養蚕業

養蚕業についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [養蚕業] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

養蚕業を含むブログ記事

おやじのつぼさん
  • 東武「福居」駅〜JR「岩舟」駅。その1。(「日光例幣使街道」。第4日目。)
  • れていた。谷中村や周辺の村では、各家で洪水に備えて『水塚』や『揚舟』などがあった。村では、水田、畑作を行うほか、周りには多くの池沼や水路があり、魚捕りや湿地の植物ヨシ、スゲを使ったヨシズ、スゲ笠作り、養蚕業なども行われていた。 明治20年代になって、渡良瀬川最上流部に位置する、足尾銅山より流出する鉱毒が渡良瀬川沿岸に広がり、大きな問題となった、その中に谷中村もあった。この足尾鉱毒被害の防止対策の一つとし...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
ijumoriさん
  • 伝統と伝承の違いとは
  • んでした。だから養蚕文化は残さないといかん」と言うのです。しかし「養蚕農家はみんな高齢なので、いま新規の養蚕農家を増やさなければこの文化がなくなってしまう」んだそうです。一方で、熊本では工場で大規模に養蚕業をしています。卵を孵化させ、育てて、繭にする。その繭から糸を紡ぐ。この工場では工業的にシルクの生産をしています。この工場1つの生産量は、世界遺産にもなった富岡製糸場のある富岡市全域のシルクの生産量を超...
  • 世界を物書きで!-SEKAMONO-ijumoriさんのプロフィール
ジャーナルさん
ykkyyさん
  • 米織会館を見学・2
  • 織として開発したのが九代藩主上杉治憲(鷹山公)でした。藩財政を立て直すために、武士婦女子に内職として機織を習得させたのが発祥です。先進地の新潟県小千谷より技術者を招き「縮布」の生産に成功し、置賜地方の養蚕業を基礎とし、付加価値を高めた絹織物製造に移行し、出羽の米沢織として全国に名声を馳せることになる。 明治25年米沢絹織物業組合が設立され、大正、昭和にかけて力織機の発明、ドビー、ジャカードの発明などで生...
  • 米沢より愛をこめて・・ykkyyさんのプロフィール
ykkyyさん
  • 米織会館を見学・1
  • 織として開発したのが九代藩主上杉治憲(鷹山公)でした。藩財政を立て直すために、武士婦女子に内職として機織を習得させたのが発祥です。先進地の新潟県小千谷より技術者を招き「縮布」の生産に成功し、置賜地方の養蚕業を基礎とし、付加価値を高めた絹織物製造に移行し、出羽の米沢織として全国に名声を馳せることになる。 明治25年米沢絹織物業組合が設立され、大正、昭和にかけて力織機の発明、ドビー、ジャカードの発明などで生...
  • 米沢より愛をこめて・・ykkyyさんのプロフィール
タカリさん
  • 富山旅行のおすすめ観光スポットその1〜五箇山の相倉合掌造り集落と上梨周辺〜
  • 間ではないでしょうか!(残念ながら今回は泊まりません。)勇助とは加賀藩宮大工が手掛けた合掌造りの民宿です。一階は囲炉裏で合掌造りを眺めながらお茶が飲め、二階と三階では写真やパネルによる合掌造りの歴史や養蚕業時代の生活道具を展示しています。⇒合掌造り勇助施設情報施設名:勇助(ゆうすけ)所在地:富山県南砺市相倉591電話番号:0763-66-2555入場料金民宿「勇助」<1〜2人>お一人:12000円お子様...
  • ネットビジネスで生活する道タカリさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

養蚕業について