全身状態

全身状態についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [全身状態] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

全身状態を含むブログ記事

17年目の整形外科医さん
  • 規格外の超高齢者
  • 先日、大腿骨転子部骨折の患者さんの手術がありました。派手な折れかたの大腿骨転子部骨折で、around centuryの超高齢者です。受傷から2時間で受診なので、まだ全身状態は悪くありません。幸いなことに肺炎の併発もなさそうです。さて、どうするか???だいたい私は、高齢者の大腿骨転子部骨折では当日手術を心掛けています。このため、検査依頼と手術申し込みは同時進行が多いのです...
  • 整形外科医のブログ17年目の整形外科医さんのプロフィール
もねペットスタッフさん
  • 猫の下部尿路疾患(序章 排尿障害)
  • ュオ君はストラバイト尿石症を2歳の頃から患っていました。治療・予防として、発症から尿石予防の療法食を継続してずっと給餌して頂いてました。定期的に尿検査も受けて頂いていたのですが、今回ばかりはデュオ君の全身状態が良くありません。嘔吐、脱水の症状が認められます。血液検査を実施したところ、BUN132mg/dl(正常値の上限36.0mg/dl)CRE9.2mg/dl(正常値の上限2.1mg/dl)という急性の腎...
  • 小さくてもひとつのいのち〜もねペットクリニック〜もねペットスタッフさんのプロフィール
satoo!さん
  • #86 お腹の張り。内臓疲労?
  • ここ1〜2週間疲労の抜けが悪い。足の筋肉も固く、全身状態がなんだか良くない。朝練習の時に、なにも食べずに走っているのに、お腹が張っている事が気になってきた。もしかして内臓疲労?この三連休、キャンプや旅行で、内臓を酷使していた。キャンプの前にも、友人と飲みに...
  • 走って考える。satoo!さんのプロフィール
岡本光宏さん
  • 小児科における胸部レントゲンの価値を再考する。
  • とネルソン小児科学にもありますので、私は基本的に採血検査をしています(ただし迅速検査でRSウイルスやヒトメタニューモウイルスが検出された場合は採血検査を省略することもあります)そして気管支炎であれば、全身状態を勘案した上で、抗菌剤を使用せずに経過を見るようにしています。この私の治療方針は、この本に書いた通りです。ただ、気管支炎であれば(すなわちレントゲン検査に異常所見がなければ)、本当に抗菌薬を使わずに様...
  • 笑顔が好き。岡本光宏さんのプロフィール
meiemaioveさん
  • 9月26日
  • 私は、9月26日という日を生涯忘れることはない1年前の9月26日に、地元の病院から県の防災ヘリで大阪に転院してきた重症心不全の急性増悪入退院の繰り返し強心剤から離脱不能全身状態の悪化その頃の心とからだはボロボロでしんどくて苦しくて楽になりたいという一心で常に頭の中は死という言葉に支配されていた移動のヘリの中では仰向けになれないので背中を上げてもらいあえて、ヘッドホンは付けず...
  • 私とmeiとDCMmeiemaioveさんのプロフィール
2児の母さん
  • NICUの思い出
  • わけです。(ほんとに効果があるかどうかは分かりませんので、みなさん、うのみにしないでね) 当時、私ができることといえば、面会と母乳を届けることくらいでした。 お洋服も、まだ着せてもらえません。全身状態がすぐに見て確認できるように、との理由でした。 そんなわけで、息子にいいという話を聞けば、やるっきゃない!麻布を買って、ミシンでダーーーーッ! …すごく簡単な作業なんですが、その作業時間のぶ...
  • 障害児のゆうきと、妹と。2児の母さんのプロフィール
yo-chanさん
  • ICU(集中治療)のおける作業療法士の役割とは?
  • 状態が安定しており、外傷後の骨折などで抗重力負荷をかけられない場合を除けば、投薬による鎮静を解除し離床することが可能である安全管理という面に関しても、ICUでは各種モニター管理が行われているため、常に全身状態をチェックしながら離床を進められ、病状の変化にもすぐに対応が可能である。さらに、上肢エルゴメータなどを利用することにより、ベッド上であっても運動量を増やすことが可能です。早期離床と運動負荷を行うことに...
  • NEXT REHABILITATIONyo-chanさんのプロフィール
漢方1日1歩さん
  • 瘀血=血虚?
  • 診断をクリアカットに説明しようとするために実際の臨床に即していないのではないかと感じる時がある。子宮筋腫を例に考えてみると 子宮筋腫の局所を考えるとこれは瘀血になるしかし子宮筋腫によって引き起こされる全身状態は血虚になる 瘀血に駆瘀血剤を使用することは理論上は正しい。血虚に補血薬を使用することは理論上は正しい。ではこの子宮筋腫の患者にとっての治療の正解はとなると???となる。 駆瘀血することにより自ずから...
  • 漢方1日1歩漢方1日1歩さんのプロフィール
うめめさん
  • スーちゃん天国へ
  • 9月18日 12時40分頃スーちゃんが空に昇りました。最期は白血病という手ごわいガンと闘う事になってしまいました。上がった白血球は下がることはなくむしろ上昇をし骨髄検査まではしていませんが全身状態と血球検査結果から白血病であることが濃厚とされました。延命治療らしいことはしませんでした。貧血に対するステロイド吐いてしまうので吐き気止め念のための抗生剤内服では吐いてしまうので注射で入れていました。...
  • 2人と5頭プラスわんうめめさんのプロフィール
yo-chanさん
  • ICU(集中治療)における廃用症候群!リハビリ・運動のはどの程度がいいんだろ?
  • ,廃用症候群と類似する点も多い。 やはり、ICUなど超急性期における治療が行われている患者に廃用が早期に起こることが分かります。最低でも日常生活レベルを超えた活動が必要ということが分かりましたね。全身状態の管理・リスク管理が重要ですね。そして、リスク管理ぎりぎりのラインで攻めることが「廃用予防」の近道になると思います。 *下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができ...
  • NEXT REHABILITATIONyo-chanさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

全身状態について