光徳院

光徳院についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [光徳院] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

光徳院を含むブログ記事

雪さん
  • 「長恨歌」第九話 秋篠権大納言
  • うもの、女御様と一緒にその身からまるで心が奪われたかのように笑うことがなくなった。表情が動くことすら稀で、唯一わずかに目元が柔らかくなるのは、亡き藤壺女御様の忘れ形見である姫宮様と、東宮様の前でだけ。光徳院様はすでに亡く、大皇の宮様もご逝去された。心を失ってしまったかのような主上を、最後まで案じておられたお二人だった…。一人残った主上の信頼する藤宮様は、出家し尼となって俗世から離れている。姫宮様はもう御...
  • 沫雪の唄雪さんのプロフィール
みどりの木さん
  • 一乗谷遺跡の紹介8 最終回
  • 境内の糸桜を眺めながら、歌会を催したと伝えられています。庭園の構成に朝倉館跡庭園や諏訪館跡庭園との類似点が見られ、同時期につくられたと考えられます。 一乗谷復元想像図です。 朝倉義景の死後は義景の母親光徳院と遺子の愛王丸は、最後に裏切った朝倉景鏡に生捕りにされ、母子を手土産に景鏡は秀吉に降参しました。光徳院と愛王丸の身柄は府中の信長のもとに護送され、信長の部将丹羽長秀に預けられて、今庄の帰(かえる)の里...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

光徳院について