裁判権

裁判権についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [裁判権] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

裁判権を含むブログ記事

俺のセブ島留学さん
  • 第1部 3章 日露戦争(4/4)日韓併合への道 欧米列強に並ぶ一等国へ
  • 島・エリス諸島などが、イギリスの保護領となる1893 (明治25)ハワイで革命勃発、アメリカ軍がホノルル上陸軍艦浪速がホノルル入港ハワイ共和国の成立宣言1894 (明治27)日英通商航海条約調印(領事裁判権の撤廃) - 以後各国との間に改正条約成る日清戦争勃発東学党の乱(甲午農民戦争)、大院君の政局復帰大院君派と閔妃派の対立が深まる 金玉均、上海で暗殺されるハワイのリリカラワニ女王が投獄される1895...
  • 俺のセブ島留学|フィリピン語学留学の秘訣俺のセブ島留学さんのプロフィール
でんぼさん
  • 日本の主権はこうして失われた
  • った今なお、立ち入りは実現していません。日米合同委員会は政府・自治体や国会・地方議員の基地内への立ち入り手続きを定めていますが、許認可権は米側が有しています。許可なしに立ち入れば、地位協定17条(刑事裁判権)に基づく刑事特別法に基づいて処罰されます。同法は、基地に対する抗議行動を萎縮させる効果をもたらしています。 ?●憲法の上に安保? 外務省は、米軍には国内法が適用されないとの立場です。一般国際法上、駐...
  • 着物リメイク 京でんぼさんのプロフィール
毎度楽々さん
  • ユリシーズ・グラント大統領の助言
  • 今朝も良い天気です。少し肌寒い戸外ですが、家の中はまだ温かいですね。さて、明治維新は、徳川幕府の負の遺産を継承しています。それは、治外法権です。解り易く言えば、欧米列強の外国人の犯罪は、日本に裁判権がなく、外国が行うというものです。何よりも関税自主権がなかったんですね。つまり輸入品に対する課税を日本は決定する権利がなかったんです。現在の米中の貿易戦争から見ると不思議です。どの国にも課税する権利が...
  • シニア世代からのメッセージ@毎度楽々毎度楽々さんのプロフィール
和歌山県広報リレーブログ編集長さん
マンション選び!さん
  • 羽田新ルート|衆院本会議 代表質問(玉木議員)
  • す。安倍政権のもとでは環境および軍属に関する2つの補足協定の策定が実現しました。国際約束の形式で得たこの成果は、日米地位協定の締結から半世紀を経て初めてのことであります。また、たとえば、日本側に第一次裁判権がある犯罪の被疑者たる米軍人、軍属の拘禁についても日米合意に基づき、実際に起訴前に日本側への移転が行われてきています。今後とも、このような目に見える取り組みを一つひとつ積み上げていくことにより、日米地...
  • マンション・チラシの定点観測マンション選び!さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

裁判権について