北辰一刀流

北辰一刀流についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [北辰一刀流] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

北辰一刀流を含むブログ記事

tiritereさん
  • 吟舞歌の祭典
  • せ方が大体 分かってきたので、来年は質の向上を図っていきたいと 思っています。2017/12/25(月) 午前 11:16 [ tir*te*e ] 返信する北辰神桜流とは居合いか剣舞の団体ですか? 北辰一刀流と関係がありそうですね。2017/12/25(月) 午前 11:24 [ koruso ] 返信する> korusoさん会主は詩吟、詩舞、居合もやられますが、主に詩吟です。 発表会には関連の人達が出演...
  • 三河相撲甚句会tiritereさんのプロフィール
ひのさん
  • ちょっとわくわくしてきたぞ
  • 稿がある。以下、引用する。 山岡鐵太郎は小野朝右衛門の子として天保7年(1836年)江戸に生まれた。父が飛騨郡代に任じられたため、鐵太郎も少年期を飛騨高山で過ごした。剣は井上清虎、後に千葉周作に就いて北辰一刀流に学び、書は岩佐一停に学んだ。父母が相次いで急死したあとに江戸に出て、そこで槍術を当時天下無双と謳われた山岡静山に就いて学んだ。静山は鐵太郎20歳のときに27歳で病没した。鐵太郎は師の遺族に懇請されて...
  • 答えは現場にあり!技術屋日記ひのさんのプロフィール
たまさん
  • 顔も中身もイケメンの山岡鉄舟★剣・禅・書の達人で江戸城無血開城の功労者
  • 泥舟です。 彼は、江戸の旗本の家に生まれましたが、父の転勤で飛騨高山で幼少期を暮らします。16歳のときに父が亡くなり、また江戸に戻りました。 幼いころから剣を学び、武術に天賦の才能を発揮します。「北辰一刀流」などを学びながらその道を極め、明治維新後は、「一刀正伝無刀流」の開祖となりました。剣の道は「禅」にも通じますね。 また、彼は「書」の達人でもありました。頼まれたら断ることなく書いてあげる、心の広い...
  • 歴史スタイルたまさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

北辰一刀流について