経糸

経糸についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [経糸] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

経糸を含むブログ記事

TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログさん
  • お母さんの手織り奮戦記2
  • 綿アクセサリー作家のMiyaseさんは次の作品の制作に入っているが今日はその整経作業をしている背中にはお子様の藍ちゃんを背負っての作業であるデザイン画と織物設計図と先日選んだ糸と色を元に決定した本数の経糸を整経している「今回は経糸本数が千本を超えました」と、微笑むMyaseさんの表情に決意が滲んでいた。『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング蒲郡市の観光の中心地竹島海岸竣成苑内にある竹島クラフ...
  • TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログTCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログさんのプロフィール
rikabeansさん
おまかせ工房さん
  • それ危険です! 折り曲げて鋲を打って敷いていませんか? い草上敷き
  • もイグサは切れるからやってみてください、直線切りはイグサに沿って切れば大丈夫です。切った後にはこのように貼り付けるだけ。すでに縁の両端も折ってある、そして、中央も折ってあるから、「 貼るだけ 」です。経糸が出てくる側をカットする場合には、2センチ、3センチ長めのところを切ってから、イグサを抜き取るように長さを合わせて、経糸をセロテープで固定してから補修用ヘリテープを貼っておくと抜群です、完璧です。yo...
  • おまかせ工房店長ブログおまかせ工房さんのプロフィール
山下じじさん
  • ジャコブの杉綾織り上がり★残った経糸でヤーン杉綾
  • ジャコブの杉綾が織り上がりました 天然のひつじ色、好き〜〜〜〜房の仕上げは本日、ぼちぼちと。 で、機から上げようとしたら、微妙な感じで経糸が残ってます。あと50cmは織れそう・・・ というわけで、残り経糸に、いただきものヤーンや、ちょっとだけ余ったヤーンなどをよこ糸に織っちゃいました^^v 太さも不揃い、スパイラル、シングル、ダブルな...
  • まきもの工房山下じじさんのプロフィール
TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログさん
  • たっぷり手織3時間 ランチョンマット
  • たっぷり手織3時間 ランチョンマット2018年04月15日 |三河木綿の手織り体験前もってランチョンマットの手織予約を頂いていたお客様のご来店です。最初にデザイン選びをしていただき糸量の計算から始まり経糸が準備された織機に座って機織りが始まりました。お二人は少し緊張した面持ちで始まった機織りです例によってスタッフから織物の原理と織機の操作を学びながら手織が始まりました。デザイン図を計算しながら自分で選...
  • TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログTCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログさんのプロフィール
TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログさん
  • 雨の壬生織教室
  • を織る企画であるMorisitaさんの横ではOguriさんが織機を並べていた、Oguriさんも服地を織っているが、何やら少し変わった企画で織るようだ。織りあがって完成まで追跡してみることにしよう織物の経糸の動きは非常に幾何的で美しい人類が産み出した最初の幾何は織物ではないだろうか一本一本の糸がonとoffを繰り返しながら織物が織り上がる組織はコンピュータの原理とも繋がっているのだ。『クラフト・ハンドメ...
  • TCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログTCC・竹島クラフトセンター TAKE-LOG 竹ログさんのプロフィール
moeさん
  • 同じ経て糸 二本のマフラー
  • カルチャーセンターの手織り教室Mさんの創作マフラーですお孫ちゃん2人分を織りました。この2本のマフラーの経糸は同じ。一度に2本分の経糸をかけ織っています。経糸はラムウールにんじん色とピンク色の二本どり緯糸は一本がにんじん色の2本どりもう一本がピンク色の二本どり です同じ経て糸でこんなに違う色になりましたまた...
  • カルチャーサロンmoemoeさんのプロフィール
織り日和さん
むさねこさん
  • 秩父銘仙
  • 秩父駅です 特急料金(700円)で、ランチを食べようと 乗り継いで来ました池袋から 2時間ちょっと秩父の銘仙館です銘仙の柄見本の絵です銘仙は経糸に柄をプリントしますそこに 無地の横糸を入れて織り上げます母が着ていた 着物を思い出します後継者も育てているようですが 銘仙は普段着で それでも絹なので一反10万ほどになり売り上げを伸ばすのは 中々難...
  • 猫は黙って見ていないむさねこさんのプロフィール
jukeさん
  • h103/LEVIS505ビッグE ヴィンテージ 赤耳付 Sタイプ グッドサイズ
  • 小さなバックポケット、その他ディテールより、パッチはありませんが、Sタイプで間違いありません。『状態』 リペア=股、右スレキ入口に軽い手縫い補強。その他=スレ、キズ(裾、ループにスレ、左モモ一部擦れて経糸が切れた部分があります)、 ステッチのほつれ・補強などUSED感があります。『色落ち、特徴など』グッドサイズの505Sタイプ耳付きです。色落ちは抜群にかっこよく、ビッグE特有の深みのあるインディゴで、...
  • ヴィンテージジーンズとリペア・チェーンステッチjukeさんのプロフィール