方法序説

方法序説についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [方法序説] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

方法序説を含むブログ記事

とねさん
  • [世界を変えた書物]展(上野の森美術館)
  • 和(1619年初版)』ウィキペディア 日本語版拡大: ケプラー『新天文学(1609年初版)』ウィキペディア 日本語版拡大: オイラー『無限解析入門(1748年初版)』 解説 日本語版拡大: デカルト『方法序説(1637年初版)』ウィキペディア 解説 日本語版書物はガラスケースに収められているし、ラテン語やギリシャ語は読めないから、書物を鑑賞しに行ったようなものだ。感動したというより、むしろ圧倒された。ひと...
  • とね日記とねさんのプロフィール
リーマンさん
  • 【思考実験】デカルトのわれ思う故に我ありについて考える
  • 能力自体を疑おうにも、その疑いを生む能力をやはり疑っていないのだ。自分の疑いを生む能力について精々言えるのは、役に立ちそうだとか役に立たなさそうだとかその程度のことのようだ。 省察 (ちくま学芸文庫)方法序説 (ちくま学芸文庫)...
  • 平均年収リーマンの財テクことはじめリーマンさんのプロフィール
思春期おじさんさん
  • 勉強の効率性と面白さはトレードオフなのか
  • 関数の形によって一次関数だったり二次関数だったり指数関数だったりするわけなのですが、そもそもこのグラフを描く直交座標はどのようにして生まれたでしょうか。一説には、ルネ・デカルトが1637年に発表した『方法序説』において平面上の座標の概念を確立したと言われています。(デカルト座標系 (Cartesian coordinate system) とも呼ぶ)逸話によると、ある日デカルトはベットの中で一匹のハエの飛...
  • 思春期おじさんが語り尽くす思春期おじさんさんのプロフィール
なかやまたかひろさん
  • シャーロック・ホームズのスクラップブック・・ジェームス・w・ヤング『アイデアのつくり方』
  • るぐらいのこの本を、さらに簡単に紹介してみたい。詳しくは本書を直接手にとって読んでいただきたい。基本的な考え方はとてもシンプルで、アイデアを出すにも、原理があり方法があるということである。デカルトの『方法序説』みたいである。それでは早速、その原理と方法を紹介しよう。アイデアをつくる原理は二つある。第一の原理は、アイデアは既存の要素の新しい組み合わせであるということだ。かけ合わせるということである。第二の原...
  • ららら断酒日記なかやまたかひろさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

方法序説について