解体新書

解体新書についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [解体新書] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

解体新書を含むブログ記事

赤伊 陽炎さん
  • 「日本人のおなまえ」
  • の解剖図には首から上は図に残っていなかった。吉宗の時代にようやく頭の解剖図が始まり、蘭方医が描いた頭の解剖図があり、脳などの炎症もわかるようになる。卒中風脳卒中になったと言われている。明治時代に入り「解体新書」が出回り体全体の部位の名称がわかるようになる。お駒風(インフルエンザ)これは・・・?江戸中期に多くの人が亡くなった。なぜこの名前になったのか・・・その頃浄瑠璃が流行って、流行にちなんで病名をつけてし...
  • 陽炎日記赤伊 陽炎さんのプロフィール
キラキラ輝け上り坂46さん
キラキラ輝け上り坂46さん
キラキラ輝け上り坂46さん
Bigbossmanさん
  • 江戸の隠居パワー
  • の葛飾北斎は90歳まで生きて亡くなりましたが、最後の言葉が「あと5年生きられたら、真の画工になれたのに」だったそうです。伊能忠敬 この他、長生きした人では、読本作家の滝沢馬琴が82歳、医師・蘭学者で『解体新書』を翻訳して名を上げた杉田玄白が85歳、『養生訓』で有名な儒学者の貝原益軒も85歳。益軒なんかは、今で言う健康法の元祖みたいな人ですが、自分が書いた「腹八分目」などの訓戒をしっかり守っていたんでしょう...
  • 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
乃木仮めんばーさん
雑誌付録さん
だまけんさん
  • 鎌ケ谷八幡神社と鎌ヶ谷大仏 千葉県鎌ケ谷市
  • 。 印象的だったのは整然と並ぶ庚申塔です。 鎌ヶ谷大仏はこの神社の斜め前にあります。  高さは台座を含めて2.30m。大仏と称される仏像では日本最小らしいです。 1776年(その2年前に杉田玄白らが『解体新書』を刊行)に建立されましたが、太平洋戦争中の金属供出も拒否して守られた地域住民のシンボルです。だからネットで茶化し気味に紹介されることがありますが慎みたいものです。 今回は鎌ヶ谷市の名所を紹介しました...
  • だまけん文化センターだまけんさんのプロフィール
サイコマカーさん
  • バイブル残り
  • 【はぐれMac Fan改造派】と【DOPING MAC(旧型Macスーパー改造術)】に続き、【ハードウェア解体新書】もありました。...
  • サイコマック(psychomac)サイコマカーさんのプロフィール
ゆあさん

解体新書を含むトラコミュ

原発と原爆の解体方法〜核なき世界
  • 原発と原爆の解体方法〜核なき世界
  • 原発反対なら原爆反対安全で安心な社会を原発=原爆は世界から解体する核なき世界を・・・バラクオバマ原子爆弾解体新書=ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・...
  • トラックバック数:40 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:環境ブログ

解体新書を含むブログ村メンバー

  •  
黒柴マロさん
調査団さん
八兵衛さん
みとっぽさん
KENさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

解体新書について