茶杓

茶杓についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [茶杓] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

茶杓を含むブログ記事

紅雲庵さん
  • 夏越の人形(ひとがた)
  • 皿で。紙が貴重品だったころはこうして芒で作ったものだそうです。 茶入 雅羅素 林孝子作 孝子さんの茶入は希少品ですね。大好きで大切に使わせていただいています。画像はありませんけど仕覆は鎌倉間道。 茶杓 千歳水無月の夏越しの祓する人は千年の命のぶといふなり大徳寺大仙院尾関桃林  濃茶は料亭志ら玉主人柴山利彌作 志埜茶席映えの逸品かと。 菓子器 雅羅素 林孝子作面白い器です。見る角度でまったく違...
  • 紅雲庵 日乗 名古屋の茶の湯 和のあれこれ紅雲庵さんのプロフィール
Souki一観一楽有難うさん
  • 1667祇園前祭「茶の湯の歴史506」茶の歴史506
  • を始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。心を癒すお茶を楽しむ。大前宗貴の『茶の世界』My茶杓・My茶碗造一杓一楽、一碗一楽、一茶一楽。一生一楽。一観一楽、ありがとう。お気に入りの人に登録/削除全体表示[ リスト ]芸術と人文>人文科学>歴史コメント(0)コメント投稿名前パスワードブログ絵文字...
  • 心を癒すお茶を楽しむ。大前宗貴の『茶の世界』Souki一観一楽有難うさんのプロフィール
moreさん
  • 2018年7月のお稽古
  • 、まず目から茶室の室礼(しつらえ)を変えますもちろんお道具もね 今年はお道具を皆さんに出してもらいました箱紐の解き方・結び方は、体験のときにチャレンジしてもらいました忘れちゃった人も復習です お棗、お茶杓、お茶碗など義山(ぎやまん ガラスのこと)も出しました お釜のお湯でお茶を点てる前に、まずは「冷水点て(れいすいだて)」Sさんに冷たい氷水でお茶を点ててもらいました お茶碗の中の茶巾は「千鳥茶巾」にし...
  • モアザンモアのブログmoreさんのプロフィール
sekiraiさん
  • 18GW 三井記念美術館 大名茶人・松平不昧
  • −期間:4月21日(土)〜6月17日(日)瀬戸瀧浪手茶入 銘 志賀肩に丸みがあり裾が張った形の茶入。金気釉は渋く、一方に暗褐色の釉景色が生じている。小堀遠州所持で、その後西本願寺、松平不昧と渡った。竹茶杓 銘 夕かほ 千利休作胡麻竹、丸櫂先の茶杓。「雲州蔵帳」の「上之部」には28本の茶杓が記載されており、うち4本は利休の茶杓で「夕かほ」もそのひとつ。筒には「休ノ作」と片桐石州が書き付けている。竹茶杓 ...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
月?宗地さん
  • 【茶会】東京都茶華道連盟主催 第五十二回彩花展・第三席【7/15】
  • 一品でした。私が使ったのでややミスマッチですが、こうしたおかしみを演出するのもまた一興。  次茶盌は玻璃茶盌。金色に輝く透かしと散らし、色ガラスの技法が合わさった芸術品みたいな感じでした。  そして、茶杓が南天の枝から削り出したという茶杓。奈良の方が削ったそうですが、水指の奈良絵からこう繋げますか! しかも「客の難を転じて」――すなわち暑さを涼しさにという演出。なかなか凝ってらっしゃいますねぇ〜。  ...
  • 都流茶道教室《月桑庵》月?宗地さんのプロフィール
月?宗地さん
  • 【茶会】東京都茶華道連盟主催 第五十二回彩花展・第二席【7/15】
  • いとしますが、規矩というより定石ですね)のですが、表千家さんは正客に楽……というのはほぼ決まりみたいなもんなので、あえて定石を外された趣向かも? 私に出たのは高麗三島手。なかなか見事な平茶盌でした。 茶杓は節の稜が大分離れたもので、節の部分だけ弓形に沿っていて、大黒さんや布袋さんのお腹みたいな感じ。稜中が胡麻のような斑紋があって大変素敵な茶杓でしたが、作も銘もど忘れ(笑) 建水は槌目の餌畚。赤銅色の艶...
  • 都流茶道教室《月桑庵》月?宗地さんのプロフィール
月?宗地さん
  • 【茶会】東京都茶華道連盟主催 第五十二回彩花展【7/15】
  • ど、確かに立礼卓ですと赤楽の方が映えますが、ここは水指の方を目立たせたかった訳ですね♪  次客は捻祥瑞の茶盌。これは宗靜先生がお使いに。 大樋の後に磁器というのはやはり立礼席ならではでしょうか^^  茶杓は長谷川寛州禅師のもの。露はぐっと先の尖った剣先。銘は「清流」で、軸が「匝地」する「風」なら、こちらは「地を流れる」「水」という「風水」の陰陽対比。素晴らしいですね。  ずーっと隠れていた建水は首にツ...
  • 都流茶道教室《月桑庵》月?宗地さんのプロフィール
tyakoさん
  • 大津絵の茶碗で・・・
  • 茶碗で・・・円能斎好の亀蔵棗は・・・一本の青竹ですが・・・阿蘭陀水指は・・・夕顔の香合を使って・・・我が棗ながら・・・文筥香合は・・・稲荷人形の香合は・・・朝顔の香合を手にしたら・・・終戦そして苦難の茶杓「円能斎」は・・・記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 人形劇は手作りの人形で・・・プロフィール読者登録中読者になる読者になる都道府県設定しない自己紹介茶道を通...
  • tyakoの茶の湯往来tyakoさんのプロフィール
カメラはいつもポケットに(^ー^*)さん
  • な〜んて暑い日々でしょか
  • 暑ならば 家で遊ぶしかないしすでに祇園祭りは始まったのですね久しぶりにAさん作品夏の設えを・・・としていたらいろんな物をひっくり返してしまいじわじわっと片づけていきもとに戻して茶箱ももとに戻して・・・茶杓の精密さに感心したりして・・・( ^ω^)ジャンル:環境ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«やまと尼寺・大根シャーベット...
  • カメラはいつもポケットに(^ー^*)カメラはいつもポケットに(^ー^*)さんのプロフィール
ベルママの闘病日記さん

茶杓を含むブログ村メンバー

  •  
茶々さん
tohgeikizanさん
  • 爺ちゃんの茶碗たちtohgeikizanさんのプロフィール
  • 爺ちゃんが作った茶碗が床下から沢山出てきました.