お櫃

お櫃についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [お櫃] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

お櫃を含むブログ記事

TOSHさん
  • ニューハマヤ 瓦町店(大阪)
  • に座れました。「ダブダブ」というの人気メニューがあるそうですが、なんだろう…▲期待できそうな看板▲鉄板を囲むオープンキッチンのカウンター席がメイン▲メインは焼肉ランチ、もちろんダブダブを注文▲二人用のお櫃がまず運ばれました▲ダブダブ(肉2 卵2)▲こだわりの本田ソース掛けます▲独特の赤出し豚汁?付いてます▲肉は柔らかかったです▲食後は隣の喫茶店に これぞB級!なんともクセになりそうな独特の優しい味。オ...
  • 野営車でいこうTOSHさんのプロフィール
Mr.男呉さん
  • 四川飯店
  • 呉市で中華といえば…このお店陳さんと言えば…蒸しパンではなく四川の達人陳健一 さんその血筋を継ぐお店の麻婆豆腐百貨店の名店が移転してもう5年経つそうです。米がお櫃で出てきたけど平らげた中華スープに杏仁豆腐が付いて900円弱は御感謝価格。辛いのもできるけんね〜と一言頂けました次は辛いのチャレンジします。...
  • ほろ酔い日記Mr.男呉さんのプロフィール
op2_matomeさん
  • 炊飯器の電源を切っちゃうバァサンどうすればいい?
  • 8/05/27(日)16:42:19 ID:Hh7 何回言っても切るんだけど…もうストレスやばい… 6: 名無しさん@おーぷん 2018/05/27(日)16:44:25 ID:9Kx 炊けた後ならお櫃に移せばええ炊いとる途中ならまたスイッチ押せばええ最近の炊飯器は途中からでも炊いてくれる炊く前に消したなら病院連れてけ 続きを読む...
  • おぷまとop2_matomeさんのプロフィール
ひよこさん
  • 毎日の食卓をちょっと贅沢にしてくれるもの
  • ..トン...スカッと、 今はおばあちゃんの包丁使いとは程遠いのですが、 それでも、少し連続でうまく切れると楽しい!という地味な感動が毎朝。笑 ?????? 他にも、最近生活に取り入れたものに、お櫃があります。 ご飯の水分をちょうど良い加減に調整してふっくら保ってくれる昔ながらのご飯道具です。 本当は、旅館の朝ごはんで出てくるような木製のお櫃に憧れていたのですが、 (開けた時に木の香りがご飯...
  • ド田舎出OLひよこの社会人一年目奮闘記ひよこさんのプロフィール
Miiさん
  • SALON GINZA SABOU(銀座東急プラザ)
  • 東急プラザB2Fのかわいいカフェでありながら、食材にこだわった特にお米、「雪ほたか」というコシヒカリが抜群に美味しいランチでした。1人前のお櫃でそのご飯。軽めに盛って2杯あります。さすが、コシヒカリ!炊き立てで美味しい美味しいお米でした。店頭にはテイクアウト用のおにぎりも。冷めてもきっと美味しいんだろうな〜(^^)メインは「信玄どり唐揚げ定...
  • 週末ゴハン&銀座ランチMiiさんのプロフィール
kusuritabiさん
  • 2018/03/20 和歌山 3日目(1)【恵光院(朝の勤行、護摩祈祷、朝食)、奥之院(一の橋、札所)】
  • ぁと感心してしまいました。 ↑ 朝食内容はこのような感じです。もちろん精進料理で、想像していたより品数も多く美味しそうです。いただきます!総合的にヘルシーな薄味でしたが、朝には胃に優しい食事で箸が進みお櫃のご飯は完食しました。食後はチェックアウトまでの時間、昨夜訪れた奥之院にもう一度行ってみようと思います。8:00〜朝食 ↑ 高野山の地図奥之院は恵光院から歩いて本当にすぐに行けます。入口にはこんな地図...
  • 薬人ときどき旅人kusuritabiさんのプロフィール
とむこさん
  • 奥鬼怒温泉 手白澤温泉ヒュッテ3-7@朝食1
  • からお茶で一服する朝食時に用意されているお茶は食前と食後のどちらで使うのか分からないのだが、席についてお茶で胃を温めている間に料理が並んでいくのを眺めている時間がとても幸せだったりする。開けるのが怖いお櫃いつもの最凶盛りだったおひつの旅館は一人2杯で完食する事が多いんだけど、手白澤はそうはいかないこの大盛二杯か、普通3杯か選ぶと宜し。「おひつのご飯が少ないと冷めるから」という分かるような分からないよう...
  • とむこの悪口帳とむこさんのプロフィール

お櫃を含むブログ村メンバー

  •  
眞琴さん