全身状態

全身状態についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [全身状態] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

全身状態を含むブログ記事

えりりさん
  • 【外科看護師と内科看護師】自分はどっちに向いている?外科を辞めた私の体験談
  • きます。内科は急性期、慢性期どちらもあるのですが、ほとんどが慢性的な基礎疾患を持つ患者さんを治療していくので、長期に渡り入院する事が多いです。 内科看護師の仕事内容 ?バイタルサイン(日々のバイタルや全身状態をしっかり観察し、異常の早期発見に努める)?IN/OUTチェック?薬剤の投与(内服・点滴・注射・吸入…等)?処置(褥瘡や表皮剥離などの処置が多い)?医師の診察介助・処置介助(IVHなど行う場合がある)...
  • KIRA☆KIRAえりりさんのプロフィール
作業療法士・アロマセラピストsueさん
  • インフルエンザ予防接種 「受ける?受けない?」
  • るようになって2年目くらいだったでしょうかインフルエンザに罹りました。発症したのは休日だったのですがその前日は普通に仕事をして脳外科のICUやリカバリールームの患者さんのリハビリもしていました。もしも全身状態の安定しない術後の患者さんに感染したら… いま考えても恐ろしいことだと思います。とても極端な例を挙げましたが自分が罹患しないこと、だけでなく『自分が感染源とならないために』という発想は必要だと思いま...
  • OTPLUS*a |作業療法士・アロマセラピストのブログ|作業療法士・アロマセラピストsueさんのプロフィール
ドッグフードマスターさん
  • 犬の口が臭い!口臭の原因と予防効果のあるドッグフードをチェック!
  • ミレビューをチェックまとめ今回は犬の口臭の原因とおすすめドッグフードをご紹介しました。口臭は歯周病だけではなく、腸内環境の悪化や内臓疾患でも起こる可能性があります。まずは日ごろの歯磨きを欠かさず行い、全身状態が良ければドッグフードの見直しで改善する可能性があります。口臭には歯周病やアレルギーを伴う事もあるため、わんちゃんの体調に変化があった場合は速やかに動物病院を受診してくださいね。...
  • ドッグフードマスターのサイトはこちらドッグフードマスターさんのプロフィール
カミノミヤさん
  • 『魂を磨く氣の道場・ゆらぎ』について
  • していますので、日頃からのセルフケアが大切です。・ハンドトリートメント手をゆるめることで全身の緊張をゆるめて邪氣を浄化する氣功施術を練習。邪氣はまず手に溜まるとも言われていますので、手を浄化することで全身状態を整えていきます。・氣功による目標設定とデザイン参加者様同士で対話をしながら、これからの自分自身の目標、なりたい自分自身のデザインを行い、気功術によって、そのエネルギーを心身にインストールします。※今...
  • 木花咲耶姫様の御神示カミノミヤさんのプロフィール
ちーちゃんさん
  • 女性特有のことなので男性は通り過ぎた方が良いかと…
  • す!」とだけ、答えたのです。私 「先生、更年期障害って、老化現象ですか?」医 「えええ?老化って言って欲しいの?笑」私 「まぁ…ふふふ」医 「老化、っていうのはね、頭のてっぺんから足の先までの全身状態のことをいうんだよ。」私 「じゃあ、卵巣が老化したってことですか?」医 「そうじゃないよ。卵巣が疲れたんだよ。卵巣も、そんなに長くは働いていられないんだよ」私 「そうですよねぇ笑」私 「この症...
  • あの人に逢いたい、ただそれだけ・・・。ちーちゃんさんのプロフィール
ミドルベアさん
  • 麻酔科医について
  • なったように思いました。 麻酔科医は、他のどんな科に比べてどんな能力を要求するのかをネットで調べてみました。 ヤフーの知恵袋にありましたので、紹介します。  『麻酔をするとなると、受けられる患者さんの全身状態の評価、持病をお持ちならその状態など、手術前にさまざまなことを検討し、手術を受けられるかどうかは、麻酔科医師が決定します。 どんなに担当医が希望しても、麻酔科医がOKを出さなければできません。また手術...
  • 定年退職後の人生ミドルベアさんのプロフィール
local neurosurgeonさん
  • バランス感覚を欠いた専門医療は、高齢者にとって凶器になり得る。
  • 専門医の間で協議されることはまずない。専門医とは得てして、自分の専門領域にしか興味がないのかもしれない。今回紹介した方は、内科領域を消化器内科医が担当し、認知面低下を心療内科医が担当していた。心不全で全身状態が悪化して循環器医が担当することになり、心不全は改善したものの腎不全となり、認知面が更に低下した。専門医が3人関わった結果、心不全で入院する前よりも遙かに"生活の質"は低下してしまった。これは、「しょ...
  • 鹿児島認知症ブログlocal neurosurgeonさんのプロフィール
斜視の赤ちゃん子供のママさん
  • 斜視の手術の方法とは?〜間歇性外斜視の娘の場合も紹介〜
  • 斜視の治療法には様々な方法がありますが、大きく分けると手術かそれ以外かという2つに分かれます。??どの方法が適しているかは斜視の程度や両眼視機能・屈折や外眼筋の働き、また全身状態など個人個人によって異なります。?しかし赤ちゃんや子供の頃に斜視が発症した場合は放置していると両目で物を見る両眼視ができなくなることも多いです。両目視機能は6歳頃には完成すると言われているので早期治療...
  • 赤ちゃんや子供の斜視|5歳児の手術体験談斜視の赤ちゃん子供のママさんのプロフィール
光線治療院さん
  • 格闘技通じて感染する水虫菌:自宅に”光線”
  • ずありません。摘除しても免疫はできないので、再発することも多いです。摘除処置料で稼ぐにはいいかもしれません【小児科勤務医】 必ず自然治癒します。摘除の必要なし【皮膚科開業医】 別に見た目の問題だけで、全身状態に影響はなく、免疫ができればそのうちなくなるので。昔、子どもたちを皮膚科に連れて行き取っていましたが「意味がないなぁ」と思っていました【内分泌・血液科開業医】 あなたのお子さん”水いぼ”でお悩みでは...
  • ひなたぼっこ光線治療院さんのプロフィール
もねペットスタッフさん
  • 犬のマムシ咬傷(その2)
  • のですが、状態が改善しないため当院に転院されてきました。他院で蛇の咬傷であろうということで鎮痛剤の投薬を受けていたようですが、咬まれたと思しき箇所は皮膚が壊死・出血を起こしていました。また太郎君自身の全身状態も不良で、熱発、呼吸は速迫で辛そうです。左の前足の甲は皮膚が壊死・剥離して皮膚は吻開して膿が溜まっています。左の腋下には出血巣が認められます。傷口を確認するために左足を剃毛します。何ヶ所も咬傷が認めら...
  • 小さくてもひとつのいのち〜もねペットクリニック〜もねペットスタッフさんのプロフィール

全身状態を含むブログ村メンバー

  •  
wishさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

全身状態について