ドラギ総裁

ドラギ総裁についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ドラギ総裁] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ドラギ総裁を含むブログ記事

アイハネセイさん
  • 株とN225でガバット儲けよう。
  • り市場予想を下回りました。 にほんブログ村 12/14 おはようございます。ダウ高、ナス安COMは21650帰ってきました。米国市場は米中貿易交渉の進展を期待した買いが相場を支える一方で、ECBのドラギ総裁が理事会後の会見でユーロ圏の経済見通しについてリスクは下振れ方向に傾きつつあるとの見解を示すなか英国のEU離脱交渉の不透明感やフランスの政情不安などが意識され小幅に高安まちまちとなりました。ダウ平均は...
  • シロモモアイハネセイさんのプロフィール
XM-FXさん
  • FX 米FOMC、英EU離脱協定案の行方、年末年始相場への影響は?
  • ました。一方、来年のインフレ見通しを従来の1.7%から1.6%へ引き下げたほか、成長率見通しも今年を2.0%から1.9%へ、来年も1.8%から1.7%へそれぞれ下方修正しました。さらに理事会後の会見でドラギ総裁はリスクバランスは下振れ方向にあると発言するなど、先行きの景気見通しに慎重な見方を示しています。こうした慎重な見方に影響を及ぼしているのが米国の保護主義的な通商政策や英国のEU離脱問題を巡る不透明感で...
  • XM日本語無料口座開設XM-FXさんのプロフィール
外為オンラインさん
  • ユーロドル2週間ぶりに1.13を割り込む
  • ことから、今後も欧州通貨の動きには目配せが必要です。ECBは先週、計画通り今月で債券購入プログラムの終了を確認しました。この結果、焦点はいつ金利正常化へのスタートができるのかという点に移ってきました。ドラギ総裁は会見の席で、「少なくとも2019年夏の終わりまで据え置く」と表明しましたが、域内景気が思っていた以上に冷え込んでいる可能性が出てきたことで、2019年度内の利上げはないのではないかといった見方も出て...
  • 外為オンライン 外為経済アカデミー外為オンラインさんのプロフィール
MarketPulseさん
  • 今週のFX市場の見どころ(2018年12月17日〜12月21日)- OANDA(オアンダ)
  • 先週の通貨の強弱先週の為替相場では引き続き英国のEU離脱交渉への不透明感、そこから派生した英国の政局不安などにより、ポンドが軟調な推移となった。ユーロもECB理事会後のドラギ総裁の会見がハト派的に受け取られ、上値の重い推移となっている。一方で米中関係に明るい材料が出てきたこともあり、資源国通貨には買いが入り、豪ドルが底堅い推移となっているほか、対欧州通貨を中心に底堅い推移とな...
  • MarketPulse日本語版(マーケットパルス日本語版)MarketPulseさんのプロフィール
横浜ザルさん
  • 12月第3週 相場展望と予定
  • 時1.1270ドル近辺まで下落し、ユーロ円は 127円台に下落する場面も見られた。  この日発表のドイツやユーロ圏のPMIが予想を下回ったことからユーロ 圏経済への懸念が強まっている。きのう、ECBのドラギ総裁は理事会後 の会見で、先行きに慎重姿勢を滲ませていた。  総裁はきょう、EU首脳会談に参加しており、経済状態について前日同様「以前よりも成長が鈍化しており警戒感が増している」と述べていた様だ。「ECB...
  • 「横浜ザル」の株式投資独り言横浜ザルさんのプロフィール
COSMOSさん
  • FX トレードと凡事のお話 その320
  • 報道や、ブルームバーグの「独政府はドイツ銀行とコメルツ銀の合併による再建計画を強化。合併を加速させるため減税も視野に入れている」との報道も背景に1.13台後半へ反発しましたが、12日のECB理事会後のドラギ総裁の会見で「最近のデータは予想よりも弱い。インフレ目標水準への収れんはQE終了後も継続。大規模な金融緩和が持続的なインフレに引き続き必要。リスクバランスは下振れ方向に動きつつある。基調インフレは中期的に...
  • FXトレード勝利の羅針盤COSMOSさんのプロフィール
YOUさん
  • ウォルフ波動検証(2018/12/15)
  • 足元でアメリカの長期金利の低下傾向が続いています。要因として、世界的な経済鈍化懸念が挙げられますが、アメリカでは減税の効果が薄れ、経済成長が減速するとの懸念が高まっていることに加え先日は欧州中央銀行のドラギ総裁がユーロ圏の経済が想定より弱いと言及しました。米中貿易摩擦の行方についても不透明感が拭えません。このような状況下で、来週のFOMCで来年の利上げに慎重な見方が示されれば投資家の不安は幾分か和らぐと考え...
  • ウォルフハンターFX(ウォルフ波動検証ブログ)YOUさんのプロフィール
zoo3438さん
  • 2018/12/15 今週の結果〓
  • 量の米国産大豆購入が明らかになると米中貿易協議進展期待でリスク選好の円売りも目立った。欧州中央銀行(ECB)は予想通り政策金利を据え置きQE策の終了を確認したが、来年のインフレ見通しを引き下げたほか、ドラギ総裁がリスクバランスの下振れを指摘しハト派姿勢を示したためユーロ売りに拍車がかかった。ポンドは、欧州連合(EU)が離脱協定案を修正しないことを明らかにすると、合意なしの離脱への警戒感がさらに強まった。英国...
  • 60歳からはじめるFX投資で、老後を楽しく考えようzoo3438さんのプロフィール
トレードナビゲーターさん
  • 海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル
  • おはようございます。海外市況ですが NYゴールド本日発表された12月のユーロ圏製造業PMI(購買担当者景況指数)速報値が予想を下回ったことに加え、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、欧州連合(EU)首脳に対し、ユーロ圏の成長が従来見通しよりも鈍化しているとし、改革を進めるよう要請したと報じられドル高が進行。割高感から売り物が膨らみ水準を切り下げた。しかし、11月の中国小売売上...
  • トレードナビゲータートレードナビゲーターさんのプロフィール
XM-FXさん
  • XMFX−ECBによるQE終了宣言でユーロ安、ECBはより慎重な姿勢に
  • CB による量的緩和プログラム終了とリスクの下方修正で、ユーロ下落中国経済指標の脆弱な結果で、豪ドルとNZドル急落EUは離脱協定を再交渉しない姿勢;ポンド高は長く継続しない模様米11月小売売上高発表 ドラギ総裁の発言にハト派的に捉えられない努力が見られ、ユーロは若干下落 昨日、市場の大半の予想通り、ECBは量的緩和プログラムの終了を公表しました。最近の経済指標の脆弱な結果、及び原油安を受けて、市場の想定通り...
  • XM日本語無料口座開設XM-FXさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ドラギ総裁について