コルチカム

コルチカムについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [コルチカム] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

コルチカムを含むブログ記事

ひらかさん
  • 球根の植え替え計画
  • オオアマナが一本だけ咲いてました。去年は二本くらいあった気がするけど… 球根スペースの葉の茂り方が凄い!水仙とコルチカムが多い感じ。ムスカリもあったはずなのに一個も咲かなかったな… 今年は葉が枯れるまで週一で液肥かけて球根を掘ってより分ける予定。 でも球根の見分けできるかな…出来れば今みたいなごちゃまぜじゃなく綺麗に分...
  • 多肉と雑貨と私ひらかさんのプロフィール
keystonesapporoさん
  • イヌサフランとギョウジャニンニク
  •  昨日ブログの問題の答えです。 左がギョウジャニンニク、右がイヌサフラン(コルチカム・オータムネール)でした。 …なのですが、正しい答えは「葉っぱだけで判断するのは危険」というべきかもしれません。 道立衛生研究所に展示されていたこちらの鉢植えも、左側がギョウジャニンニク、右端がイヌサ...
  • 札幌時空逍遥keystonesapporoさんのプロフィール
keystonesapporoさん
  • イヌサフランと小熊捍先生
  • という事故が道内でありました。自宅の庭に混生していたため、誤食したとのことです。 イヌサフランと聞き、私はある種の‘懐かしさ’を感じた、と言ったら不謹慎かもしれませんが、思い出したことがありました。 コルチカム Colchicum autumnale。 秋に花を咲かせるこの草をとりたてて植えていたのが、北大教授・小熊捍(かん)先生でした。鑑賞用草花なので特別なことではないのでしょうが、小熊先生というところに...
  • 札幌時空逍遥keystonesapporoさんのプロフィール
リュミエール・アロマティーク 亀山季代子さん
  • 危険な香り
  • でも何回か話を伺っています。野草を口に入れるのであれば、しっかりとした知識がないと危険だと思います。事故は、春先山菜とりをする人たちや家庭栽培などで多発するようです。ギョウジャニンニクとイヌサフラン(コルチカム)を間違えて食中毒を起こすとか、ニリンソウとトリカブトを間違えるとか(死んでしまいます!)、セリとドクゼリを間違えるとか、事故が多発するのです。植物は自分を守るために、アルカロイド系の毒を作って紫外線...
  • 小さな幸せ アロマテラピー・ハーブ・漢方養生リュミエール・アロマティーク 亀山季代子さんのプロフィール
みりんさん
  • ひっそりと。
  • って色々ご紹介!って思ってましたが( *´艸`)笑ってごまかします。待っていたあの鞄やブラウス、Tシャツなど♪「how to live」のオシャレを楽しもう☆そして、ひっそりと10年迎えておりました。コルチカムの2Fル・エタージュ朝お店に来たら(@_@)びっくり。ありがとうございます!colchicum&Le etageのInstagramはコチラBlogを見てくれてありがとうございます!クリックでブログラ...
  • コルチカム's LIFE日記みりんさんのプロフィール

コルチカムを含むトラコミュ

ダイエット弁当
  • ダイエット弁当
  • 食べて健康的に痩せるお弁当やレシピを紹介
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:ダイエットブログ

コルチカムを含むブログ村メンバー

  •  
みりんさん
コルチカムさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

コルチカムについて