神聖ローマ帝国

神聖ローマ帝国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [神聖ローマ帝国] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

神聖ローマ帝国を含むブログ記事

DUCEさん
  • 役職・身分のかけ持ちと転籍42
  • 「役職・身分のかけ持ちと転籍」第42回目です。フランス帝国の台頭は必然的に神聖ローマ帝国の終焉へとつながり、かつて神聖ローマ帝国に属していた多くの国は、ライン同盟を結成して、フランスを新たな大樹として寄り添う事になりましたが、そうした時代は長続きせず、フランス帝国の没落によって、旧来の体...
  • DUCEの冗談とまじめDUCEさんのプロフィール
tullyさん
  • <探訪記>プリンセンホフ博物館(デルフト)
  • 示も豊富で、オランダ独立の過程が詳しく展示されている。個人的満足度:★★★★館内の様子。ウィレムの生涯や、オランダ独立の展示が豊富。1555年、22歳のウィレム。凛々しい。若かりし頃のウィレムは当時の神聖ローマ帝国皇帝カール5世からも信頼されており、ネーデルラント軍司令官にも就任している。この年に皇帝はカール5世からフェリペ2世に替わるのだが、のちにウィレムは帝国に反旗を翻すことになる。16世紀後半からオランダ...
  • 世界史の旅 −みやげが語る世界史−tullyさんのプロフィール
旅猫さん
  • ローマ サンタンジェロ城 1
  • )何故今迄入ろうと思わなかったのか自分でもわかりません。要塞として使われていた名残か古代の投石機が中庭に展示されています。丸い建物の周りは五角形の城壁に囲まれています。まずは城壁の上を歩いていきます。神聖ローマ帝国がローマに攻め込んで来た時教皇はここにこもって難を逃れたそうです。きっとその時にもスイス兵が護衛を担っていたのでしょうね。今でもバチカンの衛兵はスイス人と決まっています。内側の建物は大きな石積みの内側...
  • 旅猫 世界の絶景と猫と時々グルメ旅猫さんのプロフィール
さざぴんさん
Hiroさん
  • ドイツの世界遺産!古典主義の都ヴァイマールにズームイン!
  • しており、より東のドレスデンほどではありませんが、チェコからも比較的近い場所にある町です。最も近い大都市はライプツィヒで、直線距離で120キロメートルほど、自動車で約1時間半の距離にあります。ドイツに神聖ローマ帝国が君臨していた時代には、世俗諸侯の一人ザクセン=ヴァイマール公爵の治める領土の都として栄えていました。(神聖ローマ帝国崩壊後はザクセン=ヴァイマール=アイゼナッハ大公国になりました)ザクセン=ヴァイマ...
  • Another WorldHiroさんのプロフィール
Zezesyさん
  • 欧州 ホーエンツォレルン城(Burg Hohenzollern)  2018/06/23
  • ようなリヒテンシュタイン城とは違い、数世紀にわたって戦略的に重要な場所に建てられたホーエンツォレルン家の城塞でしたが1423年に完全に破壊されます。その後、強固な要塞として再度築城、約一世紀にわたって神聖ローマ帝国のハプスブルク家の城としてこの地を守ります。しかしオーストリア継承戦争のときフランス軍によって占領、戦後再びハプスブルク家の手に戻りますが、1798年にオーストリア人の最後の所有者が城を去った後は放置...
  • Zezesy's 古都をゆくZezesyさんのプロフィール
balaton620さん
  • ドナウ河岸歩き(3)レーゲンスブルク
  • 北東に流れて行き、その航路で最も北へ位置した(地球の緯度上)街がレーゲンスブルク (Regesburg) である。流れ込む数多くの支流の川を飲み込みドナウ河の川幅はドンドン広くなり、ドナウ河の利が街を神聖ローマ帝国時代から政治、経済の中心都市として発展させて来た。人口が約15万人で決して大きくないが、中世の街並みは2006年に世界遺産に登録された。遊覧船の発着場、ドナウは写真の向こうから流れてくる(上流)  川...
  • ハンガリーの教会巡りbalaton620さんのプロフィール
Koichi八田さん
  • モンテネグロの歴史とワイン
  • 政教一致の一種で、教会国家主義になります。国家教会型(State church)では、教会が国家の一機関となり、運営を支配した形式になります。そのため、教会が国家に従属した状態になるので、ローマ帝国や神聖ローマ帝国、東ローマ帝国などが代表例です。 そんな独立国家も、第一次世界大戦によりオーストリア・ハンガリー帝国に占領されることになり、ニコラ1世はフランスへと亡命しました。さらにセルビア軍に占領され、スロベニア...
  • Living in WineKoichi八田さんのプロフィール
Hiroさん
  • イタリアの世界遺産!デル・モンテ城のあれこれをまとめてみた!
  • デル・モンテ城についてご存じでしょうか。デル・モンテ城はイタリア語ではカステル=デル=モンテという名前で、イタリア南部の町アンドリーア付近にある中世に建設された不思議なお城です。このお城は13世紀頃に神聖ローマ帝国皇帝フリードリッヒ2世によって建設されました。城と呼ばれてはいますが、実は何の目的で建設されたのかもはっきりとはしておらず、またそのデザインには数多くの謎が秘められていて、宗教的な目的があったのではな...
  • Another WorldHiroさんのプロフィール
Hiikichiさん
  • ティムール亡き後のティムール朝(6)〜黒羊朝の反目〜
  • 再興出来た。しかし、ティムール朝がまたいつか西進を始めるのではないかと、常に警戒を怠らず、故に、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)とも握手したり、マムルーク朝の東進を無理に阻もうともしなかった。ハンガリーや神聖ローマ帝国などには臆するところがなかったオスマン帝国も、ティムール朝に対する恐怖心だけはどうしても拭い去ることが出来なかった。ということは、ティムール朝に対する緩衝材ならいくらでも欲しがっていたわけで、ティムー...
  • 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

神聖ローマ帝国について