秋刀魚の味

秋刀魚の味についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [秋刀魚の味] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

秋刀魚の味を含むブログ記事

Antiquariumさん
ももじろう2号さん
  • 映画監督・小津安二郎の俳句
  • に俳句を嗜んでいるだろうと見当をつけていました。 映画タイトルが『早春』『晩春』『麦秋』『秋日和』など、「歳時記」の季語そのままという感じも理由でしょう。それ以外でも『彼岸花』『浮草』『お茶漬の味』『秋刀魚の味』など、いかにも俳句を嗜む人のセンスと感じるような映画タイトルだと思うのです。それでネットで検索すればやはり小津監督の作った俳句は、いろいろな人が取り上げている。どうしても紙媒体で読みたい“アナログ”...
  • シネマ de モンドももじろう2号さんのプロフィール
欅坂46最速さん
brick861さん
  • 秋刀魚の味
  • 負ける。戦艦は駆逐に勝つが、水雷に負ける。 ぼくは小さかったので、いつも駆逐をやらされた。駆逐(くちく)をキクチと間違えて憶えていた。 「艦長」で、古い映画も思い出した。小津安二郎監督の最後の映画、「秋刀魚の味」だ。 ストーリーはうろおぼえなのだが、ひとつのシーンだけよく憶えている。 昭和30年代、どこにでもあったトリスバーで笠智衆の主人公と加東大介が飲むシーンだ。 笠智衆は戦時中、駆逐艦の艦長だったという...
  • 夢見人のお絵描きコラムbrick861さんのプロフィール
kazunariさん
  • お茶漬の味
  • ったり・・と当時の庶民の娯楽生活が盛り込まれてるのが、小津監督の作品としては新鮮。夫婦とはいえ他人ですから、揉める事もある。だけど、サララと流せるようなお茶漬けの味わいが出てくるのが夫婦というもの。「秋刀魚の味」のような寂しさを感じさせつつ、最後はお互いの存在がいかに大きいかを実感させるクライマックスは絶品。夫婦ってこうやって分かり合えてくのですね。3.5/5点...
  • 映画との旅kazunariさんのプロフィール

秋刀魚の味を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

秋刀魚の味について