允恭天皇

允恭天皇についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [允恭天皇] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

允恭天皇を含むブログ記事

M・ITOさん
  • 原日本紀の復元029 倭の五王〈3〉天皇の系譜からみる済、興の正体
  • という結論に達しました。 次は、「興」さらに「済」にさかのぼって考えていきます。『日本書紀』から無事績年を除いた年表と遣使記録の対比表(図1)にしたがえば、おそらく460年〜462年に遣使を送った興は允恭天皇(いんぎょうてんのう)、443年に遣使を送った済は仁徳天皇(にんとくてんのう)ということになります。 それが成り立つのかどうかをみていきます。 ■図1 倭の五王と日本の天皇の比較年表(再掲)    *...
  • 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール
古代史が好きさん
  • 今までのまとめ
  • は応神天皇(13代の第6皇子・葛城襲津彦・倉吉市穴窪と湯梨浜町小鹿谷)。第16代は履中天皇(15代の第1皇子・讃・北栄町米里)。第17代は反正天皇(15代の第3皇子・珍・皇居は鳥取県中部)。第18代は允恭天皇(15代の第4皇子・済・皇居は鳥取県中部)。第19代は安康天皇(興・北栄町米里)。第20代は雄略天皇(武・倉吉市長谷寺)。第21代は清寧天皇(北栄町米里)。第22代は仁賢天皇(倉吉市大原)。第23代は...
  • 天孫降臨の地古代史が好きさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「評制」と半島の制度
  • ければならないこととなるでしょう。)先に見た「皇太神宮儀式帳」の「十郷分で屯倉を作り評督を置いた」という記事内容もそのような論理進行に合致するものと考えられます。また、以下の『三大実録』の記事からは「允恭天皇」の時代に「国造」が定められたと言うことが記されていますが、この「允恭天皇」は古賀氏により仏教伝来時点の「倭国王」ではなかったかと言うことが研究されており、その意味では「倭国王」の最初である「讃」に重...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「皇祖大兄」とは(三)
  • 題となると思われますが、それは議論された形跡がありません。 「中大兄」は幼名が「葛城皇子」でしたから、その類推から考えると「葛城部」という「部」になりそうですが、『書紀』や『古事記』では「葛城部」は「允恭天皇」の「皇后」と関連して語られており、別の起源を持つとされています。(仁徳紀)「仁徳七年秋八月己巳朔丁丑条」「爲大兄去來穗別皇子定壬生部。亦爲皇后定葛城部。」 (古事記下巻)「大雀命 坐難波之高津宮 治...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「皇祖大兄」とは(一)
  • ような職掌に「押坂彦人大兄」の名前が付けられるというのは、そのような職掌が「押坂彦人大兄」の主な業績(功業)につながっていることを示すものです。 ただし従来「押坂(忍坂)部」という「部」については、「允恭天皇」の皇后であった「忍坂大中姫命」と関連して考えられているようです。それは『書紀』には彼女について皇后即位に関連して「刑部」を定めたという記事があるためであり、これは検討の余地がありそうです。「(允恭)...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
ミトラさん
  • 日本のピラミッド都塚古墳を訪問 (奈良県明日香村)
  • 天武持統天皇陵、文武天皇陵を訪問文武天皇陵は小ぶりだが周囲と調和した景色が良い 考元天皇陵2017-12-22斉明天皇陵 牽牛子塚古墳を訪問これが本物の斉明天皇陵 本当の斉明天皇陵2017-10-29允恭天皇陵と斉明天皇陵と欽明天皇陵天皇陵を巡る8回目(10、11、12か所目)コメントを書くもっと読むミナミの商店街で外国人観光客を観光する»ブログ主 ミトラ古墳、歴史などについて書いていきます。...
  • ミトランブログ 古墳と日常ミトラさんのプロフィール
古代史が好きさん
  • 今までのまとめ
  • は応神天皇(13代の第6皇子・葛城襲津彦・倉吉市穴窪と湯梨浜町小鹿谷)。第16代は履中天皇(15代の第1皇子・讃・北栄町米里)。第17代は反正天皇(15代の第3皇子・珍・皇居は鳥取県中部)。第18代は允恭天皇(15代の第4皇子・済・皇居は鳥取県中部)。第19代は安康天皇(興・北栄町米里)。第20代は雄略天皇(武・倉吉市長谷寺)。第21代は清寧天皇(北栄町米里)。第22代は仁賢天皇(倉吉市大原)。第23代は...
  • 天孫降臨の地古代史が好きさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

允恭天皇について