民俗学者

民俗学者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [民俗学者] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

民俗学者を含むブログ記事

ハイタックさん
  • 荻原浩さんが書いたお勧めの本!
  • の内容を本ごとにまとめています。座敷わらし、河童、天狗に興味がある方へ!  1冊目の「逢魔が時に会いましょう」の内容は次のとおりです。大学4年生の高橋真矢は、映画研究会在籍の実力を買われ、アルバイトで民俗学者・布目准教授の助手となった。“座敷わらし”を撮影するため、子どもが8人いる家庭を訪問。スイカを食べる子どもを数えると、ひとり多い!? 座敷わらし、河童、天狗と日本人の心に棲むあやしいものの正体を求めて...
  • 気になる本の紹介ブログハイタックさんのプロフィール
バジニアさん
  • ちょつと旅〜2018  遠野物語
  • ここは、岩手県遠野市。 柳田國男の「遠野物語」の舞台です。 岩手県の遠野は「民話の里」とも呼ばれるほど  古い言い伝えが たくさん残る町。 その言い伝えを 民俗学者の 柳田國男がまとめ、 今から100年以上も前に刊行したのが「遠野物語」なそうです。 よくある昔話のような「昔々あるところに」という形じゃなくて、 具体的な 場所や人名が出くるのが この物語のおもしろ...
  • バジニア旅行記バジニアさんのプロフィール
福井奈々子さん
そうこさん
  • 「真言宗系の大護摩」その実は。
  • た、陰でですが(笑)心と肉体は切っても切れないものですが、やはり物理的原因と精神的因果は分けて考えないと世の中ごちゃごちゃと成ります。一方では、心のこもった作品には魂がこもるという考えが有ります。あの民俗学者の柳田國男もそのような体験を書かれて居ます。科学は宗教を否定するものではないでしょう、科学の限界を宗教が補うようなことが多い、空海の表したマンダラは既にこの大宇宙を表現しているのですから。そういう意味...
  • ひまわり畑を夢見るブログそうこさんのプロフィール
リコさん
  • 理想の“夫婦像”がありまして♪
  • ことをご存知でない方のために、先に彼のことを少し、紹介しますね小泉八雲……出生名・パトリック=ラフカディオ=ハーンは、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、紀行文作家、随筆家、小説家、日本研究家、日本民俗学者です。東洋と西洋の両方に生きた、とも言われています。彼は、生涯を通じてアイルランドからフランス、アメリカ、西インド諸島、日本と浮草のように放浪を続けました。さまざまな国を放浪した後、40歳で日本を訪れ...
  • 理想のお客様に選ばれるコーチング×ライティングリコさんのプロフィール
火水ハヌルさん
  • フーチの源流を探して台湾の離島・澎湖島へ飛んでみた話。(その3)
  • 姑を招き寄せる依代には箕の他に、笠、竹籠、箒、箸など身近な道具が使われる。香港には今でも箕を使って扶鸞を行う道教団体がある。(中略)金蘭観は、元々広東省の潮州からの出身者によって創立された。民国時代の民俗学者チャオ・ウェイパンの調査によれば、潮州は、「藍姑」「観箸神」ー籠や箸などの道具を依代として神仙を降ろすーといった遊戯が、子供たちの間で盛んに行われていた地域である。?(中略)南宋の洪邁撰「夷堅志」巻四...
  • 霊能者 火水ハヌルの全方向スピリチュアル火水ハヌルさんのプロフィール
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
桜田 史弥さん
  • 20181004-11
  • 台すべての彫刻屋台が繰り出して盛大 ... 『鬼と日本人』 小松和彦著読売新聞日本には多くの鬼伝説が残されている。雷さまをはじめとして、節分の鬼や郷土芸能にその姿がある。では鬼とはいったい何なのか。 民俗学者の著者はおとぎ話 ... 本郷 和人・評『知られざる北斎』神山典士・著毎日新聞東京大学史料編纂所教授。中世政治史、古文書学専攻。史料編纂所で『大日本史料』第五編の編纂を担当。著書に『天皇にとって退位と...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール

民俗学者を含むブログ村メンバー

  •  
珍恥娘さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

民俗学者について