癸丑

癸丑についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [癸丑] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

癸丑を含むブログ記事

kazu2000さん
  • 【長曽我部盛親物見の松】と 【慶春五輪塔】(けいしゅんごりんとう)/ 八尾市
  • 塔】(けいしゅんごりんとう)昭和27年6月、大阪−八尾線道路改修の際、字樋上から出土したもの。この地は久宝寺寺内町の今口門のあったところです。材質は花崗岩で、五輪塔の高さ65cm、地輪正面には明応2年癸丑 慶春禅門 4月22日と刻まれており、その年号から推して正覚寺合戦の際の戦死者の墓ではないかといわれています。大阪(坂)夏の陣の際、激戦のあったところで、東軍は東口とこの今口両道から久宝寺へ攻め入りま...
  • kazu2000のブログkazu2000さんのプロフィール
小梅日記さん
  • 三月二十七日
  • !」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内で小梅日記主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く できれば旅日記も。三月二十七日2018-11-11 |嘉永六年 癸丑日記三月二十七日 くもる。廻状は29日は御通棺につき学校は休業とのこと。守屋章七から使いが来る。昨日泉州に行ったので持ち帰った蟹とメバルを三合持って来たのだ。小梅は礼状を書き、両人の髪を結う。鳥谷栄吉...
  • 小梅日記小梅日記さんのプロフィール
小梅日記さん
  • 三月二十六日
  • !」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内で小梅日記主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く できれば旅日記も。三月二十六日2018-11-10 |嘉永六年 癸丑日記三月二十六日 快晴。小梅は風邪を引いたが軽かったので寝なかった。真善が来た。その後、塩路、木村、秋月、高柳ら。千太郎は忙しいらしく来なかった。始故酒一つ出す。久下からの廻状を鉄助が持って来た。ジャ...
  • 小梅日記小梅日記さんのプロフィール
ひみこさん