民俗学者

民俗学者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [民俗学者] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

民俗学者を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20180904-2
  • 人博、佐賀県有田町)で、幕末・明治期に活躍した有田町ゆかりの偉人を、町屋のショーウインドウで紹介するイベントが1日、内山 ... 折口の天皇論を公開講座で紹介 羽咋、命日に合わせ中日新聞羽咋市ゆかりの民俗学者で国文学者の折口信夫(一八八七〜一九五三年)の命日(九月三日)に合わせ、折口文学公開講座が二日、同市鶴多町のコスモアイル ... 戦争の記憶が遠のく戦後73年…西日本新聞漫画家武田一義さん(42)にと...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
gunjooさん
  • 遠野に観光なら「とおの物語の館」へ行かれてみては?
  • とというキャッチコピーが付けられるほど、昔からずっと変わらない自然豊かな景色が広がっています。街全体の時間がゆっくりと流れており、たまに帰るとホッする、そんな心安らぐ場所です。 「とおの物語の館」とは民俗学者の柳田国男が書いた遠野物語が有名で、「とおの物語の館」はその遠野物語を音声や映像で楽しむことができる施設です。平成25年にリニューアルされたばかりのため、施設自体も非常に綺麗です。昔話を楽しめる仕掛け...
  • 家族の健康と生活の質を考えるcomgunjooさんのプロフィール
銭無のとっつあんさん
natureさん
  • ビーバップ!ハイヒール 日本人の知恵 しきたりの意味を振り返る2
  • 今回は8月30日放送のビーバップ!ハイヒール日本人の知恵!和のしきたりに隠された意味を振り返ってみます。 日本人の暮らしに秘められた知恵を教えてくれるのは、民俗学者の橋本裕之さん。 橋本さんによると、身の回りのしきたりやモノには、先人たちの知恵が凝縮されているという。 竹の皮は、日本人が考えた万能の梱包具だという。 さらに、ほどよい固さと丈夫さを持ち、端を...
  • naturenatureさんのプロフィール
ウールアムールさん
  • 〜ウコンの力で肌を底上げ??クラランスのダブルセーラムEX??〜
  • まに限定でビックサイズ(50ml)お値段16,200円が発売されるそう。やはり、人気なんですね。大きいサイズが発売されるのはその証拠かな。美しい肌のための[20+1]種のプラントエキスクラランスの植物民俗学者が有用性を確認した400種類の中から、ダブル セーラムのために選んだのは、肌の5つの要素を整える20種の植物成分。さらに、一歩先の美しさのための新成分ウコンエキスを加えました。すべてが肌に響く理想的な...
  • 〜LOVE〜美肌と恋を求めてウールアムールさんのプロフィール
natureさん
  • ビーバップ!ハイヒール 日本人の知恵 しきたりの意味を振り返る
  • 分を吐き出す優れた湿度調節機能の役割をしている。 厳しい風土と共存してきた日本人は、どの季節でも生活できるような日本人ならではの知恵で溢れている。 日本人の暮らしに秘められた知恵を教えてくれるのは、民俗学者の橋本裕之さん。 橋本さんによると、身の回りのしきたりやモノには、先人たちの知恵が凝縮されているという。 打ち水は、本当に周囲の気温が1、2度下がるというようにいわれている。 畳は、1畳につき1人...
  • naturenatureさんのプロフィール
岩手県職員さん
  • 【県央】〔紫波町〕「銭形平次」ブーム再び!
  • を読みためて同級生等に聞かせる事で、 人気者になったそうです。? 明治29年(1896年)14歳の時に岩手県尋常中学校(明治34年に盛岡中学校にる)に入学します。ここで同級の「金田一京助」(言語学者、民俗学者となる)や、上級の「米内光政」(49-52代海軍大臣・第37代内閣総理大を務めた)や、一級下に「石川啄木」(歌人・詩人となる)など多くの逸材との出会いがあり、俳句・短歌・小説に熱中したそうです。この頃...
  • イーハトーブログ岩手県職員さんのプロフィール
Ernesto Mr. Tさん
  • El manuscrito encontrado en Zaragoza サラゴサ手稿 ヤン・ポトツキ Jan Potocki サラゴサ写本
  • に 我が友 Cabe と Nino の住む Andújar アンドゥーハルなども出て来ます。サラゴサの写本 Blu-ray [Blu-ray] 下掲の DVD の説明内容紹介原作は、旅行家・考古学者・民俗学者として活躍したポーランド貴族ヤン・ポトツキ(1761年~1815年)がフランス語で執筆し、1804年から1805年にかけてサンクト・ペテルブルグで秘密出版された小説『サラゴサ手稿』(工藤幸雄訳、国書刊...
  • スペイン, 言語, 文学, 映画, 闘牛,+雑学Ernesto Mr. Tさんのプロフィール
面白半分さん
  • 触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉
  • 『触身仏―蓮丈那智フィールドファイル〈2〉』北森鴻《わが村には特殊な道祖神が祀られている。》美貌の民俗学者・蓮丈那智のもとに届いた手紙。神すなわち即身仏なのだという。彼女は、さっそく助手の内藤三國と調査に赴く。だが調査を終えた後、手紙の差出人が失踪してしまった。那智はいにしえの悲劇の封印を解き、現代の事件...
  • 茶の間の自由〜チャンスも経験もいらない〜面白半分さんのプロフィール
Tulipanさん
  • レケチン村を訪ねて
  • た。冬じゅう、織り機で織ったベッドカバーやかばん、帯などをチャーンゴーのイベントなどで販売をしている。さらに畑仕事や家畜の世話、自家製のワインやパーリンカなども作っている。私たちが学生の頃は、あらゆる民俗学者がモルドヴァのチャーンゴー人の元へこぞって通っていた。ハンガリー政府の援助をえて、研究が盛んな時代だった。それと共に、各地の村にハンガリー語教育の施設や教師が送られ、チャーンゴーの子供たちにはさまざま...
  • トランシルヴァニアへの扉Tulipanさんのプロフィール

民俗学者を含むブログ村メンバー

  •  
珍恥娘さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

民俗学者について