死亡リスク

死亡リスクについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [死亡リスク] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

死亡リスクを含むブログ記事

酵素生活〜アンチエイジングの秘訣〜さん
  • 第6弾 週刊新潮「食べてはいけない」冷凍食品リスト出た!
  • り組みともいえる。前回は「カップラーメン」についてご紹介しましたが、今回はその続きで、「食べてはいけない リン酸塩入『冷凍食品』」についてご紹介していきます。週刊新潮さん、ありがとう。リンの過剰摂取が死亡リスク増加に関与!?今から4年前の2014年、米国のジョンズ・ホプキンス大学の研究者らによって、これまでリンの過剰摂取への懸念というのは腎臓病の患者に限られたものとされていたのが、健常者においても、リンの過...
  • 酵素生活〜アンチエイジングの秘訣〜酵素生活〜アンチエイジングの秘訣〜さんのプロフィール
最新健康ニュースさん
  • 食生活が和食っぽい女性は死亡リスクが低い
  • 最新健康ニュース国内外の最新健康情報サイトの使い方最近の記事3行半ニュースカテゴリー別サイト内検索食生活が和食っぽい女性は死亡リスクが低い(2018年6月) "British Journal of Nutrition" に掲載された北海道大学などによる研究で、食生活が日本の伝統的な食事内容に近い女性は死亡リスクが低いという結果にな...
  • 最新健康ニュース最新健康ニュースさんのプロフィール
酵素生活〜アンチエイジングの秘訣〜さん
  • 週刊新潮「食べてはいけない」第6弾カップラーメン実名公表!
  • を超えてしまう。また、すべての商品は、1食で女性の1日当たりの摂取基準の3分の2超となる。リン酸塩…加齢などにより腎臓機能が衰えた人がリン酸塩をとりすぎると、リンの血中濃度が高まり、血管中に沈着して、死亡リスク、特に心筋梗塞などの心疾患のリスクを上昇させる。またリン酸塩の過剰摂取は、骨粗鬆症や老化・短命の原因になるとも指摘されている。(出典元:『週刊新潮』2,018年6月28日号)※リン酸塩が入っているもの...
  • 酵素生活〜アンチエイジングの秘訣〜酵素生活〜アンチエイジングの秘訣〜さんのプロフィール
最新健康ニュースさん
  • フラボノイド類にヒ素の排泄を促すデトックス効果?
  • リーブ油、ハーブ類などに含まれています。エリオジクチオール(フラバノンの1種)はレモンやローズ・ヒップなどの成分です。人気記事肌を老化させる物質「AGE」が溜まりやすい人の特徴ふくらはぎの太さでわかる死亡リスク人の見た目には、その人の名前が影響している?パン屋さんが1型糖尿病になりにくい驚きの理由とは?人の性格は一生のうちに別人のように変わるガンを予防するための4つの生活習慣ゴハンと死亡リスクの関係運動など...
  • 最新健康ニュース最新健康ニュースさんのプロフィール
freehandbookさん
  • 認知症リスクが高い睡眠時間は?〜ケアネットニュース〜
  • 自己申告による1日睡眠期間を、5群(5.0時間未満、5.0〜6.9時間、7.0〜7.9時間、8.0〜9.9時間、10.0時間以上)に分類し、1日睡眠期間と認知症および死亡リスクとの関連を判定した。睡眠時間5.0時間未満の認知症ハザード比:2.64、死亡ハザード比:2.29。睡眠時間10時間以上認知症ハザード比:2.23、死亡ハザード比:1.67。睡眠薬の使用が認知症や死亡リ...
  • 長谷部茂人 マイノリティレポートfreehandbookさんのプロフィール
ウーマンズラボさん
  • 「平成30年版 消費者白書」公表 消費者庁
  • るか?今日は「世界禁煙デー」 全国各自治体の取り組み今日は「世界禁煙デー」 全国各自治体の取り組み厚生労働省のブラック企業リスト【厚労省】2018年 ブラック企業リスト一覧を公表屋内での固体燃料使用が死亡リスクに関連 中研究報告屋内での固体燃料使用が死亡リスクに関連 中研究報告さらに55万人 2025年までに必要な介護人材の数さらに55万人 2025年までに必要な介護人材の数女性の「生き方・働き方」を考える...
  • ウーマンズラボウーマンズラボさんのプロフィール
ドクターさなぎさん
  • 「孤独は死を招く」 by リサ・バークマン(1979)
  • んは、社会的な孤立と死亡率の関係を調べました。カリフォルニア州アラメダ群の6928人の成人をサンプル(無作為抽出)として、9年間追跡調査したところ、社会的な接触が最も多い群に比べて、最も少ない群の人の死亡リスクは、・男性で2.3倍、女性で2.8倍でした。・虚血性心疾患、脳血管疾患、癌、呼吸器疾患、胃腸疾患などが多かった。これは、社会経済的状況、喫煙、アルコールの摂取、肥満、身体活動などとは無関係です(196...
  • さなぎ日記ドクターさなぎさんのプロフィール
painfreeさん
  • 「フードトラップ」について
  • 値は一日の総摂取カロリーの1%未満)などなどです。言わずもがな「トランス脂肪酸」は以下の悪影響があります。・悪玉コレステロールを増加させる・狭心症、心筋梗塞のリスクを高める・摂取量が2%増加するごとに死亡リスクが16%高まるなので、摂取しないことが望ましいのですが、残念ながら日本の食品にはいまだに使われています。この問題を考える上でのキーワードが「フードトラップ」だと思います。食品メーカーは砂糖や脂肪、塩な...
  • 「痛み」「疲労」のない「快適な人生」を送ろう!painfreeさんのプロフィール
ma9*153さん
  • 男性の骨粗鬆症
  • 男性では骨粗しょう症の罹患率と骨折発生率は、女性の約3分の1とされています。しかし、日本でも220万人以上の男性が骨粗しょう症を発症しており、治療を行わず重症化すると骨折のリスクが高まります。骨折後の死亡リスクの上昇や生活障害の度合いは男性の方が女性より深刻です。 男女とも骨粗しょう症が進行しやすい時期は更年期以降です。骨粗しょう症のリスクが高まる原因は、女性では50歳前後の閉経で、男性では男性ホルモンの低...
  • 射水市、松本医院 ・ 院長のブログma9*153さんのプロフィール
アキラさん
  • 「座り過ぎ」は心臓だけでなく脳にも悪影響
  • する前兆である可能性を指摘し、「座位時間をいかに短くするかが、アルツハイマー病やその他の認知症を予防する鍵となる可能性がある」と述べている。さらに、これまでの研究で座位時間が長いと心臓病や糖尿病、早期死亡リスクが高まることが報告されており、同氏らは「座りがちな生活を解消することはこれらの疾患の発症や死亡リスクの低減にも役立つだろう」と付け加えている。 なお、今回の研究では、座ること自体が脳組織の菲薄化の原因...
  • 幸せは手の中にアキラさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

死亡リスクについて