人工多能性幹細胞

人工多能性幹細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [人工多能性幹細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

人工多能性幹細胞を含むブログ記事

monoさん
  • 腎臓の尿排出機能を再生 iPS細胞から腎臓再生への道
  • の前駆細胞をマウスの子のニッチに注入し、マウス自身の前駆細胞は薬剤で除去。マウスのニッチの中でラットの前駆細胞が約4週間かけて成長、腎臓のもっとも大事な働きである尿排出機能も獲得した。 横尾教授らは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から腎臓を再生するまでの過程を(1)iPS細胞から腎臓の前駆細胞を作る(2)前駆細胞から再生腎臓を作る(3)尿を排出する経路を樹立−の3段階に分け、今回は(2)の部分に成功した。(以下略...
  • 物見ニュースmonoさんのプロフィール
でんすけ@スマイルさん
  • iPSで認知症薬、原因物質減少確認
  • 京都大などの研究チームが、アルツハイマー型認知症の患者から作ったiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、発症の原因物質を減らす薬の組み合わせを見つけたそうです。既存の3種類の薬を同時に使うと効果があることが、細胞の実験で確認できたとしています。iPS細胞を創薬に応用する新たな成果とみられていま...
  • 中小企業診断士が通信制高校教師へ(@埼玉)でんすけ@スマイルさんのプロフィール
背番号31さん
  • ラットで腎臓再生 臨床応用へ前進
  • り込み、4週間後にはラットの細胞だけでできた腎臓が再生した。腎臓内で尿が作られることも確認した。 チームは、再生した尿管を使って尿を体外に排出させる技術をラットで開発している。さらに、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から腎臓の前駆細胞を作製する技術も完成させている。マウスの代わりにブタ胎児の腎臓の芽を、ラットの代わりに腎不全患者のiPS細胞から作製した腎臓の前駆細胞をそれぞれ使えば、機能を全て備えたヒトの腎臓を...
  • 闘うSCD背番号31さんのプロフィール
プリティ中野さん
  • 科学は日進月歩〜iPSを使用せずに腸細胞作製成功 九大グループ
  • 2017年11月13日 (月)配信西日本新聞マウスの皮膚細胞やヒトの血管細胞から、腸になる前段階の腸前駆細胞を作ることに、九州大生体防御医学研究所の鈴木淳史教授らの研究グループが世界で初めて成功した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使わずに、短期間で効率的に組織細胞に分化させる「ダイレクトリプログラミング」という手法を用いた。腸疾患の病態解明や創薬への応用が期待されるという。研究成果を9月下旬、米科学誌「セル・ス...
  • プリティ中野の一問入魂プリティ中野さんのプロフィール
tanakaさん
背番号31さん
  • 難病患者、諦めぬ 待ち望む治療薬
  • と、妻が励ましてくれた」−−。神経難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を2008年に発症した元外務省職員の嶋守恵之(しまもり・しげゆき)さん(50)は、告知された当時をこう振り返る。ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したと京都大などのチームが発表してから21日で10年。難病患者らは、iPS細胞を使った治療薬の開発を待ち望んでいる。 嶋守さんは1990年、同省に入省。01年の米同時多発テロ時はアフガニスタン...
  • 闘うSCD背番号31さんのプロフィール
背番号31さん
  • iPSで認知症薬、原因物質減少を確認
  •  今日の報道によると、アルツハイマー型認知症の患者から作ったiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、発症の原因物質を減らす薬の組み合わせを見つけたと、京都大などの研究チームが発表したとのこと。 既存の3種類の薬を同時に使うと効果があることが、細胞の実験で確認できたという。iPS細胞を創薬に...
  • 闘うSCD背番号31さんのプロフィール
すみかさん
コドモのミカタさん
  • 【祝】iPS細胞の発表から今日で10年!!
  • 記念すべき日なんです 山中伸弥教授は2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞されましたが、遡ること5年、2007年にアメリカの医学雑誌「Cell」に論文を発表しました。 iPS細胞を日本語に直すと 人工多能性幹細胞 といいます。 つまり「どんな細胞にも変化できる大もとの細胞をつくったよ!」ということなんです。 どういうことか簡単に説明してみましょう 人間の体は40兆個とも60兆個ともいわれる細胞の塊ですが、もと...
  • ぐんぐんキッズクリニック理事長のブログコドモのミカタさんのプロフィール
バイオ太郎さん
  • iPS細胞作製10年=難病患者、諦めぬ 待ち望む治療薬
  • と、妻が励ましてくれた」−−。神経難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を2008年に発症した元外務省職員の嶋守恵之(しまもり・しげゆき)さん(50)は、告知された当時をこう振り返る。ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したと京都大などのチームが発表してから21日で10年。難病患者らは、iPS細胞を使った治療薬の開発を待ち望んでいる。https://mainichi.jp/articles/20171122/...
  • バイオの故里バイオ太郎さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

人工多能性幹細胞について