江戸時代中期

江戸時代中期についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [江戸時代中期] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

江戸時代中期を含むブログ記事

京一堂さん
  • 秋の特別公開、霊鑑寺の紅葉
  • 撮影するのには最悪のコンディションですが、何卒ご了承の程、お願い申し上げます(笑)。庭園は書院を中心として、「南庭」、「東庭」、「本堂前庭」の3つある。書院南面の前庭になる「南庭」は、石組に特徴のある江戸時代中期の池泉観賞式庭園になる。東山連峰の一つ、大文字山の西の稜線を借景として取り入れる等、かつて池には東より山水が引かれていたが、現在は涸れている。書院東に造られた「東庭」は、本堂に向かう崖地にあり、土留の...
  • 京都三昧、書き候京一堂さんのプロフィール
はるさん
  • 古渡稲荷神社(名古屋市中区)
  • 今回は愛知県名古屋市中区正木1丁目に鎮座します古渡稲荷神社です。江戸時代中期の正徳3年(1713)尾張藩第4代藩主の徳川吉通が、丹羽郡石枕村(江南市石枕)からこの地に奉遷したそうです。境内入口由緒尾張徳川家の方も祀られています。手水舎秋葉神社、山王神社、五條天神社社務所本殿拝...
  • 神社へヨーソローはるさんのプロフィール
zaucatsさん
  • 京都観光「霊鑑寺の紅葉」Autumn leaves of Reikanji Temple in Kyoto
  • シーズンやや早めの訪問ですが紅葉の進み具合はどうでしょうか。奥に真っ赤な紅葉が見えていますので大丈夫かな。中門手前の「大玄関」上がり口に飾られた生花はユニークですね。「書院」の脇を奥に進みます。正面は江戸時代中期に作庭されたという「南庭」です。一段高いところの紅葉が紅い。本堂は高いところにあり、お堂のように見えます。順路に従って階段を上がります。本堂から、更に一段高いところの紅葉を眺めました。本堂には菊の御紋...
  • 京都日めくり・絶景ウェブログzaucatsさんのプロフィール
紳士さん
気ままな日記だよ?さん
  • 飲み会
  • 乾杯熱々の野菜鍋今日は何の日? 正月事始め・煤払い・松迎え(12月13日記念日)年神様を迎える準備を始める日。昔はこの日に門松やお雑煮を炊くための薪など、お正月に必要な木を山へ取りに行く習慣があった。江戸時代中期まで使われていた宣明暦では旧暦12月13日の二十七宿は必ず「鬼き」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年神様を迎えるのに良いとして、この日が選ばれた。その後の改暦で日...
  • 気ままな日記だよ?気ままな日記だよ?さんのプロフィール
ぷるぷるともこさん
  • 正月事始め,煤払い,松迎え
  • 今日は年神様を迎える準備を始める、正月事始め,煤払い,松迎えだそうです。 昔はこの日に、門松やお雑煮を炊くための薪等、お正月に必要な木を山へ取りに行った。 江戸時代中期まで使われていた宣明暦では、旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年神様を向かえるのに良いとして、この日が選ばれた。その後の暦で...
  • とものブログぷるぷるともこさんのプロフィール
ラッキーあぐらさん
  • 双子の日
  • 卵性と二卵性がありますが、一卵性の方がよく似ています。・正月事始め,煤払い,松迎え年神様を迎える準備を始めます。むかしはこの日に、門松やお雑煮を炊くための薪等、お正月に必要な木を山へ取りに行きました。江戸時代中期まで使われていた宣明暦では、旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年神様を向かえるのに良いとして、この日が選ばれました。その後の...
  • ラッキーあぐらラッキーあぐらさんのプロフィール
花道さん
  • 12月13日の誕生花・ピンクッション
  • ど咲き続ます。ドライフラワーとしても楽しめる花です。12月13日。本日に「正月事始め,煤払い,松迎え」として、昔はこの日に、門松やお雑煮を炊くため の薪等、お正月に必要な木を山へ取りに行ったそうです。江戸時代中期まで使われていた宣明暦によると、旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年 神様を向かえるのに良いとして、この日が選ばれていたよう...
  • 花道[FLOWERING-WAY]花道さんのプロフィール
masanori819さん
  • 2018.12.13一日一季語  煤払(すすはらい《すすはらひ》) 【冬―生活―仲冬】
  • 13日、江戸の町中が大掃除という日であった。 【今日は何の日】正月事始め,煤払い,松迎え年神様を迎える準備を始める。昔はこの日に、門松やお雑煮を炊くための薪等、お正月に必要な木を山へ取りに行った。江戸時代中期まで使われていた宣明暦では、旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年神様を向かえるのに良いとして、この日が選ばれた。その後の暦で...
  • 一日一季語masanori819さんのプロフィール
んぬさん
  • 47都道府県制覇を目指す女の旅行記〜1人旅・岐阜&石川&福島&滋賀編?
  • で、わたしは行きも帰りも歩きました。水面に映る逆さ三角屋根。白川郷名物・どぶろく風ソフト。白川郷はどぶろく(米・米麹・水を発酵させ、もろみをこさずに作るお酒)が有名みたいです。国指定重要文化財・和田家江戸時代中期に建てられた和田家。300年以上の歴史を誇る白川郷最大規模の合掌造りの民家です。白川バスターミナルから徒歩4分ほどなので、バスに乗り込む前に見学しました。入館料は300円。部屋の一角にある囲炉裏。和田...
  • んぬりずむんぬさんのプロフィール

江戸時代中期を含むトラコミュ

大和魂
  • 大和魂
  • 大和魂(やまと-だましい)は、外来の学問・知識を日本に採り入れる際に必要な判断力・能力、または情緒(もののあはれ)を理解する心などを指す用語・概念。右記に示すと...
  • トラックバック数:50 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:哲学・思想ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

江戸時代中期について