大腿直筋

大腿直筋についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大腿直筋] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大腿直筋を含むブログ記事

ひめぐまさん
  • 筋トレ初心者のために身体作りについての解説〜筋肉編Part 2〜
  • ャープで綺麗な脚を作ることができます。 この太ももは、大きく分けて、大腿四頭筋と、ハムストリングスに分けられます。 大腿四頭(だいたいしとう)筋 大腿四頭筋は、太ももの大部分を占めている大きな筋肉で、大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋という4つの筋肉で構成されていることから、“四頭筋”と言われています。 この筋肉は、脛(すね)の骨の上部(膝の下辺り)にくっついていて、その腱の中には、小さな骨が入ってい...
  • ひめぐまの筋トレひめぐまさんのプロフィール
大川純一さん
  • 体を支える重要な筋肉とは?3選
  • 転ばないように、壁の近くでやってくださいね。2.大腿四頭筋(膝上あたりで太もも前面の筋肉 ※図?)太ももの前面の筋肉(大腿四頭筋)も重要な筋力です。名前の通り、大腿四頭筋は4つの筋肉からなっています。大腿直筋、内側広筋、外側広筋、内側広筋。それらバランスよく収縮することによって、膝を伸ばしたり、股関節を曲げたりすることができます。この筋肉は、筋力を鍛えることも大切ですし、柔軟性を鍛えることも大切です。柔軟...
  • 明日へ 〜理学療法士は無限大〜大川純一さんのプロフィール
大川純一さん
  • 体を支える重要な筋肉とは?3選
  • 転ばないように、壁の近くでやってくださいね。2.大腿四頭筋(膝上あたりで太もも前面の筋肉 ※図?)太ももの前面の筋肉(大腿四頭筋)も重要な筋力です。名前の通り、大腿四頭筋は4つの筋肉からなっています。大腿直筋、内側広筋、外側広筋、内側広筋。それらバランスよく収縮することによって、膝を伸ばしたり、股関節を曲げたりすることができます。この筋肉は、筋力を鍛えることも大切ですし、柔軟性を鍛えることも大切です。柔軟...
  • 明日へ 〜理学療法士は無限大〜大川純一さんのプロフィール
Ken Yamamotoさん
  • 誰も知らない椎間板の秘密
  • べてフレッシュ(生)献体は今にも動き出しそうな赤身のある筋肉、弾力に触れることができる。 ファシャラタ(大腿部の筋肉を覆う筋膜)にスーーーっとメスを入れるとその切れ目からこぼれ落ちるように出て来たのは大腿直筋だった。 皆は大腿四頭筋のイメージを聞くと大抵、いつもテンションがかかっていて人体最強の筋肉と答えたりするもんだけど、大腿直筋は生前このようにリラックスしていれば誰の大腿直筋も柔軟性に富んでいることが...
  • 世界を股に掛ける腰痛治療家 Ken YamamotoKen Yamamotoさんのプロフィール
tiger-hawkさん
  • 田植からスウィング功へ
  • 前腕の筋肉だけ使うと説明しても、上腕の筋肉もガチガチにしてしまいます。筋肉の分離ができません。*下腿三頭筋の伸張性収縮も、はじめは力を抜いてしまいます。それからゆっくりと下腿三頭筋だけ使います。最後は大腿直筋も緊張しますが、はじめは下腿三頭筋だけ使います。ここでも筋肉の分離が必要です。*でも関節があるので、筋肉は分離されています。だから、関節を利用できます。前腕の筋肉と上腕の筋肉の間には、肘があります。こ...
  • 虎鷹拳院日誌tiger-hawkさんのプロフィール
やわらぎ整体堂さん
  • 成長期の膝痛と姿勢崩れ
  • |オスグッドと骨盤位置関係性 膝痛と言えば当院でも学生さんが来院されるお悩みのひとつとしてオスグッド病がある、成長期に於いてクラブ活動など激しい運動前ストレッチなどの組織を伸ばす前段取り不足、大腿直筋が膝蓋骨を通過し脛骨へ止まるが膝屈伸で剥がれる様に作用 特にボール蹴りや跳躍を沢山したりするスポーツなどこの部位を酷使する際に後発しやすいと言われる勿論その大腿直筋の短縮が原因である、しかしながらそれ...
  • やわウオークやわらぎ整体堂さんのプロフィール
やわらぎ整体堂さん
  • 成長期の膝痛と姿勢崩れ
  • 盤位置関係性 膝痛と言えば当院でも学生さんが来院されるお悩みのひとつとしてオスグッド病がある、成長期に於いてクラブ活動など激しい運動前ストレッチなどの組織を伸ばす前段取り不足、大腿直筋が膝蓋骨を通過し脛骨へ止まるが膝屈伸で剥がれる様に作用 特にボール蹴りや跳躍を沢山したりするスポーツなどこの部位を酷使する際に好発しやすいと言われる 勿論その大腿...
  • やわらぎ整体堂のブログやわらぎ整体堂さんのプロフィール
シクル・マーモットさん
  • ヒルクライムをパイオニア・ぺダリングモニター使って速くなる!
  • ”が”上げ脚”のイメージでバックトルクがかからない状態になっているかどうか。さらに、ペダリング時に各筋肉の使い方(使い分け)が意識出来ているかが重要。膝関節の動きより股関節が重要で、屈曲させる腸腰筋&大腿直筋と伸展させるハムストリングス&臀筋群を動員できているか。膝関節を伸展させて大きなパワーを出す大腿四頭筋は可能な限り温存させておかないと、肝心なところで失速しかねない。筋力だけでなく重力(体重)も、重心...
  • 松戸のロードバイクショップ「シクル・マーモット」シクル・マーモットさんのプロフィール
waism-keirakuさん
  • 関節トレーニング
  • 荷が高くなると説明されています。この考え方から、どこの筋肉が硬いかによって、弱くなっている筋肉も特定する事が出来るとされています。例「 腸腰筋・内側ハムストリングスのトレーニング・・・・大腿筋膜張筋・大腿直筋・腰方形筋・梨状筋・多裂筋が緩む」まぁこれは経絡でいう虚と実の関係性と同じだと思います。この考え方を進めて、肩こりや膝痛も、それぞれトリックモーションが起きる元になっている、弱くなっている関節を守る筋...
  • 和いずむ経絡ブログwaism-keirakuさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

大腿直筋について