二七日

二七日についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [二七日] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

二七日を含むブログ記事

chocoさん
  • 悲しくて、淋しくて、辛い出来事
  • ので…病気に対しても前向きで弱音を見せなかった父。最期は、家族みんなに囲まれて苦しむことなく穏やかに息を引き取りました。悲しくて、淋しくて体の中の水分が全て無くなるかと思うくらい泣いたけど涙は枯れず…二七日法要が終わった今日も何かと思い出しては、涙が出ます。父の遺影を見るたびに不思議な気持ちになったり。突如、号泣してしまったり。まだ受け止められないというかそんな心境です。大切な人を亡くすという事はこれ程...
  • chocoa*cafechocoさんのプロフィール
hideさん
  • 【お客様からのご相談】中陰参り、逮夜参り法要の省略について。
  • をしてもらう。 たい‐や【逮夜】 仏教で、葬儀の前夜。また、忌日の前夜。 出典:デジタル大辞泉 初七日法要はお葬式の日、お骨あげの法要と一緒に繰り上げて行うので お葬式を終えてからの逮夜参りは二七日(ふたなのか)から始まり 三七日、四七日、五七日、六七日と進み 49日目の七七日、満中陰法要として中陰期間が明ける。いわゆる忌明けである(満中陰法要が忌明け法要と言われる所以) ご相談の内容は...
  • 伊丹のおくりびとhideさんのプロフィール
都わすれさん
  • 友だちの「四十九日」をすっかり忘れていた・・
  • かのお会いしたのを最後に、入院しちゃって親族しか面会は出来ない・・携帯も持たないで行ったと、お兄さんに聞いて様子を聞き入ったのが、10月10日だった ところが9月27日にお亡くなりになって、その日は「二七日」と言うから帰りにお骨はご実家の菩提寺に預けてあると言うことでお線香をあげていて・・翌週も・・11月7日は「六七」日でお寺さんへは行っちゃいけないって聞いていて行かず、翌週が「四十九日」だったが8日に...
  • 都わすれの徒然なる儘に都わすれさんのプロフィール
ボイトレさん
西園寺マルコさん
  • 今日は、満中陰  平成30年11月24日
  • □・遺品整理・形見分け、遺産相続の手配。etc・・・・・・葬儀から四十九日まで、主な形式ごとの流れ仏式は七日ごとに法要を営む四十九日まで7日ごとに法要を営むのが本来の流れです。・初七日(しょなのか)・二七日(ふたなのか)・三七日(みなのか)・四七日(よなのか)・初月忌(しょがっき)・五七日(いつなのか)・六七日(むなのか)・七七日(なななのか)=(四十九日、満中陰、忌明け)今は昔、特別授業で阪大の先生が...
  • ≪電脳山 ブッダ寺内 りらくり庵≫西園寺マルコさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

二七日について