歴史画

歴史画についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [歴史画] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

歴史画を含むブログ記事

アートテラー・とに〜さん
  • 生誕135年 石井林響展−千葉に出づる風雲児−
  • す。この絵を描いた時、石井林響はまだわずか21歳。恐ろしい新人が現れたものだと、美術界に激震が走ったのも納得です。そんな 《童女の姿となりて》 を筆頭に、若き日の林響 (当時の画号は、「天風」) は、歴史画や伝統的な画題を多く描いています。ただし、作風は古典的なのに、顔立ちは個性的。若くしてオリジナリティを発揮しているのが、なんとも印象的でした。大正時代に突入し、名を 「林響」 に改めると、画風は一変。...
  • アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
frozenroseさん
  • 京都、名残の紅葉1
  • した。繊細で装飾的で、日本人の心を最後まで失わなかった人ではなかったでしょうか。戦争に協力したと言われて故国を離れるのですが、戦争画も戦意高揚というよりは、戦場の阿鼻叫喚を詳細に描いて、ルーブルにある歴史画みたいなのを目指したのではないかと私は思います。晩年は浪曲のレコードなど聞いていたそうで、その心を思うと胸が痛いです。美術展は16日まで。皆様もぜひどうぞ。続いて下賀茂神社至近、糺の森の中の三井家別邸...
  • ブログfrozenroseさんのプロフィール
日向亮司さん
  • 紅葉かつ散る
  • 紅葉かつ散れり西洋美術館Wikipediaでルーベンス(1577〜1640)を調べてみるとカタカナ文字が多くて読みづらい。しかも長い。「祭壇画、肖像画、風景画、神話画、寓意画、歴史画と様々なジャンルの作品を残した」とあり、最後のカテゴリには「フランドルの画家、17世紀の画家、宮廷画家、美術品収集家、ジーゲン出身の人物、ドイツの外交官、ベルギーの外交官」と書かれている。画家としては...
  • ひこばえ日向亮司さんのプロフィール
ほしのきらり。さん
verdeさん
  • 一日一枚フェルメール5 <聖プラクセディス>
  • だろう。 やはり、最初は宗教画や神話画を手掛ける画家として、立っていきたいと思っていたから、だろうか?  西洋絵画のジャンルにはヒエラルキーが存在する。 一番上が神話や聖書のエピソードに基づいた物語・歴史画。描くには、神話や聖書、歴史的要素などについてよく知っている必要があり、画家の地位や教養を保証してくれるジャンルでもあった。 その次に肖像画、そして風俗画。 人間が登場しない風景画や静物画は下の方に押...
  • 徒然我楽多箱verdeさんのプロフィール

歴史画を含むブログ村メンバー

  •  
gazourekisiさん
  • 画像歴史gazourekisiさんのプロフィール
  • 画像の歴史

にほんブログ村

>

キーワード

>

歴史画について