大海人皇子

大海人皇子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大海人皇子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大海人皇子を含むブログ記事

borderlineさん
  • 【奈良】縁がないと辿り着けない!?日本三大弁財天「天河大辨財天社」(天河神社)の御朱印帳と御朱印
  • 川村の「天河大辨財天社」へ。「天河大辨財天社」は、修験道の開祖・役行者が霊峰弥山で鎮護国家を祈念した折、天降る天女の神:辨財天を感得し、壺中である当社に勧請したのが始まりとされます。また、7世紀後半、大海人皇子が壬申の乱に際し、辨財天に戦勝を祈願し勝利したため、壺中の琵琶山に天之安河之宮として社殿を造営し、その後、弘法大師空海など貴顕高僧の参籠する山内第一霊場となったと伝わります。「鳥居」残念ながら工事中で...
  • 御朱印ランナーの聖地巡礼borderlineさんのプロフィール
媛うさぎ☆さん
  • 【奈良】あじさい寺 矢田寺でいただいたステキな新作【御朱印帳】&【絵入り御朱印】〜まとめ編〜
  • 坊でいただきました。 【矢田寺北僧坊】 【矢田寺 御朱印】本堂でいただきました。 【本堂】 別名「あじさい寺」  とも言われる矢田寺。 正式名称は金剛山寺で高野山真言宗の寺院。 矢田寺は1300年前に大海人皇子が壬申の乱の  戦勝祈願。   勝利した後に七堂伽欄48カ所坊を造営し  天武天皇の勅願寺となしました。 十一面観音と吉祥天を御本尊としていましたが   平安初期に矢田寺中興開山といわれる  満米上人...
  • Destiny 〜癒しの御朱印巡り〜媛うさぎ☆さんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 天智天皇と大化改新 (同成社古代史選書 2)
  • る宝皇女を母として生まれている。学堂での交流があった中臣鎌足が中大兄皇子に注目して近づくようになった蘇我入鹿による山背大兄王襲撃事件では、中大兄皇子はどのような態度をとったかはわからない。後に対立する大海人皇子は協力していた。中大兄皇子は、中国から国制、文物、仏教を導入しようとしていた蘇我入鹿主体の中央集権体制の強化は、他の朝臣らの不満、反発を招いていた。反蘇我のムードの中で、乙巳の変が決行された664年頃...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
Bigbossmanさん
  • 斉明天皇と鬼
  • 徳天皇をはさんで重祚(ちょうそ)し、斉明天皇(第37代)となっています。重祚とは、同一人物が生涯に2度以上、天皇に即位することです。斉明天皇舒明天皇(第34代)の皇后として、中大兄皇子(後の天智天皇)大海人皇子(後の天武天皇)を産み、夫の死に際して、後継の天皇が決まらなかったため、自ら即位して、49歳で皇極天皇となります。在位中は、蘇我蝦夷が大臣として重んじられ、その子の入鹿が国政を執っていましたが、専横が...
  • 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
ゆるふわまさぴょんさん
  • 紫陽花の季節
  • visaメッセージがアップされていました。博多座公演「あかねさす紫の花」の二役についても詳しく言及していて、私が感じていた通りのことを演じていたのだなぁと思いました。でも、れいちゃん(柚香光ちゃん)の大海人皇子は、絶対みりりん中大兄皇子のことばかり、見ていたし気にしてたと思うけど(^^)さて今月のchoiceは、洋物か和物か、ラベンダーか紫陽花か、という質問でした、洋物ということでしたが、私も洋物が観たいで...
  • TAKARAZUKAとゆるふわな日々ゆるふわまさぴょんさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「美濃囲い」という名称について
  • 呼ぶものです。私は『日本書紀』を読んでいて「大海人の皇子」の「吉野」からの脱出の際の行程を見ていて、まるで美濃囲いに入る「王将」のようだなと思いました。「壬申の乱」の詳細を『書紀』から拾うと、まず、「大海人皇子」は「吉野」へ下野します。その後「天智天皇」死去後「天智天皇」の息子である「大友皇子」の挙動に攻撃の姿勢を感じ、それに対抗する形で挙兵し、「壬申の乱」が勃発するというわけですが、この時の「大海人皇子」...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
ぶるどねーじゅさん
bowlingerさん
  • 八瀬 瑠璃光院 2010/11/20
  • 配だったのですが門前に並んでいる様子もなく、スムーズに入ることができました。今日は建物に入るまでの画像をアップしながら、入り口の案内板に書かれている内容をアップします。『当所は壬申の乱で矢傷を負われた大海人皇子(天武天皇)が「八瀬の釜風呂」で傷を癒されてより、平安貴族の癒しの里として愛されてきました。』『明治の元勲三条実美公は、当地の庵に「善鶴亭」と名付けて直筆の命名額を下されています。』『その後、大正末か...
  • 京都 癒しの地の旅 しばらく思い出・妄想編bowlingerさんのプロフィール
rekotanさん
  • 家康の椅子に座る・・・
  • さんがかねてより行きたかった・・・「徳川家康 最初陣地」へ行きました家康は関ケ原合戦早朝に、赤坂から桃配山に兵を移動し、桃配山の中腹に陣を敷きました。この山は、関ケ原合戦以前の壬申の乱にて、勝者である大海人皇子が野上行宮より出陣し陣を敷いたという言い伝えがあります。家康は縁起を担ぎこの場所に陣を置いたといわれており、関ケ原の合戦時に徳川家康が使用したとされる腰掛石と机石が今も残っています。(関ヶ原観光Web...
  • ☆ちょこっとHAPPY☆rekotanさんのプロフィール
佳音さん
  • 山田池公園 花菖蒲 夕景 『肩野物部氏はなぜ春日社を信仰していたの?』
  • 大社に勧請されたのでしょうね。 ?中臣鎌足は藤原姓を賜っていなかった?ですが、中臣鎌足が天智天皇より藤原姓を賜ったというのは怪しいです。というのは天智天皇の死後、壬申の乱(大友皇子/天智天皇の皇子vs大海人皇子/天智天皇の弟)がおこり、勝利した大海人皇子が即位して天武天皇となり、藤原京を建都しています。藤原という臣下がいるのに、都に藤原京という名前をつけるでしょうか?おまけに天武天皇13年(684年)に八色...
  • 心の旅佳音さんのプロフィール

大海人皇子を含むトラコミュ

天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
壬申の乱
  • 壬申の乱
  • 壬申の乱は、672年(弘文元)に弘文天皇(大友皇子)と大海人皇子(天武天皇)の間で行われた内乱である。672年は干支で壬申にあたるためこれを壬申の乱と呼ぶ。
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

大海人皇子について