染付

染付についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [染付] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

染付を含むブログ記事

坂井春明堂さん
  • 和田桐山造 平井汲哉刻 青華磁菓子鉢
  • 者窯として西宮大社村に創窯。初代は和田九十郎正隆の次男 1887年(明治20年)〜1967年(昭和42年)1910年(明治43年) 尼崎に移窯して「琴浦窯」と名付け、陶号を「桐山」と定めた青磁、白磁、染付、金襴手、色絵とすべてをこなす名工である。当代は4代目 平井汲哉(ひらい きゅうさい) 写実的な作品を残した明治の彫刻家 1879年(明治12年)大阪に生まれる 父に師事し「鳩齋」と号する 1...
  • 坂井春明堂坂井春明堂さんのプロフィール
しぶや黒田陶苑さん
  • 見えない月
  • 認しましたが、今日は朝から熱くなる気配満々の空気でした。 豪雨による甚大な被害や犠牲になった方々を思うと、呑気なことを言っているのは申し訳ないのですが・・・。髪をなびかせて岩永先生がやって来ました。『染付 岩永 浩展』の初日です。メッシュの複雑に入ったロン毛のお姿は、陶芸家と言うよりロックスターのようでいらっしゃいます。作品からは、とても想像できません。テーブルが華やかになりそうな七寸・八寸のお皿。後...
  • 陶心しぶや黒田陶苑さんのプロフィール
yuyu(yuyukogei)さん
  • 魚藻文小付 染付葉形向付 
  • 橋本薫 魚藻文小付、染付葉形向付暑い日が続いています。今夏は、梅雨明けも早く、予想通りの猛暑。 そして、西日本の災害にはまったく言葉もありません。日本列島は、もうボロボロです。いったいどうなっていくの?毎日更新される被害の大...
  • 和! うつわ大好きyuyu(yuyukogei)さんのプロフィール
かっちゃんさん
モチゾウさん
  • 7月11日(水) よるごはん
  • 鶏肉が結構凍っていましたが、横着してそのまま作ったら、結構パサつきが気になる仕上げに。たれはおいしかったので、近いうちにリベンジだなぁ。うつわ色絵竹林図なます皿(明治前期)畑萬陶苑 梅鉢越前塗 赤色椀染付貝図角なます皿(江戸中期、金継ぎ)...
  • モチゾウのグルメな旅モチゾウさんのプロフィール
しぶや黒田陶苑さん
  • 染付 岩永浩展
  • 重苦しい空気も、夜になると風と共に抜けて過ごしやすくなります。 ただ、昼間の暑さに疲れて帰ると、手間のかからない簡単なお料理しか作れない日々。 少しでも食卓を涼やかに演出したくなり、取り出すのは自然と染付の器が多くなります。 たまたまお休みの日に作った夏野菜の揚げびたしに入れた美しい緑と黄色のズッキーニを見てひとり、岩永先生を思い出しながら箸をすすめました。(先生は作陶の合間に畑で沢山のお野菜を作って...
  • 陶心しぶや黒田陶苑さんのプロフィール
カメラを片手にさん
  • サフランモドキに祈る
  • 前には上空には薄雲が覆い、大気が不安定で夕立がくるかも。宮古島を直撃した台風8号、MARIA(マリア)は中国大陸上陸したようだが、大きな災害にはならなかった。やはり減災に向けた取り組みが地元民の方々に染付いているからだろう。ところがこの豪雨災害に本土の民、そして為政者側にもまさかという思いが、まだまだ大丈夫という避難の遅れ、そして危機意識のなさからマニュアル通りの対策本部の立ち上げや政治スケジュール優...
  • カメラを片手にカメラを片手にさんのプロフィール
えりんぎさん
  • 7月11日朝食
  • 季更器窯 黄瀬戸織部角皿〜鳥ささみと紫蘇の梅肉和え大日窯 猪口〜なめこおろし余宮隆 茄子と紫蘇の浅漬文吉窯 角皿〜金平牛蒡清水なお子 〜沢庵阪東晃司 染付飯碗〜白米浄法寺塗 汁椀〜エリンギと豆腐と葱の味噌汁胡瓜の箸置檜の箸...
  • 毎日が夏休みえりんぎさんのプロフィール
えりんぎさん
  • 7月10日朝食〜夕食
  • 須藤拓也 染付長皿〜ハタハタの干物余宮隆 刷毛目小鉢〜小松菜と油揚げの煮浸し阪東晃司 編み目飯碗〜白米イム・サエム猪口〜茄子と紫蘇の浅漬根来塗汁椀〜豆腐とエリンギの味噌汁巻貝の箸置紫檀の箸お昼は藍屋のランチこれで5...
  • 毎日が夏休みえりんぎさんのプロフィール
時代屋のオヤジさん

染付を含むブログ村メンバー

  •  
ミケアさん
藤澤重夫の焼き物さん
Bunyoさん
伊藤岱玲の妻さん
フタマタイチゲさん