粘膜

粘膜についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 喉のエイジング「マスク」効果を活用で潤うアラフィフ
  • [粘膜] ブログ村キーワード [粘膜] ブログ村キーワード 美エイジング®協会代表理事・桜井まどかです。 この冬はインフルエンザや風邪から身を守っていますか?私自身、いちど風邪にかかってしまうと長引いて、年々治りにくくなっている気がします。辛い時間にならないよう、こまめな予防策が大切ですよね。 女性医師・理系女子が「マスク」の効果をお伝えしています。美エイジング®協会アドバイザー ・南瑠璃さんのコラムをご・・・続きを読む
  • 美エイジング・40代50代女性の心とからだ健康美 美エイジング(R)協会理事・桜井まどかさん美エイジング(R)協会理事・桜井まどかさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

粘膜を含むブログ記事

ひろた歯科通信さん
  • 2018年6月20日(水)『高血圧ワクチンで脳梗塞リスク軽減!?』
  • い、従来よりも安価で抗体を作成できるようになりました。今後はさらに各分野で同じ技法を利用し、様々な抗体が作られると思います。 投与方法も様々で、注射もあれば、飴玉に封入して舐める。もしくは塗り薬として粘膜から吸収させるといったことも可能となります。 今後の研究に期待『大』です さて、大雨が続きそうです。関西地方も大雨との予報が出ていました。地震で地盤が緩み、少量の雨でも地滑り等が発生すると、警報がでて...
  • ひろた歯科通信ひろた歯科通信さんのプロフィール
くすり.netさん
  • ジルテック10mg(100錠)通販口コミ100件以上
  • ー症状全般に幅広く使用されています。ジルテック錠の主成分はセチリジン塩酸塩です。このセチリジンは、アレルギーの症状を引き起こす原因となるヒスタミン受容体の働きをブロックするので、放出されたヒスタミンと粘膜などに存在するヒスタミン受容体がくっつくことを妨げ、アレルギー症状を緩和してくれます。その他にもアレルギーの症状を引き起こす体内のロイコトリエンという化学物質も抑えてくれるので、花粉症をはじめとするア...
  • くすり.net.TOKYOくすり.netさんのプロフィール
ゆきさん
  • ミニトマトが美容にいい!?リコピンの効能は女性に必要なものばかり
  • βーカロテンβーカロテンもカロテノイドの一種です。βーカロテンは体内に入るとビタミンAに変換されます。 体内に不足したビタミンAがあると、そこから補われています。血液で全身に送られ、主に、皮膚や目の粘膜を健康な状態に保つ役割があります。余分なβーカロテンは肝臓に蓄えられたり、尿として排出されています。 ビタミンAにも抗酸化作用があります。食物繊維食物繊維は、食べ物に含まれている成分で、人の消化酵素で...
  • 気にな〜ることいっぱいゆきさんのプロフィール
くすり.netさん
  • フルナーゼ点鼻液通販口コミ100件以上
  • 鼻液でアレルギー性や血管運動性の鼻炎の治療薬です。 成分として、プロピオン酸フルチカゾンが含まれており、1噴霧で50μgの成分がスプレーされるようになっています。花粉症などのアレルギー性鼻炎では、鼻の粘膜に炎症性の細胞がたくさん集まってしまっており、これに花粉などのアレルギー物質がくっつくことで、過敏に炎症反応をおこしてしまっているのです。 その炎症反応が症状としてあらわれるのが、くしゃみ、鼻水、鼻づ...
  • くすり.net.TOKYOくすり.netさんのプロフィール
くすり.netさん
  • HGAスプレー通販口コミ100件以上
  • い。通常の、経口摂取とよばれる舌の上や口から飲み込む薬剤は、飲み込んで服用された後は、食道や胃、小腸などを通り、消化管から血液の中に吸収されます。一方で舌下に置いて飲み込まずに吸収させる薬剤は、舌下の粘膜を通して速やかに血液の中に吸収されます。このように、舌下からの吸収では胃や小腸の消化液と、薬剤が触れる事無く体内に薬剤を吸収する事ができます。これは薬剤の吸収の速度は異なりますが、注射や点滴などと同じ...
  • くすり.net.TOKYOくすり.netさんのプロフィール
GLAMOROUSさん
  • 6/20 アイメイクの注意点!
  • ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ グラマラスの前島です まつ毛エクステをしていても「アイメイクは欠かせない!」という方にアイメイクをする際、少しだけ気をつけて頂きたいことがあります ・粘膜部分にアイシャドウ、アイラインを入れる・まつ毛の根元からマスカラを塗る・まつ毛の毛穴を埋めるようにラインをひく まつ毛エクステが乱れてしまう・・・取れてしまうからと触れない、よく洗わないのは逆に取れる...
  • 草加 トータルビューティーサロン 〜グラマラス〜GLAMOROUSさんのプロフィール
あったか社長さん
  • 口腔(こうくう)ガン、口内炎、舌炎の予防に水素、日刊工業新聞
  • 腔(こうくう)ガンとは、口の中の出来るガンの事で、出来る場所により、種類が分かれます。種類に関係なく、水素がガン細胞抑制に有効だと言う事です。種類がんの発生場所舌がん(ぜつ)舌歯肉がん(しにく)歯茎頬粘膜がん(きょうねんまく)ほっぺたの粘膜口底がん(こうてい)舌と下あごの歯茎の間上顎洞がん(じょうがくどう)上あごの上にある空洞口蓋がん(こうがい)口の中の天井部分お薦め水素商品のご紹介↓http://w...
  • 水素革命・自身で健康体を作り社会貢献をあったか社長さんのプロフィール
たかはし美容室さん
  • 何年ぶりだろうか…
  • к!!美味しく食べてて見つけたものはコチラ⬇キャハ━━━━━━(#゚ロ゚#)━━━━━━ッへ〜自社ブランドあるんだ|電柱|ョД`*)モジモジ・・年齢40過ぎたあたりから食べたいが胃の粘膜が弱くなってる気がする(。-ˇ.ˇ-。)ん〜。そんな我々の胃に優しかった「幸楽苑」のラーメン美味しかったなぁ〜ソワソワ((*´ω`*))モジモジまた行くのも5、6年先かな…是非...
  • たかはし美容室のブログたかはし美容室さんのプロフィール
本のソムリエさん
  • 「事件現場清掃人が行く」高江洲 敦
  • いの原因は「菌の増殖」であり、 現場では感染症への対策に 万全を期しているとのこと。・現場では感染症が一番怖いので、 カートリッジ交換ができる防毒マスクと ゴーグル、ゴム手袋は必需品です 目、鼻、口の粘膜や傷口から感染源が 侵入してくるのです(p108)■以外だったのは、 孤独死の多くは50代の男性だという。 女性の場合は、 人との関わりが多いので 発見されやすい。 60歳以降は入院してしまう人が 多...
  • 本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評本のソムリエさんのプロフィール
ふーちゃんさん
  • 炭酸生活のススメ
  • 血管の内壁が刺激され、プロスタグランジンE2という血管拡張ホルモンが分泌されます。 血流がよくなると酸素や栄養が体のすみずみまで運ばれるので、組織の修復が進むというわけです。 炭酸水を飲むと、胃の粘膜の毛細血管が広がって、血流がよくなるので、食べ物の消化・吸収がスムーズになります。 またまた、胃の活動が刺激になって、大腸が動き始めるので、お通じも促されます。 ・・・と、炭酸水研究者の第一人者で...
  • ふーちゃんのブログふーちゃんさんのプロフィール

粘膜を含むトラコミュ

ハーブいけ花&アロマテラピー
  • ハーブいけ花&アロマテラピー
  •  私たち人間の暮らしに役立つ植物、それがハーブです。その多くが香りをもっており、芳香成分には沢山の薬効が含まれています。皮膚や鼻の粘膜からその成分を吸収し心身と...
  • トラックバック数:113 TB参加メンバー数:48人カテゴリー:花・園芸ブログ
うがい薬
  • うがい薬
  • うがい薬(含嗽薬)には大別して殺菌消毒用と鎮痛消炎用の2種類がある。殺菌消毒用の薬は風邪の予防や口内炎の治療などに使われる。主成分はポビドンヨード、塩化セチルピ...
  • トラックバック数:21 TB参加メンバー数:15人カテゴリー:健康ブログ
胃粘膜下腫瘍
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 「胃粘膜下腫瘍」についてならどんな記事でもお気軽にTBして下さい。この病名を告げられた人は、たいていは「1年に1回の胃カメラで経過観察で良い」と診断されますが、「...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:病気ブログ
窒息
  • 窒息
  • 窒息(ちっそく)とは、主に呼吸が阻害されることによって血液中のガス交換ができず血中酸素濃度が低下、二酸化炭素濃度が上昇し内臓や身体に重要な組織が機能障害を起こし...
  • トラックバック数:4 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:ニュースブログ

粘膜を含むブログ村メンバー

  •  
ニアさん
なみさん
凪心さん
職業 愛人さん
大腸がんのすべてがよくわかるさん

粘膜を含むアンケート&掲示板

  •