徳寿宮

徳寿宮についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [徳寿宮] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

徳寿宮を含むブログ記事

nekkoさん
  • 子連れミュージアム @ ソウル市立美術館/SeMA「ソウル・メディアシティ・ビエンナーレ」
  • おっと不在の週末。第二弾。たまにはかあちゃんの趣味に付き合ってもらおうと、遠足がてら?バスに乗って美術館に行ってきました。ソウル市立美術館、徳寿宮のすぐ隣にあります。秋色に染まった石垣道「トルダムキル」を通っていきます!みーんな写真撮ってました◎こんなマーケットが出ていて、美術館までの道も飽きずに歩けました。韓国の試食文化&子ども大好き文化のお...
  • 新米かあちゃん、ソウルをゆくnekkoさんのプロフィール
ヒロブーさん
  • 朝鮮の女子教育の発展に貢献した日本女性、淵沢能恵
  • の誕生日である「天長節」を朝鮮人学生にも祝うように強制しました。 この式典に、3年生16人はあえて学校を休んで参加を拒否しました。 李氏朝鮮国王であり、大韓帝国初代皇帝となり、併合後は日帝の王族として徳寿宮李太王となった高宗が、大正8年(1919年)1月21日、死去。 淑明の生徒たちは、教師の目を盗んで、学年単位で学校から抜け出 して、葬儀の列に参加しました。 大正8年(1919年)2月8日、在日留学生...
  • ビロビロブーのブログヒロブーさんのプロフィール
ナビコリアさん
  • シンサ駅から景福宮(キョンボックン)までの行き方&その周辺のご紹介♪
  • は伝統工芸品や伝統茶屋が集まり、一歩路地に入ると昔ながらの韓屋を利用した韓定食店やマッコリが飲める居酒屋があります。 もっと詳しい情報は下記のコネストのリンクをたどってください!仁寺洞・鍾路 4.徳寿宮(トクスグン) 元々は朝鮮時代の王族が住んでいた邸宅でしたが、朝鮮時代中期に臨時に王の居所がここに移されて、宮殿としての性格を持つようになりました。建物のほとんどは伝統的な韓国の様式ではなく、西洋の建...
  • 韓国美容整形無料サポートナビコリア(15泊無料)ナビコリアさんのプロフィール
わかめさん
  • 徳寿宮
  • 最終日1泊2日なんてあっという間に過ぎ去ってしまいます空港へ行く前に徳寿宮へお目当ては、徳寿宮横の石畳の紅葉ですなので、徳寿宮の真横に出てきましたこの通りは、車がすごく通りますただ、一方通行だったようで、徳寿宮の横を通って向こうへ行く車ばかりが走っていました紅葉はキレイだっ...
  • イェソンペンですがなにか?わかめさんのプロフィール
貞洞劇場さん
  • 11月&12月のコネスト、ソウルナビ特別プラン♪
  • ランをご用意今日はそのプランをご紹介します まずはコネストの特別プラン 1:秋の座席アップグレードキャンペーン。約40%割引のチケットをご用意しています。(11月30日公演基準。11月いっぱい) 2:徳寿宮入場券付きパッケージ。秋の美しい時期の徳寿宮入場券と公演チケットのプランで最大37%割引チケットになります。(11月30日公演基準。11月いっぱい) 3:グッバイ??宮:張緑水ストーリー。12月11日...
  • 韓国貞洞劇場公式ブログ貞洞劇場さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

徳寿宮について