石段

石段についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [石段] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

石段を含むブログ記事

はじかみ神主さん
  • ネットオークションと心の問題
  • が、1流わずか800円です。 そして、このような垂れ幕もいっしょに注文しました。 近年、ネットで手軽に神社の用品も購入できるようになって、非常に便利な時代になりました。 なので、さっそく社頭と参道石段入り口に設置しました。 当社遙拝所前にも設置しました。 垂れ幕も、このように遙拝所の中と外に貼り付けました。 また、12月も押し迫ってすす払いの頃になると、初詣の旗を参道に続く道端や周辺に20本...
  • はじかみ神主のぶろぐ(毎日更新中)はじかみ神主さんのプロフィール
きょうな ☆さん
  • 浅間山の雪化粧 & 真楽寺の観音堂にて☆
  • ったのが真言宗智山派の真楽寺(しんらくじ)です。仁王門にて 室町時代の門みたいですね。 門の中の仁王様「あ」「ん」 門を潜り・・・ 雰囲気の良い参道をすすみ・・・ 途中にはこんあな石仏が並んでます。 石段を登り・・・ 牛さんがお出迎え(^^)♪ 観音堂です。この建物は江戸時代の物らしいですよ。 観音堂の中にて大きな提灯ですよねー 歴史を感じる絵が飾ってありました。 中を除くとこんな感じになってました。...
  • おきょんのハッピータイム!!きょうな ☆さんのプロフィール
chimaさん
  • 江戸城西方の守護〜鶴岡八幡宮
  • ら外堀通りへ向かって歩いて3分。3代将軍徳川家光や5代将軍綱吉の実母・桂昌院も信仰したという亀岡八幡宮があります。信号を渡り左に曲がると外堀通りに面して亀岡八幡宮の提灯が現れます。小高い丘になっていて石段が続きます。かつて江戸の頃は、遠くからはこんもり小山の森に見えていたのでしょうか。今はビルとビルの間に隠れてその様子は何処へ。銅鳥居と狛犬銅鳥居は江戸時代の文化元年(1804)の建立。高さ約5メートル...
  • レンレンのひとりごと…chimaさんのプロフィール
ロンゲのオヤジさん
  • お別れ旅(終)
  • す                            こちらにもポチっと応援お願いします    そんな今朝も 山ウォーク手が冷たい朝北寄りの風宝石を散りばめた様な石段そろそろ見終わりですね  本題よ〜!!では、昨日の続きを・・・翌日の朝は目覚めよく朝から色々と用事を済ます無事に告別式も終わり最後のお別れに向かう新しい綺麗な施設TV見たり、話しをしながらその時を待つ...
  • 木工・たこ焼・たまぁ〜に畑!!!+バイクロンゲのオヤジさんのプロフィール
こましゃんさん
  • 新入りじゃないニャ。
  • 介してください」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内で私目線。きょう出会った街の景色、心の景色新入りじゃないニャ。2018-12-13 14:38:49 |きょうの猫たち11月30日撮影あれっ、石段に見慣れぬネコさん?と思って近付いて見ると、あら、アメちゃんではありませんか。龍王池から出張して来たのかな。そこへ現れたのは元気ちゃん。ご飯の時間になり、「元気、おいで」と何度も呼ばれているのに、動こ...
  • 私目線。こましゃんさんのプロフィール
akino194さん
  • 鮑(あわび)絵馬のある白龍稲荷神社
  • 就することを祈る絵馬です。 鮑絵馬は、金刀比羅神社社務所にて授与しております。」片思いの象徴を、逆手に取って絵馬に書くことで成就させるって…かなり斬新なアイデアですね(^^;)入口すぐの第一鳥居です。石段を上っていきます。 石段途中の第二鳥居です。 拝殿手前にある第三鳥居になります。稲荷らしく朱色の鳥居が1000本…ってわけにはいかないか!(^^;) 拝殿です。壁や柱が同じ朱色で塗られ、屋根は青色の瓦...
  • 大人の事情akino194さんのプロフィール
水彩画と俳句の世界さん
  • 石山の紅葉
  • |風景 石山寺本堂前の紅葉石山寺本堂前の紅葉。大きな絵襖のようだ。お参りの人はこの本堂前の紅葉にたたずみ本堂に入る。紅葉も素晴らしいが、煤けた本堂の天井も描いてみたかった。湖水会の写生会は、本堂右の石段に腰掛けでスケッチしました。石山寺の作品は、春の仁王門、石山の阿形、紅葉の公風園、新緑の本堂についで五作目となりました。石山の大きな絵襖もみじ照る惟之ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックし...
  • 水彩画と俳句の世界水彩画と俳句の世界さんのプロフィール
おくらさん
  • 六郷満山霊場 13番「無動寺」
  • 来座像、薬師如来座像、十二神将などの見事な仏像が並んでおり、どれも県重要文化財に指定されています。非公開の秘仏は500円で拝観できます。 身濯神社 鳥居隣りには身濯神社があります。 身濯神社 参道急な石段を登って行くとそこは別世界です。 身濯神社 本殿本殿の裏には岩肌の見える山がそびえており、幻想的です。(画像では良く分かりませんが) 身濯神社(案内板) 身濯神社 境内  とても見応えのある16体の木...
  • ピッパラの樹の上はおくらさんのプロフィール
宮じいさんさん
  • 花紀行(5534)-オーヴァー・ザ・レインボー バラ-
  •  事も中庸が正しい」という意味らしい。 このアーチ状の門をくぐると、広大な公園が現れる。その  敷地は25万平方メートルとかで、そのスケールの大きさ  に圧倒される。 紀念堂の入口に向かって、89段の石段がある。 これ  は、蒋介石の亡くなった年齢が、数え年で89歳だった  ためである。石段はきつそうなので、上らないで、1Fの資料館へ入っ て行く。 先ず、目に付くのが、蒋介石元総裁が使用して いた公用...
  • 宮じいさんの花紀行宮じいさんさんのプロフィール
@脱サラ PANさんさん
  • ジュビン村へ向かう。日本人のおじさんとの出会い
  • 歩くと、昨日追い越したヨーロピアンカップルに遭遇した。彼らの方が朝早く出発していたようだ。挨拶だけして追い越す。※彼らとはまた数日会うことになる。追い付かれたくないので、ペースを上げて自然に形成された石段を登っていく。追い付かれたくないので、休憩も殆どせずに歩き続ける。2時間弱歩くと、ようやく、来るときに泊まったパイヤという村に到着!6kmほど歩いたという事か。しかし、ここで休憩すると折角引き離したカ...
  • 若者の脱サラバックパッカー!!@脱サラ PANさんさんのプロフィール

石段を含むブログ村メンバー

  •  
トロトロさん
M・U SPORTS京都祇園店さん
SOULKYOTOさん
フカクサ ノボルさん
  • 伏見稲荷大社を歩くフカクサ ノボルさんのプロフィール
  • 伏見稲荷大社のいろんな情景を写真に撮ります。鳥居をくぐり、石段を登り下り、お山めぐり。