彫像

彫像についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [彫像] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

彫像を含むブログ記事

Yogini Tomoko コア美人ヨガさん
  • 久しぶりに訪れた奈良・東大寺
  • 歩、足を踏み入れると金剛力士像(仁王像)がお出迎え 門に向かって左が 阿形(あぎょう)、   ↓ 右が吽形(うんぎょう)   ↓ 目を見開いた怖い顔ものすごい筋肉ですね〜 鎌倉時代から、東大寺を守る木彫像国宝です 南大門をくぐると、次に見えるは 中門    ↓ この門を入り、左に行くと大仏殿への入口があり入場料を払います 大仏様が置かれている大仏殿   ↓ 中に入ると、大きな大きな仏様がで〜んと座っ...
  • 北摂箕面MayaYoga&Healing SalonYogini Tomoko コア美人ヨガさんのプロフィール
Azami♪さん
  • 美ヶ原高原美術館へ
  • 件が見えております。そういえば私は美ヶ原高原美術館は初だったかな?箱根彫刻の森美術館はよく連れてっていただいた記憶がございますよ。あの上あたりに有名なアモーレの鐘が(ΦωΦ)入口前の「花束」という名の彫像。おじゃまします。入るなり、巨大な親指が「イイネ」の合図。娘のお目当ては、お子様ミュージアムでございます。さすが朝イチ、だれも遊んでません。箱根彫刻の森美術館にもありましたよねこれ。シャボン玉のお城で...
  • ***雑・パティシエ***Azami♪さんのプロフィール
新イタリアの誘惑さん
照井正邦さん
  • 美しい似顔絵を描きたい場合の一つの方法(アグネスチャン)
  • 方法(アグネスチャン)2018-08-17 05:05:30 |似顔絵教室談美しい似顔絵が描きたいのに、どうしても風刺的な印象の悪い似顔絵になってしまうというときがあります。そういう場合には、「美しい彫像のイメージを借りる」という方法があります。サンプルのモデルは、アクネスチャンさんです。1)不謹慎かもしれませんが、マリア像のイメージから。2)モデルの要素を足していきます。3)今回は筆ペンを使いました...
  • お絵描き日記〜イラストレーター照井正邦照井正邦さんのプロフィール
Lightwaverさん
  • 半日夏休みが取れたので
  • イパスをバビュンッ通ります(自転車だって走っていいのです)。高村光太郎の強い愛情を感じながら九十九里を後にします。そう言えば、ここのパーキングには“賛・千鳥と遊ぶ”という幸太郎と智恵子をモチーフにした彫像が立っています。自分も後世に何か残せるといいなぁ・・・。と思いつつ仕事が待つ自宅へ急ぎました。本日の走行距離:89.3km本日の燃費:31.3km/L今日はそれほど不思議なことは無かったですが、考えて...
  • ビッグスクーターのある生活Lightwaverさんのプロフィール
kurukuru-factoryさん
  • 第15回 世界バレエフェスティバル〈ガラ- Sasaki GALA -〉
  • ルデスが初演した作品なんだそうです。バックにはアロンソの映像が流れてました。「タイス (マ・パヴロワより)」振付:ローラン・プティ/音楽:ジュール・マスネマリア・アイシュヴァルト ロベルト・ボッレ動く彫像ボッレ!!マリア・アイシュヴァルトも上手い人だから完璧な二人でした。「グラン・パ・クラシック」振付:ヴィクトル・グゾフスキー/音楽:フランソワ・オーベールドロテ・ジルベール マチアス・エイマン― 第2...
  • beatitudekurukuru-factoryさんのプロフィール
またたびさん
  • ソラマチ2018年7月1日
  • の画像[もっと見る]ソラマチ2018年7月1日1分前ソラマチ2018年6月24日3日前ソラマチ2018年6月23日1週間前上野公園2018年6月9日1週間前江東区文化センターにて2週間前浅草ストリート彫像祭【4】2週間前浅草ストリート彫像祭【3】3週間前浅草ストリート彫像祭【2】3週間前浅草ストリート彫像祭4週間前ソラマチ2018年5月27日4週間前コメントを投稿ブログ作成者から承認されるまでコメント...
  • またたび寫眞舘またたびさんのプロフィール
A’sdF♪さん
  • 円空仏三昧? 〜<仮説>箱入りの背景〜
  • 〜第二土曜日十三時より〜 諸像、諸仏・菩薩、諸天神、諸神々・・・。圧巻。 時を経て、箱からの発見・・・。黒色化したものも中にあったとか。新しい木目のものが大半。 その箱が蓋されたの時期は?さて?江戸期彫像後、間もなく?あるいは後日?後日ならば、いつ?いずれにしても、勝手想像、推論、仮説なのですが・・・。国内の仏教系の諸像(+寺院・仏具)は、明治期に「廃仏毀釈」「神仏分離」の洗礼(破壊・破損)をうけてい...
  • 遊行楽紀行 〜風のささやき水の行く末〜A’sdF♪さんのプロフィール
ポポロさん
  • 巨大な牛久大仏さま
  • ログインランダムgooアンバサダー募集中!!記事を書く検索ウェブこのブログ内でポポロ通信舎(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・巨大な牛久大仏さま2018年08月15日 |彫像つくばから牛久に向けての車窓から突然大きな大仏様の姿が見えてきた。これが牛久の大仏さまだ!「牛久大仏」は台座を含めて高さ120メートル総重量4000トン、青銅(ブロンズ)像としては世界最大としてギネス...
  • ポポロ通信舎ポポロさんのプロフィール
マイペイント(油彩画と旅の写真)さん
  • アテネ国立考古博物館(紹介漏れその5)
  •  漸く個展も開けるようになりました 併せて、風景画の現場となった旅の写真もご覧ください。。アテネ国立考古博物館(紹介漏れその5)2018-08-15 08:25:42 |Weblog今回紹介する最後の彫像です。ミロのビーナスを思い起こさせる八頭身[ビーナスに暮らせて少し臀部が小さい。)で、年齢が少し若い清々しい表情をしており、この像には強く引き付けられ、しばらくこの場を離れること躊躇するほどでした。本...
  • マイペイント(油彩画と旅の写真)マイペイント(油彩画と旅の写真)さんのプロフィール

彫像を含むブログ村メンバー

  •  
thazeさん
関西のプレスリーさん