家臣

家臣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [家臣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

家臣を含むブログ記事

小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将さん
  • 甦る明石全登【出陣2/12】
  • 幸せと誰かが言っていた。秀家がとても嬉しそうだった。明石殿は秀家の従兄弟にあたる。明石殿のお父上がうちの山口玄蕃と関わりがあるのだがそこは置いておこう。関ケ原の前年、宇喜多家はお家騒動があり、何人もの家臣が出て行った。その穴を埋めようと明石殿は懸命に働いた。関ケ原では激怒してボクに突撃しようとした秀家を諌め逃がしたらしい。一昨年の大河どらま真田丸でも出ていたから知っている者も多いかな。大坂の陣にも参戦...
  • 小早川秀秋 平成古戦場日記小早川秀秋@関ケ原おもてなし野良武将さんのプロフィール
シロさん
佐近下野守さん
  • 児玉就兼
  • 移り、武蔵児玉郡池屋の本領とともに、安芸加茂郡高屋荘、同豊田郡上・下竹仁村などの地頭職となり、一族が安芸に土着して小領主となっていった。その後、毛利氏に服属した児玉氏は、毛利氏の有力御家人となり、譜代家臣として活躍するのである。就兼は児玉氏嫡流で、児玉元実の嫡男として生まれ、就忠や就方の兄である。毛利興元、幸松丸、元就の三代に仕えた。永正四年(1507)、安芸高田原の戦いにて戦功を挙げ、毛利興元から感...
  • 毛利元就家臣団列伝佐近下野守さんのプロフィール
どんぐり70さん
  • 梅の好きな殿様
  • 梅の花の好きな殿様がおりました。殿様は、毎年梅の咲く時期には奥方と一緒に梅をみて楽しんでいました。その仲睦まじい様子を家臣は暖かく見守っていたのです。でも、ひとつだけ心配だったのは、奥方様はおからだが弱かったのです。今年も殿のお誘いでお城でお二人、梅をめでていたのです「梅の花はきれいだのう、こうしてお前と二人で見るのが一...
  • 70歳の脇見運転どんぐり70さんのプロフィール
数寄でやってますさん
  • 千家十職はいつから家業をしているのか
  • 軒の号は有名ですね。ちなみに岸一閑という初代の娘の家系で一閑張をやっている家もありました。底に大きく「岸」って書いてあるので見るとすぐにわかります。奥村家表具師の奥村家の先祖は元々近江の武士で浅井家の家臣だったようです。初代が武士をやめ京都で表具師を始めたのが1654(承応三)年ということですから、江戸前期から表具師をしているんですね。覚々斎のころには紀州徳川家の御用を受けていたそうです。土田家袋師の...
  • 茶の湯いろは数寄でやってますさんのプロフィール
知りたい宮島さん
  • 知りたい宮島15
  • 撃滅出来ると思ったのは確実である前方の海上に気を取られていた陶軍は大混乱に陥り、前方に遊弋(ゆうよく)していた、小早川勢も上陸してきた、又 巧みな時間差攻撃となった。未明、包が浦に上陸する村上水軍毛利家臣、浦兵部丞宗勝が、水軍の元に駆けつけ先陣を努めることを願い出、能島村上通康が快諾するこの時、敵をけん制する為「射手」を200名乗船さす陶軍が「鉄砲隊」を持っていた、・・・・・6丁10月4日 戦闘は終結...
  • 知りたい宮島知りたい宮島さんのプロフィール
真宮寺八雲さん
  • 特化を目指して 弐 「久しぶりの再会」
  • 笑い、「私は桜花の城主補佐役を務めておる者です。お二人を心から歓迎いたします。ようこそ、いらっしゃいました」と、歓迎の言葉を述べる。薬師も柔らかに微笑むと、会釈して挨拶をする。「これはご丁寧に〜。私は家臣訓練所より参りました、登美谷あかり、と申します〜。そして、こちらが…あら〜?あすかちゃん?お〜い、あすかちゃ〜ん?」あかりは、侍へと呼びかける。あすかと呼ばれた侍は、先ほどとは違い、惚けた表情を見せ、...
  • 戦国の世は御伽草子の如く真宮寺八雲さんのプロフィール
むぎさん
  • 五料茶屋本陣【お西】(群馬県)
  • ち、西方に位置するのが「お西」と呼ばれる建物です。茶屋本陣の門雪が積もったあとに、とても良い天気だったので屋根から溶けた雪が落ちて来て中島家は両家とも同じ祖先で、諏訪但馬守が松井田西城に城を構えた時の家臣で中島伊豆直賢と伝えられています。「お西」の外観は、白壁造りの屋敷構えをしているのが特徴です。馬屋入ってすぐの右側の馬屋には多くの展示物があります。風呂場入ってすぐの左側にお風呂があります。玄関先にお...
  • むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
kiiさん
  • 東京都千代田区 江戸城本丸(皇居東御苑)
  • の丸尚蔵館」を過ぎると大きな門跡の石垣が現れました。「大手三之門跡」。大手門よりここまでが三ノ丸。ここを過ぎれば二ノ丸です。御三家以外の大名は、ここから駕籠を降りなければなりませんでした。大名の多くの家臣らも、この手前(下馬先)で待つ事になるのですが、他の大名家臣との情報交換も行われたようで、「下馬評」という言葉が生まれたともいわれています。「同心番所」。大手三之門を警護する同心や与力の詰所。二ノ丸に...
  • 試撃行kiiさんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 島津 忠良 辞世の句 (戦国 島津家中興の祖)
  • )島津 義久 辞世の句 (戦国武将 島津氏第16代当主)龍造寺 隆信 最期の言葉 (戦国大名 肥前の熊)波多野 秀治 辞世の句 (戦国大名 波多野氏最後の当主)大道寺 政繁 辞世の句 (戦国 北条氏の家臣)親鸞 第5巻 読みました佐久間 盛政 辞世の句 修正版(戦国武将 織田氏 家臣)別所 友之・妻・治忠 辞世の句 (戦国武将別所氏の家臣)吉弘 統幸 辞世の句 (戦国 大友氏の家臣)佐々成政 辞世の句...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール

家臣を含むトラコミュ

石田三成
  • 石田三成
  • 戦国武将永禄3年(1560年)に石田村生まれ秀吉に見出されて,家臣となる.佐和山城主,五奉行の一人.治部少輔秀吉のもとで出世し,有能な官僚として活躍するも加藤清正,...
  • トラックバック数:142 TB参加メンバー数:31人カテゴリー:歴史ブログ
片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ
上杉景勝
  • 上杉景勝
  • 長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさ...
  • トラックバック数:399 TB参加メンバー数:17人カテゴリー:歴史ブログ
前田利家
  • 前田利家
  • 加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利...
  • トラックバック数:23 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
高遠
  • 高遠
  • 高遠町は、長野県中部の上伊那郡に属した町。サクラの名所として、全国的に有名。高遠藩の城下町であった。平成18年 伊那市、長谷村と合併し、新・伊那市として発足。現在...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

家臣を含むブログ村メンバー

  •  
末永能登守14611514さん
佐近下野守さん
ももまるさん
  • 光秀と信長ももまるさんのプロフィール
  • 戦国を駆け抜け、やがて運命の本能寺に至る光秀と信長の史跡・事跡紹介、コラムなど。
池田勝正さん
やすさん

家臣を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • くりと通り過ぎている。それに、信長が光秀と家康討ち取りの密談があったという話もあるという。それと明智家臣団の記録の中で本能寺突入まで家康を討ち取るものと思っていたという記録が残っているそうな。ここに光秀の...