ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を含むブログ記事

おかちゃんさん
  • ショルティ指揮ウィーン・フィルのワーグナー「ワルキューレ」(1962録音)を聴いて思ふ
  • シュ(オルトリンデ、ソプラノ)ヴェラ・リッテ(ジークルーネ、メゾソプラノ)マリリン・タイラー(グリムゲルデ、ソプラノ)クラウディア・ヘルマン(ロスヴァイデ、メゾソプラノ)サー・ゲオルク・ショルティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(1962.5.6-18, 10.21-11.5録音)人の心を持つブリュンヒルデを歌うニルソンと、非情な(無情な?)父ヴォータンを歌うホッターの駆け引きが見事な第2幕の、手に汗握るドラマと音楽に感動す...
  • アレグロ・コン・ブリオ〜第7章おかちゃんさんのプロフィール
しんいちさん
fm-woodstockさん
梨野礫さん
  • 「急性心筋梗塞」・《モーツアルト》
  • (監修・選曲・解説:和合治久・埼玉医科大学短期大学教授)というタイトルで、以下の楽曲が収められている。?ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466 第2楽章(9分58秒)、フリードリヒ・グルダ(ピアノ)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 指揮:クラウディア・アバド、?ピアノ・ソナタ第15番 ハ短調 K545第1楽章(3分12秒)、?同 第2楽章(5分47秒)、アリシア・ラローチャ(ピアノ)、?ヴァイオリン協奏曲第3番ト短調 K216...
  • 文芸茶話・《文学・映画・演芸・テレビ・「雑考」》梨野礫さんのプロフィール
梨野礫・エッセイ集さん
  • 「急性心筋梗塞」・《モーツアルト》
  • (監修・選曲・解説:和合治久・埼玉医科大学短期大学教授)というタイトルで、以下の楽曲が収められている。?ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466 第2楽章(9分58秒)、フリードリヒ・グルダ(ピアノ)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 指揮:クラウディア・アバド、?ピアノ・ソナタ第15番 ハ短調 K545第1楽章(3分12秒)、?同 第2楽章(5分47秒)、アリシア・ラローチャ(ピアノ)、?ヴァイオリン協奏曲第3番ト短調 K216...
  • 梨野礫・エッセイ集梨野礫・エッセイ集さんのプロフィール
音盤太郎さん
  • フルトヴェングラー ザ・グレートEMIレコーディングス(5)
  • lm Furtwangler: The Great EMI Recordings(BOX全体の収録内容については こちら をクリック)Disc 14モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団1948年12月、1949年2月、ウィーン、ムジークフェラインザールチャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74『悲愴』管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団1938年10月、ベルリン、ベートーヴ...
  • クラシック音楽BOX鑑賞の旅音盤太郎さんのプロフィール
fm-woodstockさん
  • NL DECCA 6BB121/2 ゲオルク・ショルティ シカゴ響 ローレンガー ミントン バロウズ タルヴェラ ベートーヴェン・交響曲9番「合唱付き」
  • 強さとアグレッシブさが前面に出ており、より良い。知名度という点ではヘルベルト・フォン・カラヤン、レナード・バーンスタインと並ぶ、20世紀、特に戦後を代表する指揮者。なによりもショルティと関係良好だったウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と後世に語り継がれるオペラをウィーンのソフィエンザールで次々と録音している。すでに定評があるショルティならでは、半世紀にわたり一貫してDECCAに録音し数々の名盤を遺した重要なアーティストであり続けた...
  • 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードfm-woodstockさんのプロフィール
fm-woodstockさん
  • GB DECCA SET471-2 ゲオルク・ショルティ シカゴ交響楽団 イヴォンヌ・ミントン マーラー・交響曲5番/少年の魔法の角笛
  • ヤン、レナード・バーンスタインと並ぶ、20世紀、特に戦後を代表する指揮者。なによりもゲオルク・ショルティ(Sir Georg Solti、 1912年10月21日〜1997年9月5日)と関係良好だったウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と後世に語り継がれるオペラをウィーンのソフィエンザールで次々と録音して、すでに定評があるショルティならでは、その複雑な構造、スコアの細部まで解き明かした演奏は、現在でも色褪せない魅力を放っています。数...
  • 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードfm-woodstockさんのプロフィール
メメント森さん
  • ヴィクトリア・ムローヴァ Viktoria Mullova来日します〜(^O^)
  • ベリウス国際ヴァイオリン・コンクールに優勝し、さらに1982年チャイコフスキー国際コンクールで優勝。その類稀な才能は、世界的に注目を集める。翌1983年の西側への亡命は、大きな話題となった。 その後、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする世界の主要オーケストラ、クラウディオ・アバド、ロリン・マゼール、ズービン・メータ、サイモン・ラトル、リッカルド・ムーティ、小澤征爾、ベルナルト・ハイテ...
  • ノルウエーの森さん。メメント森さんのプロフィール
fm-woodstockさん
  • GB DECCA SET325-6 ゲオルク・ショルティ ヘザー・ハーパー ヘレン・ワッツ ロンドン交響楽団 マーラー・復活
  • ロンドン響共々非常に共感に満ち、時にロマンティックなうねりすら聴かせるのですが、それが類い希なほどの説得力を持って聴き手に迫ってきます。かの歴史的な超名演であるワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」をウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とともにスタジオ録音している最中のもの。かかる録音も終わりに近づいており、そうしたことに去来するであろう自らの指揮芸術に対する漲るような自信と誇りが演奏自体にもあらわれているかのようである。リングの世...
  • 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコードfm-woodstockさんのプロフィール

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を含むトラコミュ

ウィーン・フィル
  • ウィーン・フィル
  • ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の話題ならなんでも。ウィーン国立歌劇場の話題もOK。
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:クラシックブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団について