江戸時代中期

江戸時代中期についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [江戸時代中期] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

江戸時代中期を含むブログ記事

猪上勝也さん
  • 麻の着物
  • 今の季節は小千谷の麻が心地よいので重宝しております。それでも今年の暑さは格別に感じますね。 麻は生地に張りがありますので袖から風が抜けます。 琉球の芭蕉布も同様ですね。 すっかり夏物のような麻ですが江戸時代中期以降に木綿が普及するまでは庶民の着物は一年中麻が中心でした。 夏はよくても冬は寒かったでしょう。 快適な季節だけに着ることを「贅沢」というのでしょうね。 新しくなりました小平「染と呉服京や」のホーム...
  • 京やの覚え書き猪上勝也さんのプロフィール
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さん
  • 卯辰山公園花菖蒲園2018‐8(完)
  • 山公園内にある花菖蒲園は金沢400年を記念して昭和57年(1982)に造園された。花菖蒲は、日本古来の植物で古くから梅雨に咲く花として親しまれているもので年々品種改良が進められてきました。その系統には江戸時代中期から江戸を中心に改良されてきた品種群を江戸系、伊勢松坂地方で発達した品種を伊勢系、幕末のころ江戸の花菖蒲が熊本に運ばれて改良されたものを肥後系と呼んでいますが、今日各派系統間の交配を行い多種多様な花菖...
  • 植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さんのプロフィール
名言メモさん
  • 人を用ゆる道は、その長所を取りて短所はかまわぬことなり
  • まわぬことなり荻生徂徠の名言Wikipediaから荻生 徂徠(おぎゅう そらい、正仮名遣:をぎふそらい、寛文6年2月16日(1666年3月21日) - 享保13年1月19日(1728年2月28日)は、江戸時代中期の儒学者・思想家・文献学者である。名は双松(なべまつ)、字・実名は「茂卿」で、実名としては「しげのり」、字としては「もけい」と読む。通称は総右衛門。徂徠と号し(一説では「徂來」が正しいとする)、又蘐園...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
りせさん
  • 祇園祭2018 前祭宵々山(北部)
  • 、かって鉾のてっぺんを飾った三条小鍛冶宗近作の大長刀で、宗近が娘の病気平癒を祈願して八坂神社に奉納したものです。先日、現在の2代目の長刀の由来が判明しました。稚児が乗る唯一の鉾でもあります。山鉾巡行は江戸時代中期以降女人禁制が続いてきました。最近では少し緩和されました。宵山では長刀鉾と放下鉾以外の山鉾に女性が搭乗できます。ただし、山はもともと人が乗る構造でないものが多いのですが。7月14日〜16日の歩行者天国...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さん
  • 卯辰山公園花菖蒲園2018‐7
  • 山公園内にある花菖蒲園は金沢400年を記念して昭和57年(1982)に造園された。花菖蒲は、日本古来の植物で古くから梅雨に咲く花として親しまれているもので年々品種改良が進められてきました。その系統には江戸時代中期から江戸を中心に改良されてきた品種群を江戸系、伊勢松坂地方で発達した品種を伊勢系、幕末のころ江戸の花菖蒲が熊本に運ばれて改良されたものを肥後系と呼んでいますが、今日各派系統間の交配を行い多種多様な花菖...
  • 植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さんのプロフィール
819makerさん
  • 風鈴
  • 風鈴や昔名主の軒に鳴り 鉄、ガラス、陶磁器などおの小さな鐘形の鈴で、内部に舌があり、短冊などを吊り下げる。軒下や窓に吊るすと風に揺らいで涼し気な音色を響かせる。風鈴を連ねて町を回って売り歩く風鈴売りは...
  • 俳句の風景819makerさんのプロフィール
三日ボーズさん
  • 声明についてお勉強
  • ・・・の、すぐ前の「法蔵館」という出版社兼店舗にて、声明についてのお勉強会。西本願寺の声明とその変遷 ――『魚山余響』をめぐって――講師:藤波蓮凰(本願寺派僧侶、西六条魚山会)『魚山余響』というのは、江戸時代中期に西本願寺で御堂衆を務めた光隆寺「知影」(1763─1825)という僧が著した、魚山での見聞録ということらしい。「魚山(ぎょさん)」というのは、大原三千院がある一帯を言い、そもそも、三千院の「山号」で...
  • 倫敦巴里三日ボーズさんのプロフィール
花と風景さん
  • 大田原市黒羽田町の彫刻屋台
  • 田町の八雲神社(やぐもじんじゃ)の例大祭。午後5時より彫刻屋台が黒羽田町地区を引き回される予定である。黒羽田町の彫刻屋台は、昭和54年5月25日に大田原市の有形文化財(彫刻)に指定された。彫刻屋台は、江戸時代中期の作と推定される。*注* 大田原市のHPより抜粋相変わらずの一方通行的な更新で皆様方への御訪問が十分に果たせないかと思います御容赦下さいますよう宜しくお願い申し上げますこの記事に>Yahoo!サービス...
  • 花と風景花と風景さんのプロフィール
sugi/abikoさん
  • 佐原大祭 三百年伝統の山車 夏祭り
  • 川を挟んで本宿・八坂神社、秋祭りは新宿・諏訪神社 の祭礼です。江戸時代にすでに「見物の群集、人の山なし」と言われるほど賑わって、華麗な山車と 哀愁を帯びた佐原囃子が特徴です。佐原 小野川周辺の街並み 江戸時代中期に、初めて実測による 正確な日本地図 を作製した伊能忠敬旧宅も佐原夏祭りは、10台の山車が曳き廻され、各町の若連による手踊りの披露や、山車の曲曳きが披露されます。自慢の山車は、総欅造りの本体に関東彫り...
  • 写真で綴るすぎさんのブログsugi/abikoさんのプロフィール
自然を求めて近辺ぶらりさん
  • 長野県飯田市の「伊那谷道中・かぶちゃん村」を訪れました。
  • ぶちゃん村を訪れました。ここは地元伊那谷へのこだわりと昭和の懐かしさが蘇る、古き良き時代の伊那谷の様子を再現してあります。日帰り温泉水晶山温泉やキャンプ場も併設されています。長屋門中馬館「中馬」とは、江戸時代中期ごろから明治時代にかけて、伊那地方の農民によって行われた運送業の事を指します。中馬街道は三河湾で取れた塩などを信州へと運ぶ主要な道でした。中馬館内部村の街並みと建物水晶宮道祖神赤地蔵大平資料館中山道の...
  • 自然を求めて近辺ぶらり自然を求めて近辺ぶらりさんのプロフィール

江戸時代中期を含むトラコミュ

大和魂
  • 大和魂
  • 大和魂(やまと-だましい)は、外来の学問・知識を日本に採り入れる際に必要な判断力・能力、または情緒(もののあはれ)を理解する心などを指す用語・概念。右記に示すと...
  • トラックバック数:50 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:哲学・思想ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

江戸時代中期について