楽も映画のBGMのなかに使われている。この二人組の歌手たちによる一連の歌は、僕は苦手で、これまで真剣には耳を傾けてこなかった。というか、BGMの一種だろ...
  • 新・はんきちのつぶやきはんきちさんのプロフィール
sono×2さん
  • S vs S Revolutions 「ローズ・ホワイト」4/秋に捧ぐ・春を願う
  • イリヤがチャーリーを悪く思って、あと『カウボーイ(ソロさん)』を悪く言ってて→まあこれはいつもですが…申し訳ない!)あと上の文中で王子/イリヤが呟くAugust, die he mustはS & G(サイモンとガーファンクル)の「四月になれば彼女は(April come she will)」[1966]の歌詞にある、August, die she mustの言い換えになっていますU.N.C.L.E.は1963年結成前夜,...
  • SHERLOCK Side Storiessono×2さんのプロフィール
masa06さん
  • 何年か前、アート・ガーファンクルが日本に来た。
  • ですが 70歳越してる?って感じですが 相変わらずの美声でした。これってトレーニングとかしてんのかな〜、でも地声がきれいでうらやましい限りですが。曲もしってるものばかりで そりゃ少しは感動しました。「サイモンとガーファンクル」です。アートガーファンクルは。言わずと知れた「サイモンとガーファンクル」って”と”っておかしい気がしますが、ポールサイモンとアートガーファンクルです。「コンドルはとんでゆく」とか「スカボロフェアー」...
  • one man lifemasa06さんのプロフィール
MisTyさん
  • 番外編。実家でこんなの見つけてきました。EPレコードって分ります?
  • 出てきました!旧友に出会ったような感動と共に、連れて帰りました。LPレコードもどこかにあるはず。。。父が買ったソニーのカセットプレーヤーの試聴テープで聞いたのがこの曲との最初の出会いでした。それ以来、サイモンとガーファンクルは私の生活の一部でした。この曲で、”hazy shade"の感覚が分ったような気がしました。。。原題は、"Butch Cassidy and the Sundance Kid"だったんですね。日本語タ...
  • Talking New York New Yorkで見つけた英語MisTyさんのプロフィール
桂馬君part2さん
  • プロフィールの是否
  • ことばを胸に楽しみながら精進していきたいと思います。 ■出身:静岡県■趣味:絵画鑑賞、将棋、旅行、読書、四季の花?将棋の戦法:石田流、三間飛車、中飛車、相振り飛車■俳優:ダスティン・ホフマン、■歌手:サイモンとガーファンクル、中森明菜、堺正章、■音楽:クラシックギター奏者・村治佳織■TV番組:ブラタモリ、小さな旅、将棋フォーカス ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ お知らせ ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ホ...
  • 桂馬君の日々塞翁ヶ馬桂馬君part2さんのプロフィール
怪しい鱗人さん
  • ゑびす講
  • ってました。お堀には不思議な物体が・・・慈光通りが歩行者天国になってイベントやっています。今日はゑびす講のようです。第11回高校生販売甲子園でたくさんの高校が食べ物を売っていました。名もなきバンド?がサイモンとガーファンクルをコピーしてました。ちょうどBOXERを歌ってました。一緒に口ずさみます。In the clearing stands a boxer And a fighter by his trade And h...
  • 怪しい鱗人怪しい鱗人さんのプロフィール
水平線は一本の横滑る鉛筆lineで足りるさん
  • ニコロ・パガニーニ Caprice No.24に舞う弓毛のことだとか
  • ぐねる詩の行など★馬込文士村のこともちょっと9ヶ月前「猫色」にふいと思いあぐねる詩の行など★馬込文士村のこともちょっと9ヶ月前「猫色」にふいと思いあぐねる詩の行など★馬込文士村のこともちょっと9ヶ月前サイモンとガーファンクル/アイ・アム・ア・ロック(ぼくは岩)10ヶ月前コメントを投稿ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有...
  • 水平線は一本の横滑る鉛筆lineで足りる水平線は一本の横滑る鉛筆lineで足りるさんのプロフィール
celica197012さん
  • I Need To Be In Love by Carpenters
  • 、ちぃとは淡い恋心を抱いたり、聴く音楽も、歌謡曲から、フォークや洋楽にシフトしたりするもんだ。 僕の場合、中学生になったら、一気にカーペンターズが好きになった。その後、中2、中3になると、洋楽だったらサイモンとガーファンクル、もう解散してしまってたビートルズ、邦楽だったら吉田拓郎、かぐや姫、チューリップとかになるのだけれど・・・。 で、カーペンターズ。カレンの声とリチャードのアレンジは、やっぱりエバーグリーンだわぁ〜♪...
  • ミニカーおやじの雑記帳celica197012さんのプロフィール
MisTyさん
  • アメリカでマカロニチーズは実際どうとらえられているのか?星5つ?1つ?
  • aly(1)スタテン・アイランド(1)SOHO(1)植物園(1)トラム(1)樹木園(1)ガンショップ(1)プロフィールMisTy id:talking-newyork中学生になって初めて英語を習った、サイモンとガーファンクル、ビートルズ世代です。当時珍しかった「国際関係学科」のある津田塾大学に入学し、英語と同時に様々な国際問題に触れ、問題意識をもって考えることを学びました。英語教師として25年が過ぎ、主に大学受験生を指導...
  • Talking New York New Yorkで見つけた英語MisTyさんのプロフィール
wsuki2001さん
  • Elton John - My Father's Gun
  • !で、友達のお兄さん・お姉さまにエルトン・ジョンの70年2nd『Elton John:僕の歌は君の歌』アルバムを聴かせてもらい、これも感激! こんな素晴らしい唄・曲が世の中にはあると!しかし、70年はサイモンとガーファンクル「Bridge over Troubled Water:明日に架ける橋」とビートルズの「レット・イット・ビー」そしてエルトン・ジョン「Your Song:僕の歌は君の歌」と凄い年でしたね。Tumble...
  • 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通しwsuki2001さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

サイモンとガーファンクルについて