ヴィクトリア朝

ヴィクトリア朝についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ヴィクトリア朝] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ヴィクトリア朝を含むブログ記事

Cha Tea 紅茶教室 主宰 立川碧さん
  • 英国の国民的な建築様式 ゴシック・リヴァイバル
  • ヴァイバルは、建築様式としても英国に浸透・・・。元祖ゴシックとは異なり、機械の力を借りて建材が作られた時代なので、ステンドガラスやタイルなど・・・一般家庭の中にも取り込まれていきました。そんなわけで、ヴィクトリア朝に建った建物の大部分にゴシック・リヴァイバルが感じられること・・・まさに国民的様式なんですよね。 ウィリアム・モリスを始めとしたアーツ&クラフツ運動の活動家達は、そんな、現代的なゴシック風を否定したけ...
  • 紅茶の教室を開きたい!〜紅茶教室 主宰者記録〜Cha Tea 紅茶教室 主宰 立川碧さんのプロフィール
森川 隆(森の紅茶人)さん
  • 紅茶ブランド【Regent Garden Tea】の名前Regentの由来〜≪摂政王太子≫
  • )が1817年に亡くなり、65歳で王位を継いだジョージ4世の弟ウィリアム4世も嫡子が亡くなっていました。このことが、次にヴィクトリア女王の登場となる歴史的評価かもしれません。英国文化そして紅茶文化は、ヴィクトリア朝で大発展を遂げます。紅茶ブランド【Regent Garden Tea】も大発展を期待して紅茶活動をしていきます☆彡にほんブログ村→ランキングに参加しています。 応援“ポッチ”を していただきますと、励...
  • 紅茶雑館森川 隆(森の紅茶人)さんのプロフィール
花楽さん
  • ポージーが描かれた絵画
  • 昼過ぎから曇ったままで、いつ雷雨がくるかと気にしていましたが、夕暮れの今も雨は降り始めていません。 しばらくポージー、タジマジ、ノーズゲイなど、小さめのヴィクトリア朝の花束の話をしてきましたが、今日でひと休みとします。 次の絵は、色々と調べているときに、偶然見つけた絵画です。 これを描いたのはベルギー人の画家、Francois Antoine de Bruyck...
  • 花楽のフラワーデザイン雑感花楽さんのプロフィール
ウンちゃんベイビーさん
  • 全てはイギリスのせい
  • えーと、つまり言いたいことは本人は必死でも客観的にみると『無駄でしかない』事はあり得るといいたいのです。今の僕にとってはこの僕の人生そのものではないかとついつい考えてしまいます。最後にタイトルの意味はヴィクトリア朝時代のイギリス帝国が、産業革命に成功した結果、資本主義が加速し僕みたいな無能アルバイターが誕生したやんけ!という完全なる八つ当たりです。でも、僕みたいな無能が生まれるなら農民8割の産業革命前のイギリス...
  • ダメ人間の人生ウンちゃんベイビーさんのプロフィール
サンルイさん
  • 2018年8月の定期積み立て実行
  • 送ってきたレターを基に、それらを投資哲学に纏めた本です。読み終わったら、別途、本ブログで紹介したいと思います。投資とは関係ありませんが、『イザベラ・バードの日本紀行』これも、前から興味があった本です。ヴィクトリア朝、大英帝国の全盛時に、ようやく文明開花が始まったばかりの明治11年の日本に、女性が一人で旅行にやってきたことに驚きます。また現在の外国人観光客が日本に来て受ける印象、道路にゴミ一つ落ちていない、物乞い...
  • 投資という名の長い旅サンルイさんのプロフィール
たそかれの散策さん
  • 空き家を活かすには <空き家 地域のニーズで変身>を読みながら
  • ニーズにそって活用しているのかは、紙面の関係でしょうけど、あまり明らかではありません。ちょっと話が飛びますが、北米などのまちづくりを見ていて、とくに感じるのはたとえば19世紀後半とか19世紀初頭などのヴィクトリア朝の建築様式の建物群を利用して、多くのアーティストが間仕切りして全体を統一的なまちにして、そこに多くの観光客が訪れるというのを見て、歴史的建造物を残しながら、まちづくりに活かしているなと感嘆したのを思い...
  • たそかれの散策たそかれの散策さんのプロフィール
名言メモさん
  • 子育ては大切な職業である。しかし、親に適性テストが課されることはない
  • ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 - 1950年11月2日)はアイルランドの文学者、脚本家、劇作家、評論家、政治家、教育家、ジャーナリスト。ヴィクトリア朝時代から近代にかけて、イギリスやアメリカ合衆国など英語圏の国々で多様な功績を残した才人として知られている。...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
森川 隆(森の紅茶人)さん
  • 8月8日〜正に【8】の日〜マリーグレゴリー≪ルビーグラス≫
  • ークショップ“8trees”で手入れました品の紹介日。やはり夏の暑い日には、グラスを紹介するのが一番♪女流ガラス作家マリーグレゴリーの作品。彼女は1856年生まれの1908年没でしたからほぼ英国では、ヴィクトリア朝時代。但し、アメリカ生まれで、のちにヨーロッパに渡り、1880年頃からチェコのボヘミア地方で活動していました。ヴィクトリアン・チルドレンと呼ばれる絵柄で有名になりました。この品(チェコ1880年頃)も...
  • 紅茶雑館森川 隆(森の紅茶人)さんのプロフィール
米澤章夫さん
  • シャーロックホームズ(612)
  • 力、解析力、推理力、ひらめき力」で解くところに、「パズルとしての面白さ」があります。お届けする小説文は「シャーロックホームズ物語」です。その背景は西暦1900年少し前のガス灯・馬車・電報が出てくる英国ヴィクトリア朝時代。古臭いけどノスタルジーを感じられるところに、そして、探偵業を生業とするホームズが友人で助手で伝承作家でもあるワトスン博士といっしょに謎解きをするところに、「ストーリーとしての面白さ」があります。...
  • 小説文解読漢字パズル米澤章夫さんのプロフィール
londondon7さん
  • 暑かったロンドン、タイの気分でのりきった!
  • 今日は午後から、久しぶりの雨。昼間30度以上あったので夕方の5時でもまだむし暑い。 先々週の金曜日の激しい雨!あの雨のあとも暑い日が続いた。今住んでいる建物はヴィクトリア朝テラスハウス。建物自体レンガ造りなので昼間吸収した熱が残っていて夜も暑い。 見た目はいいのだが、夏は暑く、冬は寒い。こんな暑さのときは、やっぱりタイ料理が食べたくなる。という事で、ブリクストンにあるタ...
  • 倫敦エッ?日記londondon7さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ヴィクトリア朝について