科学雑誌

科学雑誌についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [科学雑誌] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

科学雑誌を含むブログ記事

理系ニュースさん
  • いじめに加担する人の多くは社会的不安を抱えている - 脳の反応から解明
  • したと発表した。 同成果は、NICT 脳情報通信融合研究センター(CiNet)の高見享佑 協力研究員(大阪府立西寝屋川高校教諭)、春野雅彦 研究マネージャーの研究グループによるもの。詳細は、英国科学雑誌「Social Cognitive and Affective Neuroscience」に掲載された。 近年、SNSでの炎上や学校におけるいじめなど、攻撃行動が大きな社会問題になっている。こう...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
haroさん
  • 【出版・WEB系編集者】の求人情報(フリーランス・在宅・業務委託)
  • 市]☆ Web協力業社・SOHOの方を募集。新潟県在住で、2年以上経験のある方。日本教育研究センター[大阪府大阪市]★ 小・中学校教材/五教科?外部スタッフを募集。ニュートンプレス[東京都文京区]★ 科学雑誌『Newton』InDesignでのDTP作業、原稿の整理等ができる方は特に歓迎。編集プロダクションも可。ネイチャー&サイエンス [東京都品川区]★ 書籍自然科学(動物・植物、自然環境、地球・宇宙・気...
  • 在宅・フリー・業務委託の求人情報《ハロワカ?》haroさんのプロフィール
理系ニュースさん
  • 宇宙初期物質の小さなしずく「クォーク・グルーオン・プラズマ」を創成 理研
  • 6]」と呼ばれるハドロン[7]の集団運動パターンが得られたことから、小さな原子核と大きな原子核の衝突においてもクォーク・グルーオン・プラズマが生成されることが強く示されました。 本研究は、英国の科学雑誌『Nature Physics』のオンライン版(12月10日付け:日本時間12月11日)に掲載されます。 (中略) ■研究手法と成果 原子核衝突実験で生成されたクォーク・グルーオン・...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
kagakukeichさん
  • 「いじめに加担する人」の多くは社会的不安を抱えている 脳の働きから解明
  • したと発表した。 同成果は、NICT 脳情報通信融合研究センター(CiNet)の高見享佑 協力研究員(大阪府立西寝屋川高校教諭)、春野雅彦 研究マネージャーの研究グループによるもの。詳細は、英国科学雑誌「Social Cognitive and Affective Neuroscience」に掲載された。 近年、SNSでの炎上や学校におけるいじめなど、攻撃行動が大きな社会問題になっている。こう...
  • 科学系ちゃんねるkagakukeichさんのプロフィール
野生生物を調査研究する会活動記録さん
  • 資料を読む子どもの本がおもしろい?「集めて調べる川原の石ころ」
  • う子供の科学はの時代の科学や技術などを紹介した子ども向けの雑誌。中学生レベルから最近は小学校の5、6年生対象になってきた。同じ子供向けの雑誌、学研の「科学」や「学習」は、休刊になり、今でも頑張っている科学雑誌。かなり高度な紙飛行機が付録についているのが特徴。最近の記事でインターネットでも読めるのが、子供の科学 2018年7月号身近なものを利用して生き残れ、サバイバルで自由研究子供の科学 2018年10月号...
  • 野生生物を調査研究する会活動記録野生生物を調査研究する会活動記録さんのプロフィール
ebisenさん
  • 【脳科学】いじめに加担する人の多くは社会的不安を抱えている – 脳の反応から解明
  • 見出したと発表した。 同成果は、NICT 脳情報通信融合研究センター(CiNet)の高見享佑 協力研究員(大阪府立西寝屋川高校教諭)、春野雅彦 研究マネージャーの研究グループによるもの。詳細は、英国科学雑誌「Social Cognitive and Affective Neuroscience」に掲載された。 近年、SNSでの炎上や学校におけるいじめなど、攻撃行動が大きな社会問題になっている。こういっ...
  • まとめる@うぇぶんちebisenさんのプロフィール
坂井春明堂さん
  • 永楽即全 染付くらわんか汲出茶碗 10客
  • あるのではないでしょうか不思議なエッシャーの絵を。有名な絵で私が好きなのは「滝」という作品ですね。上に上がるはずのない水が滝となって下に落ち永遠と循環するという錯視を利用した絵です。 ニュートンなどの科学雑誌で学生のときに好きになってから今、実際に本物を見ることができてとても嬉しく思いました。 ずっと見ていたくなるような不思議絵な絵です。1月14日まで開催されていますので、ぜひ行ってみてはいかがでしょう。...
  • 坂井春明堂坂井春明堂さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

科学雑誌について