租界

租界についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [租界] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

租界を含むブログ記事

熊太郎さん
  • 破滅の王 上田早夕里
  • 破滅の王 上田早夕里(うえだ・さゆり) 双葉社 第二次世界大戦中、中国の租界(外国人が権力をもつ区域。上海日本人街)の話のようです。工部局:1854年設立上海共同租界の行政機関 登場人物一覧表を見ながらうすうす感じる。この物語は、細菌兵器に関するもの。1931年9月18日満州...
  • 熊太郎の旅と映画と読書感想文熊太郎さんのプロフィール
ともぞうさん
  • 一瞬の札幌観光
  • ヤンツリー杭州中国東方航空はチャンギ空港ターミナル3!スタバのポイントカードロンドン 水上バスでテムズ川観光洗濯日和思南公館のカフェ LA BRIOCHE種子島 day6 種子島宇宙センター旧フランス租界を一人散歩 PLATANEで買い物上海で!ヤ・クン・カヤトーストブリュッセル オーガニック・コスメのお店最近の画像[もっと見る]一瞬の札幌観光7時間前北海道行ってきました1日前休日ランチ@ISORA3...
  • 友蔵的上海日記ともぞうさんのプロフィール
おはら野農園のブログさん
  • 2018.7.4【?-1 戦争と女性作家―大田洋子を中心として―水島裕雅|水島裕雅
  • 、陸軍幼年学校出身であったが、13年前の19歳の時に足の手術をして義足となったため、軍人としての抱負やあき子への思いを棄て、ジャーナリストとなって天津に来ている。 ヒカルの両親は20年前から天津の日本租界で教師をしていたので、教育のため姉妹を東京の近親者である笹間家に預けていた。当主の笹間賢太はある財閥会社の重役であり、三郎という息子がいるが、三郎は妾の子であったため旅順に養子にやられ、のちに養家から...
  • おはら野農園のブログおはら野農園のブログさんのプロフィール
すずめさん
  • 最後に笑うのは 武闘か 狡猾か 愚直か!?
  • の選挙かな (?_?)medaka/苦も樂に変えて愉しむ活きた知恵最新記事最後に笑うのは 武闘か 狡猾か 愚直か!?報道されない 今 現在の少数民族大虐殺!?朝毎NHKなどが 絶対報道しない 真実!?租界の闇!殺人塀 手抜きを シカト疑惑!?日本死ね!が使命!? 辻本/害国性党!政情不安 天変地異など 要注意の 乱世!?善人が 払わされる 悪人のツケ ┐(-。ー;)┌フェイク 朝日 自社の犯罪者共は保...
  • 狂歌控帳すずめさんのプロフィール
neri9eshiさん
  • 昭和陸軍史? 青年将校と昭和維新3
  • 者は相見えることはなかった」田原総一郎『日本近代史の「裏の主役」たち』p.275より※板垣征四郎ら陸軍の革新将校らとの接近を深め、日本軍による大陸政策に関与1925年(大正14)5月30日、上海の共同租界で約2000人の学生たちによるデモが発生。彼らは英国の警官隊に次々と逮捕されたが、これに抗議して約1万人が結集し、警官隊が発砲して11人が殺される流血事件「5・30事件」となった。だがこれを契機となっ...
  • 思考停止状態からの脱却neri9eshiさんのプロフィール
rokubrainさん
  • 桐野夏生「玉蘭」
  • 、今、想像の記憶の中から風化されつつあるのを思った。当時、まず生きるために必死な状況、社会があったんですよね。人生に疲れたとかじゃなくて。中国は国民党、共産党の戦国内乱状態だったし、上海には米英の共同租界(一角には日本租界)、フランス租界があった。彼らは客人。ロシアからのコミンテルンや白系ロシアもいた。それに日本も大逆事件など戦前少なからず影響を受けた人たちがいた。まさに人間は○○イムズの中に生きると...
  • 生成的な行程rokubrainさんのプロフィール
オトメラボさん
akoさん
ひょうたんからこまさんさん
  • (増補版)600E2/3:2/3:2/3:気になった事柄を集めた年表(1894年6月〜1894年6月
  • そしてまた、内モンゴルの方々の  地が、最初は自治 ・ ・ (中略) . 1937年8月13日、第二次上海事変 中国の蒋介石軍(中華民国軍)は、アメリカに武器・  弾薬を援助されて、大部隊で上海の日本租界を包囲し、  この日、大攻撃をかけて来た。 この戦いから、日本軍の南京への進軍が開始され、い  わゆるデッチアゲラレタ「南京事件」が起きたとされる  のだが・・ そして、この戦いから、日中戦争が始まり...
  • 瓢箪韓駒山をめざしてひょうたんからこまさんさんのプロフィール
miu2☆さん
  • 築100年近い味わいある老房子カフェ/老麦珈琲館
  • ■大好きなカフェのひとつ『老麦咖啡馆』フランス租界時代の面影が色濃く残る桃江路にある素敵老房子カフェ。上海は、オサレなカフェが多かったな。ホント。自分の時間をカフェで過ごす贅沢な時間が好きでした。■2階に案内されたので階段に気をつけながら上がると素敵...
  • miu2☆letterdiarymiu2☆さんのプロフィール

租界を含むブログ村メンバー

  •  
みやびんさん
白い恋人さん
待兼山カオスさん
井上@打浦橋@上海さん
shanghainekoさん