唐門

唐門についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [唐門] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

唐門を含むブログ記事

しずかさん
  • 七卿落ち(2)妙法院
  • 秋風身にしみて朝な夕なに聞きなれし 妙法院の鐘の音もなんと今宵はあわれなるいつしかくらき雲霧をおおいつくして百敷の都の月をめでたもふらん   七卿落の解説が宸殿前に掲げられています。庫裏(国宝)普賢堂唐門にほんブログ村 歴史ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!にほんブログ村歴女日記ブログランキングに参加しています。ご協力お願いしますm(__)m歴女日記 ブログランキングへ...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
お散歩うさぎさんさん
  • 白砂で描く荒波 瑞峯院の庭
  • す塔頭の一つ「瑞峯院」へ大徳寺も通常は非公開です塔頭も非公開の処が多いですキリシタン大名として知られる大友宗麟(おおとも よししげ/またはそうりん)の菩提寺として桃山時代に創建され方丈(本堂)、表門、唐門はともに重要文化財で創建当時のものだそうです。方丈の額は後奈良天皇の自筆で重要文化財だそうです方丈前の庭は「独坐庭(どくざてい)」巨石で蓬莱山を表現し連なる岩は半島や小島を現しています。白砂で描く砂紋...
  • お散歩うさぎさん《京都・色々》お散歩うさぎさんさんのプロフィール
さんまさん
  • 竹生島
  • 40分かかりましたね。長浜から出ているがこちらは琵琶湖汽船で京阪の系列。近江鉄道は西武系、堤家は元々滋賀の人ですからね。到着後、宝厳寺本堂と三重塔を見る。本堂まで下から165段と結構急な参道。その後、唐門・観音堂へ行くが、修復中ということで、全体は見えない。唐門は京都豊国廟から観音堂も京都から移築されており、桃山時代の極彩色と結構派手である。この後、船廊下を通り、都久夫須麻神社へ行く。船廊下は、秀吉の...
  • SKE・HKT応援ブログ(仮)さんまさんのプロフィール
yakkiさん
  • 帝釈峡(4)(2018春 広島旅(33))
  • (平成30年3月31日(土)のつづき)中国山地を流れる帝釈川がカルスト台地を浸食してつくり上げた約18?にわたる大渓谷である帝釈峡(広島県庄原市東城町)。鬼の唐門...
  • 絵描きの事務屋さん!yakkiさんのプロフィール
まいちいさん
  • 予告 第71回大本山總持寺「み霊祭り」納涼盆踊り花火大会
  • 17:30〜21:00  会場:總持寺大駐車場 ※荒天中止 ?打ち上げ花火  全日 20:00〜20:30  場所:總持寺大駐車場 ※荒天中止 ?万灯供養  全日 17:30〜20:30  会場:向唐門から佛殿までの参道、平成救世観音前        ※雨天の場合、長廊下 ?大施食会  7月17日(火)17:00  会場:向唐門前 ※荒天中止 いまの今まで知りませんでした。曹洞宗の関東の大本山ですが...
  • まいちいのブログまいちいさんのプロフィール
yakkiさん
  • 帝釈峡(3)(2018春 広島旅(32))
  • (平成30年3月31日(土)のつづき)中国山地を流れる帝釈川がカルスト台地を浸食してつくり上げた約18?にわたる大渓谷である帝釈峡(広島県庄原市東城町)。鬼の唐門...
  • 絵描きの事務屋さん!yakkiさんのプロフィール
フナッシュさん
  • 京都散歩・コース8【前半】
  • 場所の正式名称は“西新屋敷(にししんやしき)”島原ってネーミングはやっぱり九州の島原からきているそうです(笑)さて、コースは花屋町通を東へ進み次なるスポット西本願寺へ進みます西本願寺といえばこちらの“唐門”が有名ですよね島原からは唐門のある壁に沿ってぐるっと堀川通へ出ます?西本願寺言わずと知れた浄土真宗本願寺派の本山恥ずかしながら初めてきました(笑)境内に入ると廊下で繋がった大きなお堂が2つ飛び込んで...
  • ブログな添乗員フナッシュさんのプロフィール
峰さんさん
  • バスで行く「奥の細道」(その13) ( 「塩釜神社」: 宮城県 )
  • なっているのです。我々のパック旅行のバスも、塩釜神社に到着しました。急な石段を上って行くと、威厳のある二階造りの建物が見えてきます。これが楼門で、桃山風の華麗な建築様式です。楼門をくぐると、上の写真の唐門があり、その奥に、下の写真の別宮、左宮・右宮の拝殿があります。左宮・右宮の拝殿に向って右側に、前述の奥州藤原三代秀衡の三男泉三郎が、文治3年(1187年)に寄進した上の写真の「文治の燈篭」があります。...
  • ウォーク更家の散歩峰さんさんのプロフィール
ひらやんさん
  • 二条城 京都 観光 世界遺産を訪ねて
  • なみに 「舊」は「旧」の事で、「きゅう」と読みま〜す。 二条城 拝観料今のところ、このような入城料になってます。一般・個人 600円/一般・団体 500円中高生 350円 / 小学生 200円二条城 唐門二条城に入ってちょっと行くと「唐門」があります。極彩色の豪華絢爛っていう言葉がピッタリの素晴らしい門ですね〜。 創建は家康、完成させたのは家光とも言えるようです。豪華なデザインに驚くばかりです。そこに...
  • ひろぴーの日本全国 旅日記ひらやんさんのプロフィール
たんぽぽさん

唐門を含むトラコミュ

金沢城
  • 金沢城
  • 金沢城は、現在の石川県金沢市丸の内にあった戦国時代・江戸時代の城郭。加賀藩主前田氏の居城。金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれ、小立野台地の先端に位...
  • トラックバック数:28 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ