大海人皇子

大海人皇子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大海人皇子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大海人皇子を含むブログ記事

ならさん
  • 時を旅する 奈良・大和路
  • 撮影地:奈良県橿原市(2018.7月)日本国の始まりの地、藤原宮は大和三山(香具山、畝傍山、耳成山)に囲まれた歴史ロマンに溢れるところです。中大兄皇子と大海人皇子、後の天智天皇と天武天皇ですが、この二人が恋争いをした女性が美貌と歌才を兼ね備えた宮廷歌人・額田王。この三角関係を大和三山の争いにたとえて詠んだ歌も残っているそうです。今では、四季の花景色に彩られ、古...
  • 奈良県 観光・旅行 動画まとめならさんのプロフィール
古代史が好きさん
  • 今までのまとめ
  • 来た。驚いた蘇我入鹿天皇は高表仁の非礼をとがめた。中大兄王子(豊璋)は由良の宮に来た時から教えられていた六韜に基づいて蘇我入鹿天皇を徹底的におだてた。人の良い蘇我入鹿天皇は、中大兄王子(豊璋)と塞上を大海人皇子と同じように育てた。蘇我入鹿天皇は、隋の裴世清たちが蘇我馬子天皇に北栄町北条島で謁見した時の話を聞かせていた。中大兄王子(豊璋)は「日出ずる処の天子・・・」の話を「日本」の参考にし、「大国維新之化を教...
  • 天孫降臨の地古代史が好きさんのプロフィール
さらささん
  • ◆京都山科「天智天皇陵」と「日向大神宮」へ行く
  • 天智天皇陵」と「日向大神宮」へ行きました。天智天皇は、歴史にあまり詳しくない私でも少しはイメージのわく歴史上の人物です。大化の改新、白村江の戦い、近江大津宮遷都、壬申の乱(直接は関係ないけど)、そして大海人皇子や額田王との関係などがまず頭に浮かんできます。天智天皇の陵が、なぜ飛鳥や大津ではなくて山科にあるのか不思議です。大津から山科までは割と近いですが。。。天智天皇陵の最寄り駅は「御陵(みささぎ)」で、地名...
  • にじいろの風さらささんのプロフィール
某さん
  • 天武・持統天皇陵
  • 21時30分00秒 |史跡めぐり国営飛鳥歴史公園をあとにして、次に目指すは「天武・持統天皇陵」。今日の相棒は、飛鳥駅前で借りたレンタサイクル。天武・持統天皇陵。壬申の乱(672年)で大友皇子を倒した大海人皇子(即位後に天武天皇)とその皇后である持統天皇の合葬墓 。直径50m、高さ6.36m。円墳とも八角墳ともとれるこの古墳の石室は八角形で、金銅製の蔵骨器がのっている。天武天皇は古代律令国家体制の基礎を築き...
  • 某の日々是好日某さんのプロフィール
古代史が好きさん
  • 今までのまとめ
  • 来た。驚いた蘇我入鹿天皇は高表仁の非礼をとがめた。中大兄王子(豊璋)は由良の宮に来た時から教えられていた六韜に基づいて蘇我入鹿天皇を徹底的におだてた。人の良い蘇我入鹿天皇は、中大兄王子(豊璋)と塞上を大海人皇子と同じように育てた。蘇我入鹿天皇は、隋の裴世清たちが蘇我馬子天皇に北栄町北条島で謁見した時の話を聞かせていた。中大兄王子(豊璋)は「日出ずる処の天子・・・」の話を「日本」の参考にし、「大国維新之化を教...
  • 天孫降臨の地古代史が好きさんのプロフィール
古代史が好きさん
  • 今までのまとめ
  • 来た。驚いた蘇我入鹿天皇は高表仁の非礼をとがめた。中大兄王子(豊璋)は由良の宮に来た時から教えられていた六韜に基づいて蘇我入鹿天皇を徹底的におだてた。人の良い蘇我入鹿天皇は、中大兄王子(豊璋)と塞上を大海人皇子と同じように育てた。蘇我入鹿天皇は、隋の裴世清たちが蘇我馬子天皇に北栄町北条島で謁見した時の話を聞かせていた。中大兄王子(豊璋)は「日出ずる処の天子・・・」の話を「日本」の参考にし、「大国維新之化を教...
  • 天孫降臨の地古代史が好きさんのプロフィール
ht-taishi.mさん
  • 【歴史2】年表暗記のすすめ〜重要事項のチェックテスト
  • 入鹿を滅ぼし、天皇中心の国家を目指した646年(20) … 唐にならい、(21)の制、(22)の法、税制の基本方針663年(23)の戦い … 唐と新羅の連合軍に、日本が敗れる672年(24)の乱 … 大海人皇子(天智天皇の弟)【後の、天武天皇】が、大友皇子(天智天皇の子)を滅ぼす694年持統天皇(←女帝)が、都を(25)に移す ← 日本で最初の本格的な都701年 → 律令政治が始まる(26) … 唐の律令に...
  • 千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”ht-taishi.mさんのプロフィール
まつなるさん
  • 第30番「如意輪寺」〜近畿三十六不動めぐり・21(蔵王堂、吉水神社)
  • 、豊臣秀吉が大規模な花見を催した場でもあった。その時に用いた金屏風も残されている。一目千本の眺めも楽しめるし、目を転じれば蔵王堂も見える。源義経と後醍醐天皇は都から逃れる形で吉野に隠れ住み、遥か昔には大海人皇子(後の天武天皇)が天智天皇の後継争いを巡って一時隠棲したこともある。吉野にはどこか中央と対峙するような、「逃れる」とか「隠れ棲む」のに適した何かがあるのだろう。さてここから如意輪寺に向かうが、旅館街か...
  • まつなる的雑文〜光輝く明日に向かえまつなるさんのプロフィール

大海人皇子を含むトラコミュ

天武天皇
  • 天武天皇
  • 第40代天皇。国風諡号は天渟中原瀛真人天皇。即位前の名は大海人皇子。系図上では、舒明天皇の次男で母は宝皇女(皇極天皇)、天智天皇の同母弟となっている。『日本書紀』...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
壬申の乱
  • 壬申の乱
  • 壬申の乱は、672年(弘文元)に弘文天皇(大友皇子)と大海人皇子(天武天皇)の間で行われた内乱である。672年は干支で壬申にあたるためこれを壬申の乱と呼ぶ。
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

大海人皇子について