竹内栖鳳

竹内栖鳳についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [竹内栖鳳] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

竹内栖鳳を含むブログ記事

アートテラー・とに〜さん
  • 【特別展】皇室ゆかりの美術―宮殿を彩った日本画家―
  • 起を担いだのだそうです。 東山魁夷の気配りもまた素晴らしい。さてさて、展覧会には、他にも皇室にゆかりのある制度で、“人間国宝の前身” とされる帝室技芸員に任命された作家たちの名品も紹介されていました。竹内栖鳳や横山大観といった日本画家の作品は当然ながら、柴田是真や並河靖之といった帝室技芸員の工芸作家の作品や、黒田清輝や安井曾太郎といった帝室技芸員の洋画家の作品も出展されています。工芸作品や洋画は、普段あま...
  • アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
masanori819さん
  • 2018.11.21 一日一季語 枯芒(かれすすき)【冬―植物―三冬】
  •       大谷句佛 浄土真宗の僧・俳人。東本願寺二十三世。京都生。二十二世光瑩(現如上人)の次男。諱は光演、法名は釈彰如、句仏は俳号。幼年から諸流の書道を学び、杉山三郊に師事する。絵画は幸野楳嶺・竹内栖鳳について一家を成し、俳句は河東碧梧桐につく。著書も多い。昭和18年(1943)寂、68才。 【傍題季語】枯薄(かれすすき) 冬芒(ふゆすすき) 枯尾花(かれおばな《かれをばな》) 【季語の説明...
  • 一日一季語masanori819さんのプロフィール
うまりーのさんさん
  • 興福寺の五重塔を見ながら奈良ホテルでランチ
  • ぜひ近くでご覧になっていただきたいと思います。 こちらは川合玉堂の扇面。写真撮影も自由というのもいいですね。でも誰一人そばで鑑賞している人は見かけませんでした。 そして関西の日本画壇の代表者の一人竹内栖鳳。額面に硝子がはめられているので写真撮影は光が反射して見づらいですが日本画壇の巨匠三人の直筆画を鑑賞できるレストランというのもなかなかないと思います。 それではランチをいただきましょう。オードブルは...
  • うまりーのさんのグルメ旅散歩うまりーのさんさんのプロフィール
話の散歩道さん
  • 山陰の旅(その1)
  • 熱を生き生きと伝える5万坪の日本庭園、枯山水庭、白砂青松庭、苔庭、池庭・・・と、歩を進めるたびに眼前に広がる閑雅な風情は館内の日本画と相まって訪れる人の心を静かに癒します。館内には、横山大観をはじめ、竹内栖鳳、河合玉堂、上村松園、橋本関雪、榊原紫峰など、日本近代画壇の巨匠たちの作品1500点を所蔵しており、庭園の四季に合わせて年4回、展示替えを行い、特別展を開催し、今は横山大観の紅葉の屏風絵がお薦めとのこ...
  • 話の散歩道話の散歩道さんのプロフィール
♪SoRaRa♪さん
  • カフェはしごになっちゃった
  • ましたシナモン苦手なんですが これは大丈夫だった看板猫ちゃん地域猫らしいですいつも3時〜4時ごろ ご飯をもらいに来てちゃんと お店に入ってはいけないってわかってるそうですこの子私の大好きな日本画家の 竹内栖鳳の絵のモデル猫に似てる...
  • 見上げれば空ガール(空がある)の日常♪SoRaRa♪さんのプロフィール
べんちゃんさん
  • 嵐山に新施設「文華館」オープン!
  • シーズンに入る11月1日から開業し、嵐山をテーマにした記念企画展も始まります。企画展示室では、改装を記念した企画展「いまもむかしも 胸きゅん!嵐山」を来年1月27日まで開催。嵐山にちなんだ作品を中心に竹内栖鳳、与謝蕪村、冨田渓仙などの未公開作品も含む日本画53点が展示されます。開館時間午前10時〜午後5時。休館日は火曜(祝日の場合は翌平日)と年末年始になります。べんちゃんと百人一首との関係ですが、思い起こ...
  • べんちゃんブログべんちゃんさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

竹内栖鳳について