方法序説

方法序説についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [方法序説] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

方法序説を含むブログ記事

藤田うににんさん
  • 自分ってなんだろう?
  • これじゃあわからないだろうな。 この不思議な気持ちを言葉にしようと思うんだけど、思っている意味を伝えられないな。 いまここで考えている自分。 このわたしは、どうして私の中にいるんだろう。 デカルトの『方法序説』にある「我思う故に我あり」・・・みたいな高尚なことじゃなく、基本的に自分の存在自体はなにも疑っていないわけで、自分が自分の中にいることは疑いもなく感じているからこそ不思議に思えるわけで。 自分ってな...
  • うににんライトエッセイ藤田うににんさんのプロフィール
bookvinegarさん
  • AI vs. 教科書が読めない子どもたち
  • 力調査p.16750分第4章 最悪のシナリオp.25317分おわりにp.2833分この本に影響を与えている書籍(参考文献、引用等から)ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか [Amazonへ]方法序説 (岩波文庫) [Amazonへ]機械との競争 [Amazonへ]ユーザーのしおりメモ (0)トップページビジネス書要約・書評AI vs. 教科書が読めない子どもたち書評サマリー会社概要プライバシーポ...
  • ビジネス書の書評・要約まとめサイトbookvinegarbookvinegarさんのプロフィール
ヤッホーさん
  • 機動戦士ガンダム
  • を企画していた頃、最も考えていたのは「統治の根本とは何か」ということだった。 改めてマックス・ウェーバーやマキャベリを拾い読みしてみたが、歯がたたない。心に残ったのがデカルト(1596-1650)の「方法序説」(1637)だった。 実は1992年に1度、読んでいたのだが、その時はよく分からなかった。その後に刊行された新訳はだいぶこなれて読みやすくなったのではないか。今回、特に考えさせられたのは、デカルトが...
  • 山歩クラブヤッホーさんのプロフィール
ゆっきーさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

方法序説について