国立がん研究センター

国立がん研究センターについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [国立がん研究センター] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

国立がん研究センターを含むブログ記事

バイオ太郎さん
  • 使い切れない抗がん剤、国内で年間730億円分を廃棄
  • 円分を廃棄2017年11月24日 |NEWSクリッピング 国内で使い切れずに捨てられている抗がん剤が、年間738億円に上るとの推計結果がまとまったことが分かりました。 慶応大学大学院の岩本隆特任教授は国立がん研究センターなどと協力し、去年7月から今年6月までに販売された抗がん剤について、全国でどれくらい廃棄されているか分析を行いました。 NHK ニュース.,2017年11/24(金)ジャンル:ウェブログコメントTwe...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール
takuyainoueさん
  • “膨大な医療画像”に向き合う医師をITで支援、東大発エルピクセルがAI活用の診断支援システム発表
  • 国で5500人ほど。これは割合にすると医師全体の2%にも満たない人数だという。この限られた人数で増加し続けるデータ量に対応する必要があり、業務負担の増加が問題視されている状況だ。これまでエルピクセルは国立がん研究センターなど複数の医療機関と連携し、AIを活用した医療画像診断を支援するシステムの研究開発を進めてきた。現在EIRLを活用して脳MRIや胸部X線、乳腺MRI、体調内視鏡、病理といった画像診断支援技術に取り組ん...
  • SEO-LPO.nettakuyainoueさんのプロフィール
doctorさん
  • 放射線治療の名医・専門医35名
  • 消化器系のがん治療が専門でエビデンスに基づいた標準治療を行っている名医です。埼玉県 山下孝癌研有明病院高度ながん治療を受けられる名医として有名で病状に合わせた最適な治療を提案しています。東京都 伊丹純国立がん研究センター放射線治療科小線源治療、悪性リンパ腫の放射線治療が専門領域の名医です。東京都 萬篤憲国立病院機構東京医療センター放射線科放射線治療・臨床腫瘍学・小線源治療・緩和医療など、幅広い領域をサポートしていて、...
  • 全国の名医・専門医まとめdoctorさんのプロフィール
5D(ごでぃー)さん
  • 最新癌検査 13種類を早期発見
  • , 300px" data-recalc-dims="1" />「 私達の研究は、薬の開発に、革命を起こすと信じてい ます。まさにインターネットと同じように、新たな時代 を、切り開きますよ。 」16 国立がん研究センター" data-medium-file="https://i1.wp.com/godaiseitai.com/wp-content/uploads/2017/11/ae7cc1d9b0e98447760...
  • 二宮式 ごだい整体指導室5D(ごでぃー)さんのプロフィール
jacktheripper25さん
  • 【医療】使い切れず廃棄の抗がん剤、年間730億円余 専門家調査
  • いう専門家の推計がまとまりました。 厚生労働省は、医療費の削減に向けて、使い切れなかった分を別の患者に投与するための安全基準を今年度中に取りまとめる方針です。 慶応大学大学院の岩本隆特任教授は、国立がん研究センター中央病院の協力を得て、 患者に投与された後、使い切れずに廃棄された抗がん剤が、金額に換算してどの程度の規模になるのかを、去年7月からことし6月までに販売された100種類の抗がん剤の廃棄率などのデータ...
  • ぎぎぎ速報jacktheripper25さんのプロフィール
あみちゃんさん
  • 東京お茶会のお知らせ
  • http://group-nexus.jp/nexus/?p=3490他の注意事項もリンク先に書いてありますので参考にしてください。日時:2017年12月2日(土) 14:00〜16:00 集合場所:国立がん研究センター中央病院 19Fロビー 会費:500円(レストランでのドリンクバー料金を含む。ネクサス会員は400円)【会場案内】国立がん研究センター中央病院 〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1土曜日で診...
  • リンパ腫寛解後の様子と、犬、エビのお話あみちゃんさんのプロフィール
愛妻家さん
  • 75歳以上ではガンが見つかっても治療しないケースが多い
  • 子標的薬といった最新の薬は、“ガン細胞だけを攻撃する”という触れ込みですが、実際に処方してみると医師の想像以上に患者は副作用に苦しめられる。抗ガン剤の服用を中断することで余命が延びたという報告がある。国立がん研究センターが2007年から2008年に中央病院を受診した末期ガン患者の登録データを解析したところ、75歳未満の患者は抗ガン剤を使用したほうが、未使用の患者より明らかに生存期間が長く、抗ガン剤の効果が証明された。...
  • 本当に健康になれるの?コウケントーの光線療法愛妻家さんのプロフィール
京橋拝志朗さん
  • 放射性ヨウ素が検出された群馬県産ホウレンソウを食べていた理由
  • 。   0.5×0.00006=0.00003つまり、普通の人(このホウレンソウを食べなかった人)よりも、がんになるリスクは1. 00003倍だということです。ほとんど変わらないんじゃないでしょうか。国立がん研究センター・がん対策情報センターのHPに掲載されている資料 「日本における喫煙とがん死亡についての相対リスク」を見てください。たばこを吸ったことによる「全がん(がんの種類を問わない)」リスクは、男性が2倍、女性...
  • ∂世界/∂x = 感動京橋拝志朗さんのプロフィール
糖尿妻さん
  • 予備群だって危ない…高血糖を放置するとがんを招く、間違いなく生活習慣病になる
  • bA1cが「6・5%以上」、空腹時血糖値が「126?/デシリットル以上」に当てはまると診断され、予備群はHbA1c「6・0〜6・4%」、空腹時血糖値「110〜125?/デシリットル」の人が該当する。 国立がん研究センターの研究では、HbA1c値6・0〜6・4%の予備群は、すべてのがんで1・28倍リスクが上昇すると報告されている。また、国立国際医療研究センターによると、糖尿病の手前の高インスリン血症の人は、そうでない人...
  • 糖尿病の妻を支える夫のアドバイス糖尿妻さんのプロフィール
kzunoguchiさん
  • 重い病気と診断… 治療と仕事の両立、あきらめないで 職場・同僚に まずは相談
  • がん剤治療を続けながら週3日ほどのシフト勤務ができる非正規雇用で再入社。出勤しない日は治療とサイト運営の活動に打ち込んでいる。◇◇◇■復帰支える外部制度 全国の労災病院で支援 働き盛りでの発症も多く 国立がん研究センターの調査によると、がん患者の約3割は15歳以上65歳未満の「生産年齢」で診断されている。ほかの疾患を含めて働き盛りで重い病気を発症する人は多い。患者の相談に立ち会う東京労災病院の両立支援コーディネーター...
  • コモディティトレーダーの投資ノウハウ公開してます!kzunoguchiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

国立がん研究センターについて