アーリア

アーリアについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アーリア] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アーリアを含むブログ記事

内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • 激動の時代を経て生まれたブッダの基本思想(その1) ―ブッダのルーツの真実―  
  • ツとされる城址が。(背景:シッダールタ王子の青年期のルーツブッダが属するシャキア(釈迦)族は、北西インドを中心に勢力を広げていたコーサラ族の流れを汲んでいる。インド北西地域には、紀元前2000年頃からアーリア人がイラン高原を経由して長い年月を掛けて流入し、人口圧力の中で先住民との抗争を続けながら南東方向に浸透した。そして紀元前10世紀頃から先住民のトラヴィダ族等との融合が始まるが、アーリアンの支配と種族の...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • 激動の時代を経て生まれたブッダの基本思想(その1) ―ブッダのルーツの真実―  
  • ツとされる城址が。(背景:シッダールタ王子の青年期のルーツブッダが属するシャキア(釈迦)族は、北西インドを中心に勢力を広げていたコーサラ族の流れを汲んでいる。インド北西地域には、紀元前2000年頃からアーリア人がイラン高原を経由して長い年月を掛けて流入し、人口圧力の中で先住民との抗争を続けながら南東方向に浸透した。そして紀元前10世紀頃から先住民のトラヴィダ族等との融合が始まるが、アーリアンの支配と種族の...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • 激動の時代を経て生まれたブッダの基本思想(その1) ―ブッダのルーツの真実―   
  • ツとされる城址が。(背景:シッダールタ王子の青年期のルーツブッダが属するシャキア(釈迦)族は、北西インドを中心に勢力を広げていたコーサラ族の流れを汲んでいる。インド北西地域には、紀元前2000年頃からアーリア人がイラン高原を経由して長い年月を掛けて流入し、人口圧力の中で先住民との抗争を続けながら南東方向に浸透した。そして紀元前10世紀頃から先住民のトラヴィダ族等との融合が始まるが、アーリアンの支配と種族の...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール
内外政策評論  TheOpinion on Global & さん
  • 激動の時代を経て生まれたブッダの基本思想(その1)―ブッダのルーツの真実―     
  • ツとされる城址が。(背景:シッダールタ王子の青年期のルーツブッダが属するシャキア(釈迦)族は、北西インドを中心に勢力を広げていたコーサラ族の流れを汲んでいる。インド北西地域には、紀元前2000年頃からアーリア人がイラン高原を経由して長い年月を掛けて流入し、人口圧力の中で先住民との抗争を続けながら南東方向に浸透した。そして紀元前10世紀頃から先住民のトラヴィダ族等との融合が始まるが、アーリアンの支配と種族の...
  • 内外政策評論 TheOpinion on Global & 内外政策評論  TheOpinion on Global & さんのプロフィール
keitori01さん
ぴょん太郎アスリートさん
  • イランの旅その4ペルセポリス編
  • 説明。ペルシャ帝国という呼び名は、聞いた事があると思う。ギリシャとの戦争などで有名だ。このペルシャ帝国の始まりはアケメネス朝で、紀元前550年にメディアという先住民を打ち倒して王国を作った。イラン人はアーリア系の民族でこのときに現在のイランの南方に移住した。ジグラットなどメソポタミア文明を担った民族とは違うそうだ。現在のイラン歴史の原点はここを起点としている。最初の王の名前をキュロス大王といいう。この後、...
  • ぴょん太郎アスリートぴょん太郎アスリートさんのプロフィール
たっちゃんさん
  • 天照大神は純粋に卑弥呼じゃない 複数の時代の神と人を重ねた存在な理由
  • 纂・文書化された数多くあるヴェーダ聖典群のうちのひとつで、最も古いといわれている。伝統的なヒンドゥー教の立場ではリシ(聖者・聖仙)たちによって感得されたものとされる。中央アジアの遊牧民であったインド・アーリア人がインドに侵入した紀元前18世紀ころにまで遡る歌詠を含む。紀元前12世紀ころ、現在の形に編纂された[3]。リグ・ヴェーダ - Wikipedia?ミトラ  太陽神 契約の神  - mi - tra?...
  • たっちゃんの古代史とかたっちゃんさんのプロフィール
東アジア歴史文化研究会さん
  • 日米、文在寅の北朝鮮傾斜にクギ
  • の開催中、アドルフ・ヒトラーはその人種差別主義、軍国主義の特性を隠蔽し、大半の観光客や報道陣はナチス政権が反ユダヤ人の看板を一時的に除去したことに気づかずにいた。ところがその本質は「優秀なドイツ市民がアーリア人文化の正当な継承者である」というナチスの人種的神話を推進するものであった。そのヒトラーの「わが闘争」を愛読して幹部に配った金正恩が、国内で確立した全体主義的な統治の輪を、朝鮮半島全体に広げる野望を持...
  • 東アジア歴史文化研究会東アジア歴史文化研究会さんのプロフィール
奏音〜kanade〜さん
  • ピアノ演奏♪自作曲第二弾『月』
  • 81位↑読者になるAD最新の記事篠笛&ピアノ合奏♪自作曲『桜御前』(仮)ピアノ演奏♪自作曲第二弾『月』ピアノ演奏♪自作曲第一弾『翼』2017.11.23 篠笛教室発表会in奈良町2017.11.17 アーリアスタジオ晩秋の宴 『お祭りマンボ』セッション♪一覧を見る最近のコメントRe:無題Re:無題無題無題テーマブログ ( 20 )篠笛練習 ( 15 )篠笛お稽古 ( 3 )篠笛レッスン ( 1 )篠笛あれ...
  • ぴぃひゃらな日日♪奏音〜kanade〜さんのプロフィール

アーリアを含むブログ村メンバー

  •  
アーリアン慧さん
サムさん
  • 犬とでんでんむしサムさんのプロフィール
  • ナッツのキャンピングカー、マッシュでアイリッシュセターとサルーキ×2を引き連れ、各地を彷徨ってます。
アーリアさん
  • アーリアの日記アーリアさんのプロフィール
  • 社会、ニュースに思うことや、好きなことを書いていきます
アーリア人さん
楽さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

アーリアについて